2017年 02月 23日

信濃國松川響岳太鼓

信濃國松川響岳太鼓(Facebook)
長野県大町市 おおまち雪まつり(2/11撮影)


信濃国松川響岳太鼓(しなののくにまつかわきょうがくだいこ)。

長野県北安曇郡松川村を拠点とする
創作和太鼓集団。

a0155104_22045456.jpg



結成は1986年。
今年でデビュー30周年を迎える。

a0155104_22044961.jpg



響岳太鼓を構成するのは
松川村の有志達。

a0155104_22044579.jpg



普段は別々の生業を持ちながら、
休日や夜間に寸暇を持ち寄って
太鼓の腕を鍛錬している。

a0155104_22044188.jpg



その技術は
アマチュアのレベルを明らかに凌駕している。

最近は各地のホールを借り切って
有料の単独ライブを開催するくらいなので、
もはやプロと呼んでも差し支えないだろう。

実際、彼らの演奏を聞いて
即座にファンになってしまう人も多い。

a0155104_22043506.jpg



彼らの演奏は
エネルギーに満ち、
激しい。

a0155104_22043167.jpg


「ドコドコ、ドンドコ・・・」
という、和太鼓にありがちな
演歌のリズムではない。

16分音符が入り乱れる旋律を連打しながら
打ち手同士が激しいバトルを繰り広げる。
BPMは100以上。

身体中の血液が沸騰するような曲を
幾つも持っている。

a0155104_22042914.jpg



打ち手のテンションも素晴らしい。

太鼓から離れている時は
物静かで穏やかな雰囲気を持つ彼らだが、
バチを握って構えた瞬間、
豹変する。

それはまるで、
太鼓の神に憑依されたかのようだ。

a0155104_22042418.jpg


だが、
常に激しいだけなのではない。

たおやかで
幽玄な響きもまた
彼らの得意とするところだ。

a0155104_22042007.jpg



静かで流れるような
篠笛の音色から突如一転、

うねるような
連打の嵐に巻き込まれる。

その緩急がまた
たまらない。

a0155104_22041601.jpg



太鼓が「上手い」というだけなら、
さほど珍しくはないのかもしれない。

しかし、彼らは上手いだけとは違う。

a0155104_22041287.jpg



彼らは
聴き手を酔わせるだけの何か
を持っている。

a0155104_22040940.jpg



それは
彼らを太鼓に駆り立てる
熱い魂ともいうべきものだ。

a0155104_22040555.jpg



そこから生まれる
奔流のようなグルーブ感が
聴き手の心を
激しく揺さぶるのだ。

a0155104_22040219.jpg



そういう彼らの演奏を聴こうと
遠くから足を運ぶ人も多い。

かく言う私も、その一人だ。

a0155104_22035749.jpg



私の大のお気に入り曲
『迅雷の響き』。

もちろんこれも
響岳太鼓のオリジナル曲だ。

彼らは打ち手としてもさることながら、
素晴らしいオリジナル曲を
何曲も持っているのがまた良い。

『迅雷の響き』は
篠笛のソロから静かに幕を開ける。

それは嵐を予感させるような
耳元で唸る風の音か。
a0155104_22035438.jpg



篠笛のソロの
最後の一息に重なるように

長胴太鼓と桶胴太鼓が
16ビートを刻み始める。

漆黒の叢雲から
大粒の雨が
次々と叩きつけるようだ。
a0155104_22035065.jpg



そこに
大太鼓の重低音が
轟き始める。

a0155104_22034600.jpg



雷だ。

a0155104_22034226.jpg


遠雷の響きから
どんどん激しさを増していく。

雷雲が
近づいてくる。

a0155104_22033970.jpg



激しい雷雨になる。

a0155104_22033421.jpg



大太鼓の雷鳴から一転、
桶胴太鼓がリードをとる。

高く弾けるような桶胴太鼓の
音の連なり。

稲妻が空を切り裂く。

a0155104_22033180.jpg



稲妻が煌めく空に
再び雷鳴が轟き始める。

a0155104_22032657.jpg



雷鳴と稲妻が
絶え間ない応酬を
繰り広げる。

a0155104_22032321.jpg



大太鼓の雷鳴
桶胴太鼓の稲妻
長胴太鼓の降り続く雨。

a0155104_22031690.jpg



大雷雨だ。

a0155104_22031220.jpg



曲の最後、
篠笛のツインリードが加わって
逆巻く風が吹き荒れる。

a0155104_22030826.jpg



打ち手の気勢とともに
曲が終了。

何度聴いても
素晴らしい曲だ。



『化身』もまた、
響岳太鼓の代表曲の一つだ。

a0155104_22030658.jpg



曲の中盤、
銅鑼の音とともに
三体の鬼が登場。

a0155104_22025637.jpg



髪を振り乱しながら
舞台上を駆け回る。

a0155104_22025235.jpg



付点音符を多用した
特徴的な旋律の中で
鬼が太鼓を乱れ打つ。

a0155104_22025092.jpg



何かに取り憑かれたように
太鼓を打ち続ける鬼。

a0155104_22024153.jpg



それは、
魂を燃やしながら
太鼓に向き合っている
響岳太鼓メンバーの姿
そのものでもある。

a0155104_22023926.jpg



太鼓の鬼が
魂を燃やす時
人の心は鷲掴みにされ
連れ去られる。

a0155104_22023512.jpg



もう、
響岳太鼓なしの世界に
戻ることはできない。

a0155104_22023157.jpg



ステージも終盤。

ラストは心躍る
狂楽太鼓(きょうがくだいこ)
で幕を閉じる。

a0155104_22022734.jpg



カーテンコール。

a0155104_22022458.jpg



氷点下の冷え込みの中
これほど多くの観客が集まった。

大きな拍手と声援が
メンバーに送られる。

a0155104_22021979.jpg



信濃国松川響岳太鼓。

長野の小さな村に
凄い太鼓叩きがいる。

彼らはもっと
世間に知られるべきだ。

知ってもらいたいと思う。

a0155104_22021552.jpg


ぜひ、彼らのステージに
足を運んでみて頂きたい。

その熱い太鼓の音色は
きっと、
あなたの心を揺さぶるに違いない。


動画『迅雷の響き』



動画『月の下で』



― 撮影機材 ―
EOS5D Mark III

EF300mm F2.8 L IS USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
EF24-70 F2.8L USM

(動画)iPhone6s



― 告知1 ―

「信濃国松川響岳太鼓30周年記念演奏会 心の響」のご案内
日時 平成29年4月2日 15時開演(14時開場)
会場 大町市大町文化会館大ホール
入場料 1,000円(前売り) 
1,500円(当日)
ゲスト 御諏訪太鼓保存会
プレイガイド
大町文化会館
松川村すずの音ホール
松川村パラオ
※チケットは各プレイガイド、またはメンバーまで。



― 告知2 ―

カナダのバンクーバーで
画家として活躍されている
こおみえゆき さんが
松川響岳太鼓さんがモデルの
アクリル画(60号)を制作されました。

以前に私が撮影した写真を
基にしてくださったとのことです。
a0155104_00334630.jpg


この作品は2017年、バンクーバー及び東京での個展、
カナダ芸術家協会の団体展覧会への出展を予定しているとのことです。

こおみえゆきさんのウェブサイトはこちらです。↓
Yuki Cormier










# by TamaWakaba | 2017-02-23 00:50 | EOS5D Mark III | Trackback | Comments(2)


  -  TOP  -