▼ 

樹海底幽暗

長野県南佐久郡佐久穂町 八千穂高原(白駒池)




仄暗い
樹海の底を
独り歩く。

このまま森に喰われて
樹にされてしまうのではないか。

そんな気がしてきて
恐ろしい。


a0155104_2225569.jpg





a0155104_2224751.jpg





a0155104_222369.jpg





a0155104_2222638.jpg





a0155104_22225.jpg





a0155104_221551.jpg





a0155104_2215158.jpg




a0155104_2214793.jpg





a0155104_2214325.jpg





a0155104_2214089.jpg





a0155104_221358.jpg





a0155104_2213171.jpg





a0155104_2212794.jpg





a0155104_2212244.jpg





a0155104_2211468.jpg





a0155104_2211018.jpg





a0155104_221757.jpg





a0155104_221487.jpg





a0155104_2211741.jpg




EOS5D Mark II
EF70-200 F2.8L II USM・・・1,5,12,15,17,18
EF16-35mm F2.8L II USM・・・2,9
EF35mm F1.4L USM・・・3,4,6,8,10,13
EF100mm F2.8L Macro IS USM・・・7,11,14,16,19

by TamaWakaba | 2010-07-12 22:28 | その他の草木花 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/10965395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mizuki_2004 at 2010-07-12 23:19
はあ、随分とオドロオドロしいところですな。
去年麦草峠から白駒池まではいきましたが、こんなに暗くはなかったです。
池の奥のほうなのかな。

しかし4本のLレンズを持って歩くのも大変でしょう。
Commented by yukai〜♪ at 2010-07-13 16:18 x
うはぁ〜この世界感〜たまりません!!!超好みでございます。
ある場所をこの様に撮りたくって、写真の勉強を始めた様なものなのです。
うぅぅぅ。この視点と技術がたまらなく欲しいです。・・・あっ、全部だぁ。ははは
Commented by ムジカ at 2010-07-13 20:02 x
樹に喰われそうになりながら太古の森に分け入って
樹々の墓場と産場を写して来られたのですね
お~~~怖ろしや~♪^^

開拓者の野心ではなく
在るがままの自然を目の当りにして畏怖驚嘆する
ひとりの人間の目線で写されているので
見ている方も深く深く感動させられるのです

いつも素晴らしい写真をありがとうございます!

それにしても美しい 闇と緑・・・
Commented at 2010-07-13 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アーさん at 2010-07-15 20:58 x
ひえ~~樹海は怖いよ~(イメージ先行)
Commented by lappy_man at 2010-07-15 23:03
確かに恐ろしさも伝わってくるのですが、
なぜだかそれ以上に、森の力強さ・優しさ・生命力を感じさせてくれる写真達
(すいません、勝手に解釈してます)

ん~、いい!!

でも、こんなところ、一人で行くのは気が引けますね (^^ゞ
Commented by TamaWakaba at 2010-07-16 00:47
みずきんさん
コメントありがとうございます。
>こんなに暗くは
状況的なものが大きかったと思います。
梅雨の雨と雨の合間を縫うようにして白駒池に行きました。
平日の午前でほとんど人はおらず、手の届くような高さに鉛色の雲が立ち込めていました。真昼間なのに、森の中は夕暮れ時のような暗さがありました。
池の奥では、雨が降りそうだし気味悪いしで、有名な苔むしスポットを1,2枚しか撮ることができませんでした。
>レンズ
実は、ほぼフル装備で行っています。
だから、4本じゃなくて8本です。
ロケハンしたことのない場所だったので、300ミリと500ミリを除いた全てのレンズを背負ってました。
気を抜くと、後ろにひっくり返りそうになります(^^;)
Commented by TamaWakaba at 2010-07-16 00:57
yukai~♪さん
ありがとうございます。
陳腐なたとえになってしまいますが、『もののけ姫』に出てきたシシ神の森そのものでした。
暗い森を暗く撮るって結構難しくて・・・というのも、カメラの露出計は暗いシーンはなるべく明るく撮ろうと不要な気を利かせるので、ただ撮っていると見てるのと違う、中途半端に明るい森に写っちゃうんです。
ですからもう、今回は【超マイナス補正】を掛けまくってます。
本当はマニュアル露出でじっくり測光しながら撮るのがいいんでしょうが、撮影テンポ最優先の私は度外れマイナス補正で乗り切りました。
なんとか気合で撮れちゃうところが、デジタルの強みですね(^^;)
Commented by TamaWakaba at 2010-07-16 01:04
ムジカさん
ありがとうございます。
>樹々の墓場と産場
まさに、これこそ私の探していた言葉です!
そうなんです。木の遺骸の上に、新しい木が芽生えて、そのまた上に・・・といった感じで、累々と植物たちの輪廻が積もっていました。
森といえば「静」の象徴ですが、この森は確かに蠢く「動」の世界でした。
生まれて初めて、私は植物の生命力に気圧されるという経験をしました。
「このままでは植物に負ける」と本気で思ったんです。
まだまだ、いろんな森に出会えそうです。
Commented by TamaWakaba at 2010-07-16 01:08
鍵コメさん
結構有名なところなんですよ~(私も今まで知らなかったですけど(^^;)
池に行ったのに、池の写真はほとんど撮っていません。
もう、この木々達に圧倒されてしまって、池はどうでもよくなってました。
いろんな森がありますが、撮りたくなる森はなかなかありません。
でも、この森はおすすめです。
まだまだ、撮れそうな気がしています。
お近くにお出かけの際は是非(´∇`)
Commented by TamaWakaba at 2010-07-16 01:13
アーさん
怖いですよ~。
今までに味わったことのない類いの怖さを感じました。
幽霊や物の怪といった、細分化されたものへの恐怖ではなく、
もっと根源的な、たとえば真暗闇に対して感じるような、身体の内側から沸き上がってくるような怖さです。
アーさんも天気の悪い日に、独りで行ってみるがよろし!
Commented by TamaWakaba at 2010-07-16 01:23
Lappyさん
ありがとうございます。
>森の力強さ・優しさ・生命力
それらを感じ取っていただけたとしたら、とても嬉しいです。
被写体としてもですが、森自体の力も本当に強かったです。
>1人で行くのは
確かに(^^;)
白駒池という周囲数キロの池の周りに木道が整備されているんですが、歩いても歩いても人とすれ違わない(笑)
池の周りと言っても、鬱蒼とした木に囲まれているので、自分が今どのへんを歩いているのか分からなり、さらに恐怖倍増デス。
もし複数人で行っていたら、こんなに怖い思いはしなくて済んだかもしれません。でも、こういう写真は撮れなかったかも・・・
それを考えると、難しいところです(^^;)
・・・いずれにせよ、私の本気撮影モードに付き合ってくれる奇特な方は多分いないと思いますので、とりあえず今日も私はひとりで出掛けます。
「写真屋ひとり」に改名しようか検討中です(うそです)。
Commented by マキ at 2010-07-17 23:43 x
これは・・・・アバターロケハン?
一人では、ぜっっっったいに入れないです。でも、あの鳥(ドラゴン?)が手に入るならやぶさかではない。
Commented by TamaWakaba at 2010-07-18 01:49
マキさん
まさに!(笑)
イクランやトルークは多分、ここではなくて八ヶ岳の中腹より上にいるはず。この森に出てくるとしたらプロレムリスとか、ヴァイパーウルフとかですね多分。
でも一番怖いのは、地球上の生物である熊です(^^;)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知)

最新の記事

岐阜基地航空祭2017【前編..
at 2017-12-12 12:22
長野えびす講煙火大会2017..
at 2017-12-08 01:59
善光寺参道霜月
at 2017-11-29 13:56
長野市「昌禅寺」紅葉
at 2017-11-20 18:14
イチョウの樹の下で
at 2017-11-17 15:50
上田城跡公園紅葉
at 2017-11-15 00:02
もみじ湖(箕輪ダム)紅葉
at 2017-11-13 13:54
長野市若穂「清水寺」紅葉
at 2017-11-10 23:06
秋光
at 2017-11-06 23:37
名もなきカエデ、雨の紅葉
at 2017-11-04 00:52

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(40)
(21)
(11)
(11)
(6)
(6)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

flat_whiteさん..
by TamaWakaba at 14:28

ブログトップ | ログイン