▼ 

EF180mm F3.5L マクロ USM 【レビューと作例】

EF180mm F3.5L マクロ USM
【レンズレビュー目次に戻る】


a0155104_11455763.jpg
EOS5D Mark II  1/160秒  f5  -4/3EV  ISO320  元記事



a0155104_1144718.jpg
EOS5D Mark II  1/640秒  f4  -1/3EV  ISO100  元記事



a0155104_15385330.jpg
EOS5D Mark II  1/160秒  f5.6  -1/3EV  ISO320  元記事




a0155104_2121250.jpg
EOS5D Mark II  1/500秒  f4  0EV  ISO1250  元記事



a0155104_13464551.jpg
EOS5D  1/800秒  f4.5  -1/3EV  ISO160  元記事



a0155104_22363472.jpg
EOS5D 1/1250  f4  -1/3EV  ISO200  元記事




簡単レビュー

【ここがイイ】
●  マクロレンズ特有の写りの良さはさすが。
●  100マクロIS出現以前には唯一のマクロL。
  
【ここがイマイチ】
●  手持ちがキツイ。開放F3.5は暗すぎ。IS無しではちょっと・・・。
●  望遠マクロだけあって、被写界深度が浅い。かといって絞るとSSを稼げずブレやすい、の悪循環。
●  「昆虫や小動物などを驚かせないよう離れた場所から撮影するなど、近寄ることが難しい被写体の撮影に適しています」が謳い文句だが、離れた場所から撮影せねばならない被写体に追従するにはAFが遅すぎる。
●  写りは良いが、「帯に短し襷に長し」な1本。マニア向き。


EF180mm F3.5L マクロ USM 諸元

レンズ構成 : 12群14枚
撮影距離範囲 : 0.48m~∞
最大撮影倍率 : 1倍
フィルター径 : 72mm
最大径×長さ : φ82.5×186.6mm
質量 : 1090g

《UDレンズ》 《インナーフォーカス》 《フルタイムマニュアル》

価格 : ¥226,000(ケース・フード付、税別)
現在の市場価格 : 【価格.com】
性能テスト : 【GANREF】

【レンズレビュー目次に戻る】

by TamaWakaba | 2008-01-31 00:02 | レンズレビューと作例 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/14217151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

夜の影 善光寺参道
at 2017-05-24 18:12
桜記2017【9】小布施町、..
at 2017-05-13 15:02
桜記2017【8】小布施町、..
at 2017-05-13 15:01
桜記2017【7】小布施町、..
at 2017-05-13 15:00
美人林新緑
at 2017-05-09 00:00
飯山市 千曲川河川敷の菜の花
at 2017-05-07 00:06
こやぎ 2017
at 2017-05-05 00:00
春の夕暮れ
at 2017-05-03 00:20
環水平アーク
at 2017-04-29 09:39
桜記2017【6】須坂市・相..
at 2017-04-26 13:39

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(38)
(17)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

sarutv さん あ..
by TamaWakaba at 15:52

ブログトップ | ログイン