▼ 

平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『DRAGON』 【5】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

5:40
『DORAGON』
完成。
a0155104_3233424.jpg

a0155104_3233080.jpg

a0155104_3232746.jpg

a0155104_3232550.jpg

a0155104_323231.jpg

a0155104_3232134.jpg


彼らの道具箱の中に、
デザイン画を見つけた。

いま目の前にそびえる氷のドラゴン
そのままの姿。

氷彫は恐ろしいまでの忠実さで
デザイン画を再現したものだった。
a0155104_3231769.jpg



完成の余韻に浸る間もなく、
撤収作業が始まる。

自分の手足とも言うべき工具を洗う、
その丁寧な扱いは健在である。
a0155104_323111.jpg


淡々と進められる撤収作業。
a0155104_323793.jpg


自分たちの作品の出来栄えを
ゆっくりと眺めることもない。
a0155104_323460.jpg


5:58
競技終了を待たずに、
会場を後にする平田親子。
a0155104_323213.jpg


6:00
競技終了。
a0155104_323045.jpg


会場に
大勢の観客が戻った。
a0155104_3225874.jpg


ライトアップされる作品群。
競技終了後のごく短時間だけ行われるイベントだ。
a0155104_3225631.jpg


極彩色に輝くドラゴン。
a0155104_3225434.jpg


まだ明けぬ空へと咆哮する。
a0155104_3225368.jpg


平田謙三・浩一 作
『DRAGON』

数々の難局を乗り越え
この世に生み出された氷の竜。

その体内に息づくのは
まぎれもなく
氷彫刻に賭ける親子の
熱い魂だ。

~完~

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】


・・・撮影機材・・・・・・・・・・・・・・・
EOS5D Mark II
EF300mm F2.8 L IS USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
手持ち

・・・後 記・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜通し12時間、真冬の屋外にカメラを持ったまま立ち続ける。
今回は、途中休憩も挟まずに撮った。
ただただひたすら撮り、空が白む頃には
意識は朦朧とし、腰は絶え間なく痛み、
足裏の感覚は消失した。
普段は楽々と振り回せるレンズも鉛のような重さを帯び、
歯を食いしばらねば、持ち上げることすらできなくなった。

とは言っても、
私は単に「撮っていただけ」にすぎない。
彼らは私と同じ時間をかけて
渾身の力で氷塊と格闘し続けていたのである。
私とは比べ物にならないほどの労力である。

徹夜の氷彫製作。
それがいかに過酷な作業か、どれほどの気力と体力を消耗するのか、
想像に難くない。

競技開始の合図から
作品が完成するまでの約12時間、
浩一さんは、片時も氷の側から離れなかった。
何かを口に入れたというのも見ていない。
つまり、
浩一さんはあの12時間、
全くの不眠不休、飲まず食わずで氷を彫っていたことになる。
恐ろしいまでの精神力だ。

徹夜の12時間を闘いぬいたのも束の間、
彼らは瞬く間に荷物をまとめて会場から去っていった。

彼らが会場を去る直前、
浩一さんが、他チームの製作者と立ち話をしているのを耳にした。

浩一さんは笑いながら言った。

「親父が、『どうしても9時までに仕事場に行って彫りたい』って言うんで帰ります」

なんと、
父の謙三さんは、これからさらに氷を彫ると言っているのだ。
謙三さんは帝国ホテル専属の氷彫刻職人で、
ホテル内に専用の工房を持っている。
その謙三さんがこの後、朝9時までに職場に出勤し、
こんどは仕事として再び氷を彫りたいというのである。
徹夜の氷彫製作を終えたばかりだというのに。

凡庸な言い回しだが、
「三度の飯より氷彫が好き」
なのだ。
まさに、天職なのだろう。

前回、平田親子が『龍』を彫り上げるさまはまるで、
龍の発掘を見るかのようだった。
氷に埋まっている龍の声に耳をそばだて、
氷塊から龍を掘り出したかに見えたのだ。

一方、今回の『DRAGON』は、それとは対照的に、
混沌の中に帰ろうとするドラゴンを
親子の駆使する数々の魔法で、
有無をいわさずこの世界に召喚した、
そんな印象を受けた。

東洋の『龍』と、西洋の『ドラゴン』。
その彫られ方にも、東洋文化と西洋文化が反映しているようで
興味深い。

今回のような、高温環境下での氷彫製作は困難を極める。
融点ギリギリの氷は、すぐに解けて形なき水に戻ろうとし、
丹精込めた細かな細工も、あっという間に鮮鋭さを失う。
造形いかんによっては、氷彫自体が崩壊してしまうおそれもある。
ゆえに、暖かい日の氷彫刻は、「大きく丸く彫る」というのが無難な選択なのである。

だから、このドラゴンを見て、余計に驚かずにはいられないのだ。

このドラゴンは、
それぞれが氷彫を生業とし、
氷の特性と制御を熟知した平田親子だからこそ、生まれ得たものだ。
彼らを支えるその比類なき手腕の根底には、
名門ホテルの氷彫刻職人として、日々高レベルの要求に応え続けるための
努力と研鑽があるに違いない。

「彫ろうと決めたものは彫る」

決して妥協しない、プロの氷彫刻職人の厳しさと誇りを
そこに見た気がした。

平田親子。
彼らはこれからどのような氷彫を作り上げていくのだろうか。
期待は高まるばかりである。



【謝辞】
一年前の写真を載せるべきかどうか迷いましたが・・・
明日開催の第27回フェスタの宣伝も兼ねてアップしました。
いつもながら冗長な記事で申し訳ありません。
-球 わかば-



関連記事
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『龍』・・・・・・・・・・・2011年 第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『DRAGON』・・・・・2012年 第26回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田浩一 肥田野雄紀 氷彫刻 『イルカ』・・・・・・2013年 第27回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』・・・・・・2014年 第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『2015年 飛翔』・・・・・・2015年 第29回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『飛翔 ~大空に羽たく鳳凰~』・・・・・・2016年 第30回 国宝松本城氷彫フェスティバル


by TamaWakaba | 2013-01-25 16:00 | 氷彫刻 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/17202182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ya_mura at 2013-01-26 08:19
初めまして
ちょこちょこお邪魔しておりましたが、初めてコメントさせていただきます。

氷彫を作る過程がよくわかるカットの数々ですね。
自分はさすがに12時間も撮影をするほどの強い意志は無く…完成直後を見て撮ったという感じでありましたが…制作者の熱い想いがこもった作品なんだということを改めて感じました。

別件ですが…リンクさせていただければと思います。
よろしくお願いします。
Commented by tamawakaba at 2013-01-27 21:20
ya_muraさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
今年もまた夜通し撮ってきました。
出来上がった氷彫刻も大変素晴らしいものですが、その製作課程がこれまたドラマチックなのです。
真夜中はお客さんがほぼ全て帰ってしまい、戦いを見届ける人はいなくなってしまいます。
そういう意味でも、記録する価値が有るかなと思っています。

リンクしていただきありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

緑のドライブ
at 2017-06-22 17:56
室山池のスイレン2017
at 2017-06-12 13:54
追跡、ニホンカモシカ
at 2017-05-30 21:49
夜の影 善光寺参道
at 2017-05-24 18:12
桜記2017【9】小布施町、..
at 2017-05-13 15:02
桜記2017【8】小布施町、..
at 2017-05-13 15:01
桜記2017【7】小布施町、..
at 2017-05-13 15:00
美人林新緑
at 2017-05-09 00:00
飯山市 千曲川河川敷の菜の花
at 2017-05-07 00:06
こやぎ 2017
at 2017-05-05 00:00

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(38)
(17)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

マキさん ありがとうご..
by TamaWakaba at 17:08

ブログトップ | ログイン