▼ 

蓮記 2013 【中島蓮池】~ハスとカエルたち~ 1

長野県北安曇郡池田町 中島蓮池

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】-【2】【3】【4】【5】



ハスを見たくて
どんなに各地を駆け回っていたとしても、
ここの蓮池を
放っておくことはできない。

ここのハスやカエルたちは
私に
写真を撮ることの楽しさを
教えてくれた、
私の写真の源流と呼べる場所のひとつ。

かつては水田一面に生い茂っていたハスも
今はもう、
南の隅っこに追いやられるようにして
なんとか生きながらえているにすぎない。

この蓮池と出会った頃の
深い森のようなハスはもう
眺めることはできないけれど、
それでもなお、
ハスは大輪の花を夏空に掲げ、
カエルたちは
緑の季節を謳歌する。

今年もそろそろ、
この夏の彼らの思い出を
綴らなくてはなるまい。






7月14日。

そしてまた
彼らの季節が始まった。

a0155104_20345381.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


年々勢いを増す下草によって
すでに池とは呼べないほどにまでなった蓮池。

ハスの多くは根詰まりを起こし
淘汰されていった。

しかしいまだ
下草の海の中で
健気に蕾をふくらませるハスもある。


a0155104_20345507.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


夏の初めの
まだ小さな蓮葉の上に
アマガエルが佇んでいた。

彼らも私と同じく
この蓮池が好きで、
周りの田んぼから集まってきた。


a0155104_20350041.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


逆境に負けず
精一杯の花を開く。

a0155104_20350249.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


いまだ蓮池の南端は
かつての栄華の
面影を残す。

深みを増すハスの樹林の
ところどころに
鮮やかな桃色がのぞき始める。

a0155104_20350547.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



気の早いハスが
すでに花托をふくらませていた。
今年の実りの
第1号となるだろう。

a0155104_20350776.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



真夏に向かって
アマガエルたちも
いきいきとした顔をしている。

a0155104_20350812.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



ハスの蕾の上をいく
アマガエル。

a0155104_20351057.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



今日も
快適な寝床を
見つけたようだ。

彼らは夜行性の生き物。

昼間はこうやって
静かな場所を見つけて
寝て過ごす。

a0155104_20351780.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


蓮葉の上で水は
生き物のようにうごめき、
鉱物のように透きとおった光を放つ。

a0155104_20351971.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



自然界で
水滴が
最も真球に近づく場所。

a0155104_20352096.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



朝露が密集した蓮葉の上には
時折、
こんな象形文字が
連なることがある。

a0155104_20352209.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



小さな身体で
葉っぱにスタンプを押しながら
朝の散歩を続けよう。

a0155104_20352489.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



意外と知られていないが
彼らは
クライマーだ。

水辺よりも
木登りが好きだ。

a0155104_20352640.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



垂直登攀の匠。

いつもは重そうな太鼓腹も
険しい斜面に取りつくための
大切なクライミングギアなのだ。

a0155104_20353198.jpg
EOS5D Mark III +


高みで一休み。

a0155104_20353334.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




a0155104_20353508.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




a0155104_20353744.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



小さな彼らには
この蓮池は
ジャングルよりも大きく深い。

いつだって大冒険だ。
a0155104_20354190.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


太陽が昇ると
ミツバチたちが
騒ぎ出す。

a0155104_20354378.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


甘い蓮の香に誘われ
次々とやって来る。

a0155104_20354528.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



彼らにとってもまた
幸せな季節が
始まっている。

a0155104_20354781.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


大収穫の予感に
彼らの羽音も高まる。

a0155104_20354946.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


蓮池は
真夏に向かっている。

~ 続く ~

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】-【2】【3】【4】【5】



 

by TamaWakaba | 2013-11-14 22:04 | ハスとアマガエル | Trackback
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/18945951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

ハスに水滴
at 2017-07-20 16:20
稲泉寺の守り猫
at 2017-07-13 22:34
5D4試し撮り その2
at 2017-07-10 23:41
5D4 試し撮り
at 2017-07-08 11:07
メシを撮ること13
at 2017-06-26 23:31
緑のドライブ
at 2017-06-22 17:56
室山池のスイレン2017
at 2017-06-12 13:54
追跡、ニホンカモシカ
at 2017-05-30 21:49
夜の影 善光寺参道
at 2017-05-24 18:12
桜記2017【9】小布施町、..
at 2017-05-13 15:02

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(38)
(19)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

マキさん ありがとうご..
by TamaWakaba at 13:06

ブログトップ | ログイン