▼ 

蓮記2016 【3】 稲泉寺の大賀ハス ~朝露煌めく~

【1】 【2】 【3】 【4】
長野県下高井郡木島平村 稲泉寺 (8/11撮影)
大賀ハス(Wikipedia)



朝。

大きな蓮葉の縁に

小さな水玉がいくつも光っている。

a0155104_15153935.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


葉っぱの縁の水玉は

ハスが余分な水分を

外に排出した名残だ。


a0155104_15153289.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_15152239.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_1515669.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_1515065.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_15145399.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15144752.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15143816.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15143326.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15142635.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


葉や花の表面に付いた水玉は

空から降りてきた夜露だ。


a0155104_1514206.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15141270.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15134524.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


花弁にも弱い撥水性はあるが、

ロータス効果のような水玉はできない。


a0155104_15134354.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15134179.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_15133676.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス


やがて朝日が雲間から覗くと

水玉の一粒一粒が

その内に太陽を宿して煌めく。


a0155104_15133342.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_15133090.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_1513277.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_15132544.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_15132066.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_15131563.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス




蓮池が夏の陽光に満たされるにつれ、

水玉は小さくなって

やがてどこかへ消えてしまう。


a0155104_15131338.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_15131023.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_1513759.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_1513571.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス





a0155104_151336.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス


蓮池の朝露。

それはなんとも儚い宝石なのだ。



a0155104_151307.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + スノークロス




【1】 【2】 【3】 【4】





00000010_1257561.png


この週末に、かなり前から撮影プランを練ってきたイベントがあったのですが、
突発的な案件に邪魔されて
オールキャンセルになってしまいました。
関係各位にも迷惑をかけてしまって
かなり凹んでいます。

写真は、
その瞬間にカメラを持って居合わせなければ成立しない
ものであることを、今更ながら痛感します。

失われた瞬間は、もう二度と戻ってきません。

そんなことを考えながら、
撮影に行けない週末を
陰々滅々とした気持ちで過ごしています。
by TamaWakaba | 2016-07-23 16:07 | ハスとアマガエル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/23029845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-20 00:10
1000mmで月いろいろ
at 2017-09-15 23:23
東尋坊の夕暮れ
at 2017-09-12 12:14
ハスに水滴 2 ― 蓮記20..
at 2017-09-06 09:47
酒の肴、アラカルト ― メシ..
at 2017-09-04 18:04
ハスにミツバチ ― 蓮記20..
at 2017-08-31 01:19
ハスにアマガエル ― 蓮記2..
at 2017-08-29 14:55
善光寺参道盛夏
at 2017-08-26 23:30
舞妃蓮(まいひれん) ― 蓮..
at 2017-08-25 00:18
冷たい麺と肉で夏を乗り切ろう..
at 2017-08-23 01:32

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(40)
(21)
(8)
(7)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

kobatetuapri..
by TamaWakaba at 16:04

ブログトップ | ログイン