▼ 

小松基地航空祭2016【ブルーインパルス】


【F-15機動展示】【救難展示】【ブルーインパルス】【飛行教導群/アグレッサー】

石川県小松市 航空自衛隊小松基地 小松基地航空祭


航空祭当日は朝から厚い雲が垂れ込め、

小雨が降ったり止んだりを繰り返す。

a0155104_01331027.jpg



午後になってもその状況に変化はない。

ブルーインパルスは飛ばないかも、と誰しも思い始めていた。

a0155104_01330758.jpg


しかし、なんとブルーインパルスがエンジンスタート。

この天候にも関わらず、飛ぶらしい。

会場が色めきだつ。

離陸に向け、活発な無線交信が行われる中、
ブルーコントロール(ブルーインパルスの地上管制局)から
「東北東方向に雨雲のレーダー反応があるので、5番機を先に上げるように」
という旨の指示が入る。

通常、ブルーインパルスは
1から4番機が先に編隊離陸した後、5,6番機がペアで離陸する。

5番機が先に離陸するのは、
「ウェザーチェック」を行うということだ。

ブルーインパルスは密集した編隊を組む時、
隣り合う機体との翼端間隔は約1メートルほどにも狭まる。

その時、きわめてタイトなポジションの保持を、
パイロットは目測で行っている。

それは、わずかでも操縦を誤っただけで空中衝突を免れない状況である。
ただでさえ精密な機体操作が要求される場面で、
もし編隊が雲中に突入してしまえば、
パイロットは完全に視界を遮られ、
間隔の保持はおろか、自機の位置すらわからなくなってしまう。
その上、複数の機体が密集している状況だから、
即座に衝突防止のブレイク(編隊の散開)をするということもできない。

ゆえに、ブルーインパルスにとって何より大事なのは、
自他ともに「見えていること」であり、
展示飛行を実施するにあたっては
「視界を阻む雲の有無」になにより神経を尖らせるのだ。

そして、5番機が単独で離陸。

a0155104_01330316.jpg


飛び立った5番機は、基地上空と周辺空域を周回し
シーリング(≒雲底高度)をチェックする。

結果、基地上空の雲は切れているものの、
周辺空域は地上高1800~3000ft(フィート、約550~915メートル)
の雲に取り囲まれている、と5番機からレポートが入る。

ブルーインパルスの飛行展示では
気象状況や視程によって、
演じられる課目が決まっており、
それらは「区分」というセットにされている。

例えば、「バーティカル・クライム・ロール」や
「バーティカル・キューバン・エイト」など、
垂直系の課目が含まれる「第1区分」は
「シーリングが地上高1,0000ft(約3000m)以上」が実施の条件である。

続く「第2区分」ではシーリングが7000ft(約2100m)以上、
「第3区分」では5000ft(約1500m)以上、
「第4区分」では3000ft(約900m)以上
であり、区分が下がるにしたがって、高度変化が伴ったり、
機体をロールさせるような演目がカットされていく。

そしてこの時、隊長機である1番機からコールされたのは
「第5区分」。

辛うじて視程5km、シーリング1500ft(450m)が確保できた場合に実施する
「航過飛行(編隊での上空通過)」だ。

ウェザーチェックの結果、やっぱり中止で即着陸
ということも十分ありうる天候なので、
派手な機動はないにせよ、飛んでくれるだけでもありがたい。

1~4番機がフォーメーションテイクオフ。

6番機がそれに続く。

a0155104_01330007.jpg


離陸した編隊に、ウェザーチェックを終えた5番機が合流。

a0155104_01325790.jpg


基地を北から大きく回り込みながら
隊形変換。

a0155104_01325530.jpg


「デルタ・ダーティー・ローパス」
デルタは三角形、ダーティー(dirty)はランディングギアを出した状態のこと。
a0155104_01325221.jpg


「リーダーズ・ベネフィット・ローパス」
1番機を先頭に、2~6番機がアブレスト隊形で続く。
a0155104_01324782.jpg


「ポイント・スター・ローパス」
a0155104_01324577.jpg


4番機を芯にした五角形の編隊。
a0155104_01324208.jpg


演目をこなしながらも、
依然として雨雲の動きは悩みの種になっているようだ。

このまま続けるか止めるかで無線の通話が二転三転している。

しかし、なんとか続行が決定したようだ。


「スワン・ローパス」
a0155104_01323987.jpg


「グランドクロス・ローパス」

a0155104_01322809.jpg


新課目「フェニックス・ローパス」

東日本大震災からの復興に願いを込めた新技。
6機のブルーが不死鳥となって空を舞う。
a0155104_01322552.jpg


相変わらず雲行きは怪しく、
航過飛行も終了かと思ったその時、
無線から願ってもない声が聞こえた。
「以降4区分!」

アクロバット課目が実施されるということだ。

6番機によるスローロールに続いて、
5,6番機による「コークスクリュー」
a0155104_22220280.jpg



背面になった5番機の周りを
6番機がバレルロールで追従する。
a0155104_01322307.jpg


この日、6番機の操縦桿を握っている
橋本健二一尉はこの小松基地航空祭が
ブルーインパルスでのラストフライトとなる。

演技からその気合が伝わってくる。
a0155104_01321669.jpg



喝采の中、飛行展示は終了。

航空祭終了間近、
ブルーの機列の前にメンバーの姿があった。
a0155104_01321378.jpg



橋本一尉はこの小松基地航空祭が
ブルーインパルス6番機パイロットとしての
ラストフライトとなる。
a0155104_01321097.jpg


ブルーインパルスのパイロットは、
元々はF-15やF-2といった戦闘機で飛んできた人達だ。
橋本一尉も、今シーズン限りで青いT-4を降り、
元の戦闘機乗りに戻っていく。

ブルーインパルスの任期は3年間。
パイロットとして飛ぶ月日の中にあって
ほんの一瞬と言っていいほどの時間なのかもしれない。
a0155104_01320819.jpg


だがその「一瞬」は、
人々の胸に、今も熱く刻まれている。

あの日、青い空に描かれた、
純白の航跡が忘れられることはない。

a0155104_01320559.jpg


ありがとう!

そして、お疲れさまでした!




【F-15機動展示】【救難展示】【ブルーインパルス】【飛行教導群/アグレッサー】







アップが遅くなって申し訳ありません。
最後に「飛行教導群」が残ってるんですが、
本腰入れて書いてますので、もうちょっとかかりそうです。
どうしても思い入れのあるSQですので・・・
by TamaWakaba | 2016-10-30 17:23 | 飛行機(軍用機) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/23326636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知)

最新の記事

岐阜基地航空祭2017【前編..
at 2017-12-12 12:22
長野えびす講煙火大会2017..
at 2017-12-08 01:59
善光寺参道霜月
at 2017-11-29 13:56
長野市「昌禅寺」紅葉
at 2017-11-20 18:14
イチョウの樹の下で
at 2017-11-17 15:50
上田城跡公園紅葉
at 2017-11-15 00:02
もみじ湖(箕輪ダム)紅葉
at 2017-11-13 13:54
長野市若穂「清水寺」紅葉
at 2017-11-10 23:06
秋光
at 2017-11-06 23:37
名もなきカエデ、雨の紅葉
at 2017-11-04 00:52

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(40)
(21)
(11)
(11)
(6)
(6)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

flat_whiteさん..
by TamaWakaba at 14:28

ブログトップ | ログイン