2017年 01月 05日

喰い正月2017   ※(写真部門)

実家と自宅



お正月料理は
鮮やかで
眼にも楽しいのだ。







伊達巻&蒲鉾。
伝統の練り物デュオ。
子供の頃、伊達巻のあの甘さが大の苦手だったのだが
いつしか大好物になってしまった。
齢をとるのも悪いことばかりではない。
a0155104_01131317.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE




蓮根餅の揚げ出し。
ハスは不思議だ。
根は食べて美味しく、花は見て美しい。
なんとも徳のある植物だ。
新年早々、蓮の根を味わう幸せなのである。
a0155104_01130946.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





カズノコ&酢ダコ。
幼少の頃、なぜかカズノコに異常に固執した時期があった。
正月というと、カズノコが楽しみで仕方なかった。
隙あらばカズノコを頬張って、プチプチを満喫していたのが懐かしい。
当時ほどのカズノコ愛はないけれど、いまでも相当好きだ。

小一時間前に食べたカズノコのひと粒が
口の中で時間差をもって弾けるプチンという感触が、
あの日の郷愁を誘う。

酢ダコは酸っぱい。
もう少しマイルドでも良いのではないか、と常々思う。
a0155104_01130566.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





イクラ。
「イクラ」がロシア語で「魚卵」という意味だと知ったときはショックであった。
ロシアでは、鮭の卵も、タラコも、あのカズノコでさえも
全て「イクラ」なのである。

秋の獲れたてプチプチイクラもいいが、
塩蔵のまったりとしたイクラもまた美味い。
a0155104_01130057.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





黒豆。
かのメンデル先生は、
エンドウ豆の「しわ緑」「しわ黄」「丸緑」「丸黄」という4つの形質をもとに
遺伝法則の仕組みを解明してみせた。

正月料理の黒豆をその観点から俯瞰するに
世間的には圧倒的に「しわ黒」が優性遺伝している。

これは家庭料理としてはレアな「丸黒」の遺伝子が発現したケースである。
a0155104_01125625.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





煮物。
若い頃は、煮物の存在価値というものがよくわからなかったが、
年を経るごとに、その訴求力が増してくるのを感じている。
作る人ごとに、はっきりと味が変わるのが煮物。
美味しい煮物に感銘を受け懸命に模倣するも、その味には決して到達できない。
煮物には、そういう奥深さがある。
a0155104_01124823.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





朝からお屠蘇気分なのである。
お正月だもの。
a0155104_01124519.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





蓮根餅の揚げ出しがお雑煮の代わりだと思っていたら
最後に本物が出てきた。
お正月だもの。
a0155104_01124295.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





帰り際、父が手作りベーコンを持たせてくれた。

数年前から自家燻製に凝っている父の自信作である。

数年前に初めて作ったベーコンも美味かったが、
今回は見た目からして、かなりグレードアップしている。

ピックル液の調合や浸漬、塩抜きをかなり工夫したらしい。

ヒッコリーとクルミのチップで燻煙してあるとのことで、
袋を開けた瞬間、たまらない燻製香が漂う。
a0155104_01123546.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





ベーコンとは
こんなに美しいものだったのか、と思う。
a0155104_01122381.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





ベーコンとは
あくまでも燻製「肉」なのだ。
近似的品質を目指した市販品を見慣れると、
そういう基本的なことさえ忘れてしまいそうだ。
a0155104_01122020.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





まずはシンプルに、
フライパンで焼いてみる。
油は要らない。
脂身から出るラードで揚げ焼きする。
仕上げに粗挽き胡椒。
a0155104_01121603.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





熟成した赤身の旨味と
脂身の甘さ、
それを燻製香が包み込む。
やや強めの塩気と相まって
もう、いくらでも酒が飲めることこの上ない。
a0155104_01121392.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





ベーコン主役の料理の後には
脇役としての力も試してみたくなる。
で、ペペロンチーノを作ってみた。

ベーコンは脂身から出る油でカリカリに炒めて
そこにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を投入。

にんにくに火が通ったところで
パスタの茹で汁を加えて、
ベーコンから旨味を抽出。

そこに固めに茹で上げたパスタを加えて
さらに炒め煮。
ベーコンからの塩気で丁度いい味加減になる。

アルデンテになったら完成。
a0155104_01121034.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





まさに別次元の味。
ベーコンだけでこんなに変わるとは。
a0155104_01120772.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE







なんて、「おせちに飽きたら」的な料理を作っていると
やっぱり正月料理が恋しくなってきたりする。

で、我が家のお雑煮を作る。

至極シンプルに、
出汁で味わうお雑煮が好きだ。

今日は「茅乃舎だし」をベースに、薄口醤油、塩少々。
そこに小松菜、粟麩、人参、椎茸。
餅はちょっと焦げ目がついたくらいが香ばしくていい。
最後に柚子皮を添える。
a0155104_01120488.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





結構なお味でございました。
a0155104_01120006.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





完全なる「喰い正月」を過ごしてしまった。
・・・反省(したフリ)。






★ 第一回プラチナブロガーコンテスト ★


by TamaWakaba | 2017-01-05 08:10 | EOS5D Mark III | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/23524132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 冬の大波濤  ※(写真部門)   -  TOP  -   三が日の夕月  ※(写真部門) >>