▼ 

平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『Crystal Fairy』 【4】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】



制作開始から3時間が経過。
a0155104_21302722.jpg




気温は約マイナス1度。

一応は氷点下だが
順調に下がっていくということもない。

夜になっても
肌に感じるくらいの風が
吹いているせいなのだろう。

地表に溜まるはずの冷気が
風に流されてしまうのだ。
a0155104_21314985.jpg



他のチームも
作品の大きさが予想できるくらいにまで
作業が進んでいる。
a0155104_21405498.jpg



21:00。

平田さんは、
スライスした氷板の加工に入った。
a0155104_21364573.jpg



加瀬さんも、
別のパーツを彫り始めている。
a0155104_21392828.jpg





平ノミで余分な氷を削ぎ落とす。
a0155104_00175590.jpg




グラインダーで
平らだった面に
高低のグラデーションをつけていく。
a0155104_00202636.jpg




挽き廻しノコでこすって
表面やエッジを整える。

氷彫刻においてノコギリは
氷を切るだけではなく
表面処理の重要なツールでもある。
a0155104_00264353.jpg




仕上がりを確認する。
a0155104_00334805.jpg




次に、
表面加工用の特殊なビットを取り付けたドリルで
氷に無数の球体を刻みつけていく。
a0155104_00433595.jpg




ドリルで行うとはいえ、
気の遠くなるような作業だ。
a0155104_00453515.jpg




21:43。
1枚めの氷板への加工が完了。
a0155104_00482522.jpg





加瀬さんは
氷板の加工を進めながら
氷の切り出しや
平田さんの作業の下準備を
黙々と続けている。
a0155104_00583043.jpg




図面を確認しながら
氷のサイズを入念にチェックする。
a0155104_00593584.jpg




集中して自分の作業を進めつつも、
時折、平田さんの作業に
さっと注意を向けているのが分かる。

実際に話してみて感じたことだが、
加瀬さんは実に「気配りの人」である。

氷彫制作の作業中でもそれは発揮され、
タッグの以心伝心を支えている。
a0155104_01000602.jpg




制作開始から4時間が経過。
氷屑を収集する軽トラが動き出した。
a0155104_01171684.jpg





― 【5】に続く ―

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】

by TamaWakaba | 2017-03-09 02:06 | 氷彫刻
 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

雨垂れ
at 2017-10-23 10:01
奥裾花自然園紅葉
at 2017-10-20 00:21
万座道路紅葉
at 2017-10-14 22:51
中秋の名月と善光寺参道
at 2017-10-12 00:36
中秋の名月と善光寺
at 2017-10-06 20:54
弁天岩からの夕陽
at 2017-09-29 21:06
墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-27 13:37
天の川、台風の後。
at 2017-09-25 17:56
墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-20 00:10
1000mmで月いろいろ
at 2017-09-15 23:23

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(40)
(21)
(10)
(9)
(6)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

こんにちは。 懐かしい..
by none33 at 13:58

ブログトップ | ログイン