▼ 

平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『Crystal Fairy』 【7】

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】


1:00

加瀬さんが下削りした氷塊を
平田さんがさらに削っていく。
a0155104_21370545.jpg




それを本体に接合。
a0155104_21391730.jpg



像の左足だ。
a0155104_21400293.jpg



1:08

すぐに、もう一つの氷塊の加工が始まる。
a0155104_21414871.jpg



紛れもなく
右足だ。
a0155104_21430243.jpg



本体に接合。
a0155104_21450226.jpg



1:12

工程開始から10分余り。
12時間の制作時間に比べれば
瞬間ともいうべき短時間に、
氷彫刻は劇的な変化を遂げる。

氷彫刻は植物のように
ゆっくり育つこともあれば、
このように
爆発的に成長することもあるのだ。
a0155104_21454374.jpg



1:15

制作も折り返し地点を過ぎ、
各チームもそれぞれ
具体的な造形が見えてきている。
a0155104_21520851.jpg




平田さんは
先程接合した両足の曲面を出す作業に入った。
a0155104_22342638.jpg



図面も見ず
流れるように
ドリルを氷に這わせていく。
a0155104_22355473.jpg



ものの5分もしないうちに
ゴツゴツとした氷の塊が
脚線美を宿している。
a0155104_22371075.jpg




制作開始からもうすぐ
8時間が経過しようとしているが、
この間、平田さんも加瀬さんも
休憩を取ることなく
手を動かし続けている。

恐るべき集中力だと思う。
a0155104_22504156.jpg




再び、加瀬さんが
別の氷塊を切り出し。
a0155104_22572689.jpg



平ノミで大まかな形を作る。
a0155104_22593577.jpg



平田さんがそれをさらに削る。
a0155104_23014642.jpg



1:56

それを左腕として
本体に接合。
a0155104_23032678.jpg




チェーンソーで余分なところをカット。

平田さんは、氷が込み入った場所でも
速さと効率を優先して、
こうやってチェーンソーを用いることがある。

もちろん、チェーンソーの刃先を
正確に操れてこその方法だ。
a0155104_23284805.jpg



時計は間もなく
午前2時。

制作も佳境を迎える。


― 【8】に続く ―

【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】


by TamaWakaba | 2017-03-09 02:03 | 氷彫刻
 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

桜記2017【4】須坂市村山..
at 2017-04-22 01:14
桜記2017【3】臥竜公園の..
at 2017-04-17 22:34
メシを撮ること12 ねぎ餃子..
at 2017-04-15 16:39
桜記2017【2】新潟市・白..
at 2017-04-12 22:10
アマンダンスカイ キャンドル..
at 2017-04-09 16:20
花粉光環(花粉光冠)
at 2017-04-06 00:09
善光寺参道卯月
at 2017-04-04 08:35
桜記2017【1】長野市・ぱ..
at 2017-04-02 23:54
浜辺と漂着物
at 2017-03-29 18:21
秋間梅林
at 2017-03-27 00:03

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
安曇野の白鳥
ニホンカモシカ
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他

未分類

タグ

(38)
(17)
(7)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

flat_whiteさん..
by TamaWakaba at 10:53

ブログトップ | ログイン