▼ 

稲泉寺の守り猫

長野県下高井郡木島平村 稲泉寺


今年も
ハスの花の季節になりました。

ここは北信濃随一のハスの名所
「稲泉寺(とうせんじ)」。

桃色の大きな蕾が
まさに開かんとしています。

a0155104_21483708.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

・・・が、
ちょっとその前に。

稲泉寺の山門をくぐり
本堂へと続く石段の途中に
一対の石灯籠があります。

a0155104_21483276.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


その石灯籠に・・・・


a0155104_21482751.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


・・・なんかいます。

・・・で、こっち見てます。


a0155104_21482190.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


参道を通る人間を
検分するような
その眼差し。

けっして怪しいものではございません。
ハスを撮りに来ただけでございます。


a0155104_21481486.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


遠くの物音に
サッと身を起こし
この表情。

そうか君は
この寺の守り猫なのか。

a0155104_21480978.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


とはいえ、猫なので
やっぱり基本的に悠々自適です。


a0155104_21480501.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


ここを警備員室として常駐してる訳じゃなく、
やたら暑っつい夏の昼間には
ひんやりした石灯籠の中で
石に枕してのんびりするのが
至福というわけです。

a0155104_21480091.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


夏の風が
参道を吹き抜けていきます。


a0155104_21475622.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


ゆっくりピコピコと
リズムを刻むしっぽ。

なんともリラックスムード。


a0155104_21475297.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


そこら辺に生えていた草を
目の前でヒラヒラさせたら
ちょっと誘いに乗ってくれました。


a0155104_21474840.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


自慢じゃないですけど
私は筋金入りの「猫嫌われ」です。

「猫嫌い」じゃなくて「猫嫌われ」。

猫が私のことを
やたらめったら恐れます。

大抵の猫は
私が10メートル以内に近づいただけで
「やべぇ!」という顔をして
一目散に逃げていきます。

車に乗っていても、
窓越しに目が合っても
それは変わりません。

もしかすると私は
猫にだけ見える恐ろしい何かを
身にまとっているのかも。
(犬にはやたらと好かれるのに・・・)

でも、ごくごく稀に
私のことを受け入れてくれる
寛大で度胸のある(猫的には変わり者の)
猫に出会うことがあります。

この子は
そういう猫でした。

「もっと近くで撮ってもいい?」
と話しかけると
まんざらでもないご様子。


a0155104_21474422.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


ややオッドアイ。
左右の虹彩の色が
少し違います。


a0155104_21474056.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


守り猫らしい
凛々しい表情。
カッコイイです。

a0155104_21473609.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


ありがとう。

久々に猫に遊んでもらって
とても嬉しかったのです。


a0155104_21473196.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


またハスを撮りに行ったら
相手しておくれ。






今週末、稲泉寺では
毎年恒例の
「ハス花祭り」を開催するそうです。
お近くの方はぜひ。
観光情報



by TamaWakaba | 2017-07-13 22:34 | ネコ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/237167028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2017-07-14 14:21 x
猫、いい写真じゃん。
また、オレの写真も撮ればいいと思うぞ。
オレ、弟出来たんだぜ。
黒い犬だぞ。
こいつも撮ってやればいいと思うぞ。
Commented by マキ at 2017-07-14 14:23 x
また腕を上げられて・・・!
タマさんに撮ってもらった、イヴの川での写真は宝物です。
Commented by TamaWakaba at 2017-07-20 12:50
千くん
ありがとうございます。
お久しぶりです。
最近、千くんのお顔を拝するに、口周りとかにちょっと白いものが増えたりして、
なんだか「シブい男」になったなぁ、なんて思うんですよ。
やっぱ、猫も風貌に積み重ねた時間が現れるんだなあとしみじみ思います。
そういう千くんをまた撮ってみたいです。
千くんは、この世で私に心を許してくれる数少ない猫のひとりですから。
>弟
イヴ姐さんとのお別れは悲しかったけれど、新しい弟ができてよかったですねー。つうか、ピオーネ君、可愛すぎ!
いつか会ってご挨拶したいなー!
Commented by TamaWakaba at 2017-07-20 13:06
マキさん
ありがとうございます。
ずっと昔のような、数日前の出来事のような、遠くて近い素敵な思い出の1日です。
初対面の私に戸惑いながらも、イヴ姐さんがいつも気を遣ってくれて、こちらに何度も様子を見に来てくれたことに、すごく感激したのを思い出します。
ちいさい身体だけれど、そこに底知れぬ大きなハートを感じずにはいられませんでした。
たぶん今でも、千くんやピオーネ君の傍らで、静かに優しく見守っていてくれるような気がしています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

長野市「昌禅寺」紅葉
at 2017-11-20 18:14
イチョウの樹の下で
at 2017-11-17 15:50
上田城跡公園紅葉
at 2017-11-15 00:02
もみじ湖(箕輪ダム)紅葉
at 2017-11-13 13:54
長野市若穂「清水寺」紅葉
at 2017-11-10 23:06
秋光
at 2017-11-06 23:37
名もなきカエデ、雨の紅葉
at 2017-11-04 00:52
ツタウルシの紅葉
at 2017-10-31 01:41
リゾナーレ八ヶ岳 ハロウィン..
at 2017-10-26 00:33
雨垂れ
at 2017-10-23 10:01

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(40)
(21)
(11)
(10)
(6)
(5)
(3)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

ruunouta さん ..
by TamaWakaba at 18:12

ブログトップ | ログイン