▼ 

祭囃子妖艶2017【後編】 大黒町舞台~若一王子神社例祭奉祝祭

長野県大町市 若一王子神社 例祭奉祝祭(宵祭)
【前編】


艶めかしさは
その指先に宿る。


a0155104_15312280.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_15311881.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_15311586.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_15311095.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15310701.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1



雨は
降りしきる。


a0155104_15310208.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM



祭囃子は
いよいよ
響き渡る。


a0155104_15305981.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15305556.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15305162.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15304791.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_15304386.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15303808.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15303450.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1



宵祭も終盤。

舞台が一斉に動き出す。


a0155104_15302969.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM + ソフトン(A)





a0155104_15302429.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15302044.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1



舞台がすれ違うと始まる
「喧嘩囃子」。



a0155104_15301634.jpg
EOS5D Mark IV + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1


舞台同士が
それぞれのお囃子を
ぶつけ合う。


a0155104_15301046.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM + ソフトン(A)


競り合いながら重なる響きに
宵祭は最高潮を迎える。

a0155104_15300610.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1


そして
舞台はそれぞれの町内へ。


a0155104_15300104.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM + ソフトン(A)


祭囃子が
遠ざかる。


a0155104_15295706.jpg
EOS5D Mark IV + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1



再び訪れた
夜のしじま。

提灯が静かに光っていた。





――― 後記 ―――
私が撮影をしていると、とある会話が耳に入ってきました。
「この舞台の素晴らしいところって分かります?
あれ見てください、ロウソクの灯りですよ。
他の舞台は、みんな電気に変わっちゃってますけど、
うちは本物の炎の灯りなんですよ。
気をつけないと燃えちゃいますけど、
それでもうちはロウソクなんです!」
そこには、舞台を写真に収めようとしているお客さんに
一生懸命レクチャーする、大黒町の方の姿がありました。

私はこの会話を聞いて、
心底嬉しく思います。
ああ、この人達は「何が大切なのか」を理解して
それを守ろうとしているんだな、と。

傍目に素晴らしいものであっても、
それを所有する人がその価値に気付かず
利便化とか近代化という名のもとに
大切なものを消失させてしまう悲劇は
往々にして起こります。

そして、失われたものは
ほとんどの場合、元には戻りません。

そういう悲劇を回避するには
それを所有する人が
そのものの価値を理解していることが
何より必要です。

そして、大黒町の方々は
そのことを分かっている。
素晴らしいことです。

言わずもがな、
精緻な彫刻に飾られた大黒町舞台は
長野県宝にも指定されるほどの、
美術的にも大変価値の高いものです。

しかし、
この舞台の素晴らしさは
それだけにあるのではありません。

この舞台が素晴らしいのは
今もなお
「生きている」
舞台だということです。

いくら文化財的価値が高いものでも、
それが人の営みから切り離された時
その物は、死にます。

この大黒町舞台とて、
祭の日、表に曳き出されることなく
博物館に展示されるだけになるとしたら、
それはもう、よくできた一つの工芸品に過ぎません。
美術館に展示された仏像のような
白々しいものに
成り下がってしまいます。

でも、この大黒町舞台は
今なお、人々の営みの中で
呼吸しています。

2年ぶりに見た
お囃子奏者の皆さんは
その中の幾人かが
新人デビューを果たしていました。

江戸時代から守り受け継がれてきた
この舞台が身体なのだとしたら、
そのなかでお囃子という祭のエネルギーを
世代を超えて
新陳代謝を繰り返しながら継承しつづける
お囃子奏者や保存会の方々は
舞台の血液ともいうべきものです。

この舞台が生きているというのは
そういうことです。

そして、
ただ漫然と生きるのではなく
大切なもの、
守るべきものを
皆の力で
未来に繋いでいく。
大黒町舞台には
そんな「魂」を感じます。

この舞台が私を惹きつけてやまない理由は
そこにあります。

あらゆることが簡略化され
本来の意義をを薄れさせていく中で、
昔ながらの物事を守り受け継いでいくことは
至極大変なことです。
そこには、楽しいことよりも
苦しいことのほうが多かったりします。

私がこの舞台を初めて見たのは、
今、後進の指導にあたっている諸先輩方が
若手のお囃子奏者として活躍されていた頃のことです。

それから幾星霜。
大黒町舞台はその頃と変わらぬ佇まいで
お囃子の音色を響かせています。

願わくば
今後、数十年、数百年と
それが続いて欲しいと思っています。

私はそんな大黒町舞台の今の姿を
ささやかながらも
写真として残していけたら、と
思っています。

今年も伊藤美晴さんをはじめ
大黒町の皆様には大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。

球わかば





by TamaWakaba | 2017-07-28 00:36 | 若一王子神社 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tamawakaba.exblog.jp/tb/237360421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-07-28 21:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by TamaWakaba at 2017-07-31 17:50
鍵コメさん
ありがとうございます。
セントレアからは遠く離れた長野(北部)に住んでいますが、飛行機大好きなので、たまに辛抱堪らず遠征しています。
セントレアはお気に入りの空港です。スカイデッキから見える飛行機が多彩で素敵です。もうちょっと近ければ頻繁に通いたいんですが^^;
私も昔(といってもそんなに昔じゃないですが)、撮り方が分からなくて右往左往した時期がありました。でもなんとなく写真が好きだったので、とにかく闇雲に撮りまくっているうちに、なんとなく自分のスタイルが見えてきたかな、という感じで今日に至っています。
長く続けているとたまに壁にぶち当たることもありますが、おたがいマイペースで末永く写真を楽しみましょう^_^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

 ▲ 


基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

山霧
at 2017-08-16 17:57
ハスに夏の日差し ― 蓮記2..
at 2017-08-13 21:19
千曲川納涼煙火大会2017 ..
at 2017-08-09 22:24
雉(キジ)に会った
at 2017-07-31 21:54
祭囃子妖艶2017【前編】 ..
at 2017-07-28 00:37
祭囃子妖艶2017【後編】 ..
at 2017-07-28 00:36
ハスに水滴 ― 蓮記2017..
at 2017-07-20 16:20
稲泉寺の守り猫
at 2017-07-13 22:34
5D4試し撮り その2
at 2017-07-10 23:41
5D4 試し撮り
at 2017-07-08 11:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(40)
(19)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

sarutvさん あり..
by TamaWakaba at 08:53

ブログトップ | ログイン