▼ 

古代ハス「大賀ハス」のこと ― 蓮記2017【3】―

長野県下高井郡木島平村 稲泉寺


大賀ハス。

1951年(昭和26年)

2000年の長き眠りから目覚める。


a0155104_23224417.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


千葉県千葉市検見川
(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)の
花見川下流湿地帯。

戦後の物不足の折、
燃料として使われていた草炭(ピート)の採掘中、
偶然、地中から1隻の丸木舟が掘り出された。

そして、この丸木舟と一緒に
ハスの果托が発見される。

大賀ハスの物語は
ここに始まる。

a0155104_23223940.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


当時、ハス研究の第一人者であった
植物学者の大賀一郎博士。

果托出土の報せを聞き、
もしや、と思い
地元ボランティアを募って
発掘調査を行うことにした。


a0155104_23223370.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


果托が出土したなら
種子も出てくるかもしれない。

ハスの種子発掘調査は
1951年(昭和26年)3月3日から開始された。

ところが、
当初の期待とは裏腹に
種子は一向に見つからない。

いたずらに時間だけが過ぎていく。


a0155104_23222008.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM


めぼしい成果も上がらぬまま迎えた
3月30日。

翌日には調査打ち切りが決定している。

夕暮れが迫る。

もう後がない。


a0155104_23221466.jpg
EOS5D Mark IV + EF135mm F2L USM

あった!

発掘ボランティアに参加していた
花園中学校の女子生徒が
1粒のハスの種子を
ついに発見した。

地下約6メートルの泥の中から発見された
この種子が
奇跡の1粒だったことを人々が知るのは
もっと後になってからのことだ。


a0155104_23220694.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


ハスの種子発見に活気づいた発掘現場。

急遽、発掘の日程が延長され、
4月6日にさらに2粒、
合計3粒のハスの種子が発見されたのだった。


a0155104_23214846.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


5月。

大賀博士は
発掘された種子の
発芽実験に取り掛かる。


a0155104_23214231.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


5月7日。

大賀博士は硬い種皮にハサミを入れ
水を張った水槽に
種子を静かに沈めた。


a0155104_23213634.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


それから3日後の
5月9日未明。

ハスは長き眠りから目覚め、
発芽を開始した。

a0155104_23212723.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


発見された3粒の種子のうち、
2粒が発芽に成功。

だが、
発芽した2株のうち1株は
生育途中にあえなく枯死。

残された1株に
最後の希望が託された。

a0155104_23203187.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM


大賀博士の切なる思いが届いたのか、
ハスはすくすくと育った。

そして、その翌年
1952年(昭和27年)7月18日。


花が、
咲いた。

最後まで生き残って花を咲かせたこの株は
3月30日、
女子生徒が泥の中から拾い上げた
最初の1粒だった。

a0155104_23202591.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM


発見された種子の上層から発見された
丸木舟の年代測定の結果、
ハスの種子は
2000年前の弥生時代以前のものであると推定。

ハスの開花は
世界最古の花の復活として
国内外に広く報道された。

そして、

このハスは
博士にちなんで
「大賀ハス」
と命名される。


a0155104_23202081.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


大賀ハスはその後、
大切に育成され、
幾度の株分けを経て、
今日では
日本各地の蓮池の夏を彩るまでになった。


a0155104_23201550.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


言うまでもなく
それらの大賀ハスは

66年前に地中から拾い上げられた
たった1粒の種子から
全てが始まっているのだ。

a0155104_23200851.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


夏空の下、
大賀ハスは
はるか昔の弥生人が眺めていた頃と
変わらぬ姿で
我々の目を楽しませてくれている。


a0155104_23200327.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM


この花は
時空を超えた
そんな壮大なドラマを
身にまといながら
今日も咲き誇っている。







― 追補 ―

驚くべきことに、
大賀博士がこのハスの
発芽に成功させる瞬間が
当時のニュース映像として残されていました。


NHKアーカイブス
1951年制作 日本ニュース 『二千年前のハスの実』(41秒)


今、日本中で咲いている大賀ハスは
(株分けで増やしてるので)
この映像のハスそのものなのです。









# by TamaWakaba | 2017-08-19 11:41 | ハスとアマガエル | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

古代ハス「大賀ハス」のこと ..
at 2017-08-19 11:41
山霧
at 2017-08-16 17:57
ハスに夏の日差し ― 蓮記2..
at 2017-08-13 21:19
千曲川納涼煙火大会2017 ..
at 2017-08-09 22:24
雉(キジ)に会った
at 2017-07-31 21:54
祭囃子妖艶2017【前編】 ..
at 2017-07-28 00:37
祭囃子妖艶2017【後編】 ..
at 2017-07-28 00:36
ハスに水滴 ― 蓮記2017..
at 2017-07-20 16:20
稲泉寺の守り猫
at 2017-07-13 22:34
5D4試し撮り その2
at 2017-07-10 23:41

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(40)
(19)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

sarutvさん あり..
by TamaWakaba at 11:47

ブログトップ | ログイン