▼ 

カテゴリ:ニホンザル( 20 )

 ▲ 
 ▼ 

冬を生きるニホンザル

長野県大町市 平


厳しい冬が
やってきた。


a0155104_17385485.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



彼らは
懸命に

a0155104_17385060.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



生きている。

a0155104_17384440.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



命を繋いでいくため
彼らは手を伸ばす

a0155104_17383976.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



そして、

食べる。

a0155104_17383534.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



時折、一陣の風が吹き
凍てつく雪が叩きつける。

a0155104_17383002.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



冬の山に
食べられるものは少ない。

柔らかそうな蔓でさえ
芯は固くて歯が立たない。
薄い表皮だけを
こそげて食べる。

a0155104_17382596.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



食べたとて
得られる栄養はごくわずか。

a0155104_17381920.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



だから、
食べ続けねばならない。

a0155104_17381423.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



食べねば
いとも簡単に
命が失われる世界だ。

a0155104_17380972.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



食べられそうなものは
なんでも口に入れる。

a0155104_17380451.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



冷たい雪を掘り起こして
笹の葉を探す。

かつては一面に生い茂っていた笹。
見向きもしなかった。

a0155104_17380051.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


けれど、
いまやその笹にすら
命を託すしかない。

a0155104_17375585.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



雪は降り積もる。

山の中にも、
自分の上にも。

a0155104_17375035.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



雪をしのげる
屋根はない。

a0155104_17374575.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



ときには体を寄せ合って
ひたすら耐える。

a0155104_17374165.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



体を小さく丸めて
ひたすら耐える。

a0155104_17373433.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



ひたすら耐えながら
春を待つ。

a0155104_17373039.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



子を持つ母にも

冬は来る。

a0155104_17372492.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



自分の命を繋ぎながら
まだ幼い命を
守らねばならない。

a0155104_17371858.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



寒さに震える我が子を
なだめるように

a0155104_17371447.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



胸に
抱き寄せる。

a0155104_17370818.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



親元を離れた子ザルは
もう母のぬくもりを
頼ることはできない。

a0155104_17370300.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



まだ小さな彼らにも
冬は冷酷に平等に
訪れる。

a0155104_17365587.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



だから、
慣れぬ手つきで
食べ物を探す。

a0155104_17365077.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



初めて味わう
得体の知れない寒さに震えながら

a0155104_17364203.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



とにかく懸命に
生きていくしかない。

a0155104_17363793.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



全身を覆う冬毛は
唯一の頼みの綱だ。

a0155104_17362891.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



保温のため
毛を逆立てて
全身を厚手のコートに仕上げる。

できることと言ったら
そのくらいだ。

a0155104_17362172.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



いつまでも枝の上にはいられない。

時には
雪中行軍を余儀なくされる。

a0155104_17360697.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




雪の冷たさが
手のひらに刺さる。

a0155104_17355852.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



でも、
進んでいくしかない。

a0155104_17355534.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



生きていくしかない。

a0155104_17355178.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



山の春は

まだずっと遠くにある。






by TamaWakaba | 2017-01-25 18:29 | ニホンザル | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

秋のニホンザル・ポートレート

長野県大町市 平



山麓に暮らすニホンザルたちの秋も
深まっている。

a0155104_17004480.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



見慣れた景色から
日ごとに色が失われていく。

a0155104_17004106.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



今年生まれたばかりの子どもたちは
冬を迎える憂いをまだ知らない。

a0155104_17003351.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



電線のジャングルジムの上を
無邪気に走り回る。

a0155104_17002986.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



一頭のサルが
草地に座り込んでいる。

a0155104_17002518.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



足元に生える雑草を
掴み取っては

a0155104_17002101.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



口に運ぶ。

a0155104_17001762.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


彼らは
恐ろしく質素な食べ物で
命を繋いでいる。

これから冬になれば、
それはさらに過酷となる。



年配のオスザルが
座って遠くをみている。
a0155104_17001370.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




何を考えているのか、
何も考えていないのか、
a0155104_17000962.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




言葉なき彼らの心の内は
わからないけれど、
a0155104_16592261.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




来るべき冬にむけ
思いにふけっているように
見えてならない。
a0155104_16585072.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




このあと、
山麓に
雪が降った。
a0155104_16582007.jpg
EOS5D Mark III +EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


彼らはいまごろ
どうしているだろうか。






by TamaWakaba | 2016-12-27 13:13 | ニホンザル | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

ニホンザルの母子

長野県大町市平
ニホンザル(Wikipedia)


春。

あたらしい命。

母と子の季節。

a0155104_21542614.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21542028.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21535560.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21535040.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21534361.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



いつもは荒々しく
木々の枝をつかむための両腕も
今は
子ザルを優しく包み込むためにある。
a0155104_21533954.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_2153328.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21532753.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21532192.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21531565.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



まだ満足に歩くことができない子ザルは
母親の背中や腹につかまって
山の中を移動する。

背中の上では
いつでもキョロキョロ。

見るもの全てが
目新しい。
a0155104_21531017.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




道路の溝に僅かに残った融雪剤を舐め
ミネラル補給する母ザル。

子ザルがそれを興味深そうに見守る。
a0155104_215348.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




母の腕に抱かれながら
いろいろなものを見聞きして
生きることを学んでいくのだ。
a0155104_21525118.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




キレイなタンポポを見つけた。
a0155104_21524579.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




でも・・・
a0155104_21521753.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




食べちゃうのである。
a0155104_2151385.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




子ザルにとって柔らかいタンポポの花は
良い離乳食なのだ。
a0155104_2151364.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




でも、まだやっぱり
苦いタンポポよりも
お母さんのおっぱいが恋しいのだった。
a0155104_21513199.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




食後のまどろみ。
a0155104_215129100.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




ちょっと休んだら
探検開始。
a0155104_21512434.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21512241.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21511783.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




子ザルは好奇心の塊。
いつでも目をキラキラさせている。
a0155104_21511582.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





子供が二人集まれば、
じゃれあいが始まる。

a0155104_21511172.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





傍らには若いメス。
戯れる子供たちを静かに見守っている。

数年前に生まれたこの若ザルも
今では頼もしい姉さんだ。
a0155104_2151924.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2151725.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2151220.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21505912.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21505454.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





小さな命を守り育てていく
母親たちの苦労は絶えないけれど、
a0155104_21505214.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




春の山には、
穏やかで幸せな時間が流れている。
a0155104_21505047.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






撮影後記
by TamaWakaba | 2016-05-11 23:36 | ニホンザル | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

雪解けのころ ~ニホンザル~

長野県大町市平

白くて冷たい地面は
日に日に小さくなっていく。

山の春は
もうすぐ。


a0155104_19016.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



a0155104_184498.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_18388.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_183240.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


雑草のような栄養のない食べ物だから
ただひたすら、沢山食べなければならない。

a0155104_182287.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


黙々と草を引き抜き、
黙々と食べる。

a0155104_181757.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


山栗を拾えたらラッキーだ。

a0155104_18837.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


小さい体で生き抜くのも楽じゃない。

a0155104_18237.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


子供はよく遊ぶ。

a0155104_175572.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


そこかしこで
子供同士のじゃれあいが
繰り広げられる。

a0155104_174414.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_172131.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


勝っても負けても
後腐れなし。

a0155104_171812.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


陽だまりに
親子のだんらん。

a0155104_171036.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


石の上にも三頭。

a0155104_17754.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



時それぞれに
いろんな表情がある。

a0155104_1729.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_17080.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_165625.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_165299.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_165070.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_164716.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_164518.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_164327.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_164198.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_163987.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



山の春は
もうすぐ。

a0155104_163653.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





by TamaWakaba | 2016-03-13 01:35 | ニホンザル | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

2016年撮り初め サル・カモシカ・ニホンリス

長野県大町市平


さる年が始まってすぐ、
ニホンザルに会いにいく。

群れをなしたサルの全員が
地面に這いつくばって
落ち葉をかき混ぜている。

a0155104_22352087.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


一心不乱という表現がぴったりだ。

彼らは何をしているのか。

a0155104_22351416.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

彼らは

落ち葉の下のドングリを探しているのだった。

幸いにも今年はドングリが豊作で、

雪も少ない。

いつもよりはずっと

暮らしやすい冬だろう。

a0155104_2235763.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


道路に撒かれた融雪剤を舐め
ミネラル補給する者も。

これはちょっと問題かもしれない。

a0155104_2235167.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



食料が豊富なせいか、
彼らもリラックスしているように見える。

「食える」ということは
やっぱり大切なことなのだ。

a0155104_22345542.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

まどろむ親子。

a0155104_22344821.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

子供は好奇心にあふれた眼をしている。

a0155104_223412.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

新緑の頃、
新たな妹や弟が群れに誕生するまで
母の愛情を独り占めしておこう。

a0155104_22335626.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


初めて間近で野生のニホンリスに遭遇する。

今まで見てきたどの動物よりすばしこい。

あっという間に逃走される。

a0155104_22335116.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


幸先のいいことに
いつものカモシカにも会えた。

a0155104_22334985.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

暖かそうな冬毛が全身を包む。
昔はこの毛皮が重宝されて
常に狩猟対象にされる時代が長く続いた。

今は、
その頃よりも少しだけ安心して暮らしていける。

a0155104_22334645.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

雪の積もった高台に
身体を横たえて休む。

真っ白な雪の上に
でっかいクッションが置いてあるみたいだ。

まん丸なその姿が
可愛らしくて仕方がない。

a0155104_22334534.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


山の中も
なんとなく
穏やかな冬が
続いている。


 


by TamaWakaba | 2016-01-08 23:05 | ニホンザル | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

冬のニホンザル

長野県大町市


まだ遠い春に向かって

冬を耐える彼ら。

こんな春めいた日には

陽だまりでのんびり過ごそう。


a0155104_2244419.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_22433999.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22433651.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22433328.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_2243299.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22432663.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22432389.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22432066.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22431774.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_2243392.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_2243191.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22425822.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22425110.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_22424876.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_22431082.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






a0155104_2243512.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




今年は豪雪で、群れの移動パターンが例年と変わってしまったのか
なかなか会えなかったんですが、
ようやく今年も彼らを見つけました。

彼らのふてぶてしいほどの人間臭さは
撮り手を夢中にさせますね。



サルに繋いでもらいつつ、
氷彫フェス記事の執筆を続けております。

故あって、14日までには絶対にアップします(汗)。



.
by TamaWakaba | 2015-02-06 22:58 | ニホンザル | Trackback | Comments(8)
 ▲ 
 ▼ 

母ザル

長野県大町市



ちょっとした手違いで置き去りにされた
幼い子ザル。
最初はアスファルトの上で
孤独に耐えていたが、
いよいよ母恋しくなったのか、
か細い声で泣きだした。

少し離れた場所で
食事に夢中になっていた母ザル。

大慌てでやって来て、
大切そうに子ザルを抱きかかえ
そして
去っていった。

a0155104_191562.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_191313.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_191121.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_19999.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_19882.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_19611.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_19468.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_19221.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_185914.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




出し忘れ、
4月14日撮影です。
この子ザルは
もう相当大きくなっているでしょうか。

DPP4.0使ってみました。
(香港のサイトだともう配布開始してるので)
今まで出来なかった細かい色域調整などができるようになり、
かなり使い勝手が向上しています。
ただ、現像が異常に遅くなった気が・・・
もうちょっと使い込んでいろいろ試してみます。
by TamaWakaba | 2014-06-24 01:22 | ニホンザル | Trackback | Comments(6)
 ▲ 
 ▼ 

冬を耐える 【前編】 ~2014年撮り初め~

長野県大町市平 ニホンザル (元日撮影)



雪に覆われた森で
彼等に出会った。

a0155104_2050416.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




彼等には
大晦日も元日もない。

a0155104_20495712.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




彼等にあるのは
延々と続く
厳しく長い冬。

a0155104_2049290.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




年越しそばも
おせち料理もない。

a0155104_20485820.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




雪の中をさまよい歩き
やっと見つけた食料は

a0155104_20485672.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





木の皮。

a0155104_20485528.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM (トリミングあり)





美味くもなければ
大した栄養もない。

a0155104_20485244.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





しかし
遥かな雪解けまで
命をつなぐためには

a0155104_20484887.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





ひたすら
食べなくてはならない。

a0155104_20484597.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





古株のメスザル。

年老いた躯で
この冬を生き延びるため

a0155104_20484385.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




彼女も、
ただ黙々と食べ続ける。

a0155104_20484184.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





まだ幼さの残る若ザル。

a0155104_2048372.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





この僅かな食料が

a0155104_20483512.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





明日生きているかどうかの
分岐点となる。

a0155104_20483364.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





永遠に続くかのような冬。

a0155104_20483163.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





命を落とす仲間も
少なくない。

a0155104_20482875.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





露天風呂に浸かって待っていれば
美味い食事にありつけるような甘さは
ここには存在しない。

a0155104_20482559.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




また白いものが
舞い始めた。

a0155104_20482011.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



~ 【後編】に続く




by TamaWakaba | 2014-01-04 21:58 | ニホンザル | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

冬を耐える 【後編】 ~2014年撮り初め~

【前編】に戻る



雪が強くなった。

a0155104_211991.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





鋭い冷気はらんだ風が
容赦なく
彼等に吹きつける。

a0155104_211440.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





丸裸になった
広葉樹の森に
風雪をしのげる場所はない。

a0155104_211110.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





雪は
彼等の背中に
降り積もる。

a0155104_2105951.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





夕暮れが迫っても
食料探しは続く。

a0155104_210568.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






まだ親離れできていない子ザルにも
冬は
残酷なほど平等に訪れる。

a0155104_2105399.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





子供だからといって冬は容赦しない。
子供だからこそ、
冬はよりいっそう牙を剥く。

a0155104_2104823.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





親の見よう見まねで
恐る恐る
木の枝を口に運ぶ。

そこに温かな乳の味はない。

a0155104_2104681.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




時には
躯を寄せあって
寒さをしのぐ。

a0155104_210452.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



冬は始まったばかり。

a0155104_2104315.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





色の無い世界が広がる。

a0155104_2103668.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM





冬は
続いていく。

a0155104_21551841.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM



~ 終 ~


【前編】に戻る



by TamaWakaba | 2014-01-04 21:57 | ニホンザル | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

生きる ~5DIIIファームアップ・F8AF試写~

長野県大町市
(全て)EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III(Autofocus)


今日 生きていくために
明日も 生きているように
この瞬間を
懸命に生きている。


a0155104_2217522.jpg





a0155104_22175134.jpg





a0155104_22174744.jpg





a0155104_22174598.jpg





a0155104_22174390.jpg





a0155104_22174151.jpg





a0155104_221739100.jpg





a0155104_22173639.jpg





a0155104_22173448.jpg





a0155104_22173212.jpg





a0155104_22173025.jpg





緑が戻った山麓に、ホンザルが降りてきていました。
山菜を少しかじって春の味を楽しむ、人間のような余裕は彼らにありません。
ようやく芽吹きはじめた木々の緑こそ、この時期の彼らの主食です。
自らの命を保ちつつ、子育てをして次の世代に命をつないでいくためには、大して栄養のない葉っぱでも食べねばなりません。
この日、山桜の若木に陣取った1頭のメスは、私が見ていた10分ほどの間に、ほぼ全ての葉を食べつくしました。
それはまさに、必死の形相と呼ぶべきものでした。
こんな食生活を送っている彼らが、人間の作った農作物に出会ったらどうなるか、容易に想像ができます。
人間とサル。今日も山麓では終わることのない攻防が続いています。
私には、どちらが悪いということは言えません。
とにかくサルは生きることに必死になっています。
頼み込んで引き下がるような相手ではないことだけは確かです。

写真を撮っていて思ったことがもう一つ。
同じニホンザルなのに彼らは、「地獄谷野猿公苑」のサルとは全く表情が違います。
野猿公苑のサルには、こういう切実な表情はありません。
人間に怯える必要がなく、高カロリーの餌を定期的に貰え、温泉で寒さをしのげるという「サルのユートピア」がこの世に存在することなど、彼らは夢にも思わないことでしょう。

野猿公苑のリラックスしきったサルたちの表情も良いものですが、
私は必死に生きようとする彼らの形相にどこか惹かれます。

EOS5D Mark IIIのファームウェアがVer.1.2.1となり、
開放F値8.0でも中央の測距点でAFが効くようになったので、早速試してみました。
思っていたよりもフォーカススピードも遅くなく、正確に合焦します。
1000ミリを手持ちで振り回せるようになったのはまさに快挙。
雨降りの薄暗い午後で、必然的にISOが上がってノイズ荒れは発生しましたが、
恩恵はそれ以上です。

以前、某掲示板に書き込みした際、
「ピントグラスを見て慎重にピントを合わせ、シャッターを切ってその余韻に浸る、という楽しみがありませんね」みたいなレスを頂いたことがあるのですが、
基本的に私は「絶対にシャッターチャンスは逃したくない派」なので、カメラができることはカメラに任せます。
シャッター音の余韻に浸っているような余裕はありません。

基本的に、今撮っているものはもう二度と撮ることはできません。
写真は他の「創作」できる芸術とは違って、常に時間と空間の鎖に縛られています。
昔のものを思い出して撮ることはできないし、目の前に存在しないものを撮ることもできません。
「今そこにあるものを、撮れるようにしか撮れない」のが写真です。
だから、撮影者にできることといったら「とにかく撮りたい瞬間を撮りたいように撮る」ことくらいです。
全てはそのための努力です。

機材にお金をかけるのも、
誰よりも早く撮影地に入って
誰よりも遅くまで粘るのも、
誰よりも数多くシャッターを切るのも、
結局はそこに帰結します。

写真は切実な時間との勝負です。
撮影は楽しいですが、
私にとってはいつでも戦争です。

なんか胸の中にいろいろとモヤモヤとしたものが溜まってますが・・・
どうしたものか。
by TamaWakaba | 2013-05-16 00:22 | ニホンザル | Trackback
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

緑のドライブ
at 2017-06-22 17:56
室山池のスイレン2017
at 2017-06-12 13:54
追跡、ニホンカモシカ
at 2017-05-30 21:49
夜の影 善光寺参道
at 2017-05-24 18:12
桜記2017【9】小布施町、..
at 2017-05-13 15:02
桜記2017【8】小布施町、..
at 2017-05-13 15:01
桜記2017【7】小布施町、..
at 2017-05-13 15:00
美人林新緑
at 2017-05-09 00:00
飯山市 千曲川河川敷の菜の花
at 2017-05-07 00:06
こやぎ 2017
at 2017-05-05 00:00

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(38)
(17)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

マキさん ありがとうご..
by TamaWakaba at 17:08

ブログトップ | ログイン