▼ 

カテゴリ:飛行機(民間機)( 10 )

 ▲ 
 ▼ 

ボーイング787「ドリームライナー」 / Boeing787"Dream Liner"

ボーイング787 「ドリームライナー」 (Wikipedia)


トビウオの飛翔を彷彿とさせる
洗練された造形。

生まれて初めて
旅客機を「美しい」と思った。


a0155104_21485459.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

2014年4月5日 14:12

長野県大町市上空

ANA885 / 全日空885便
HND→TOY / 羽田→富山
Boeing787-8 / JA818A
高度 : 25825ft / 7871m
速度 : 294kt / 544km/h


a0155104_21484744.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (トリミング)

遥か上空で陽光にきらめく787。

a0155104_21483873.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

他の旅客機にはない、
大きな翼のしなり。
翼全体で風をつかまえています。

a0155104_21482240.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





思いがけず、
JALの787に間近で出会えました。



2014年5月2日 15:10

中部国際空港(セントレア)

JAL3084 / 日本航空3084便
NGO→NRT / 中部国際空港→成田国際空港
Boeing787-8 / JA833J


機番はJA833J。
今年1月に導入されたばかりの新しい機体。
塗装もまだ透き通るような白さを湛えています。
a0155104_21481521.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

余談だけれど、日本航空はロゴマークを鶴丸に戻して
本当に良かったと思います。
これぞJALという感じ。

a0155104_2148937.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



a0155104_2148427.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

実は、JAL機とANA機ではエンジンの中身が違います。
これはゼネラル・エレクトリック社製「GEnx」

エンジンのインターフェイスを規格化して、
異なるメーカーのエンジンを搭載できるほか、
将来的に開発されるであろう新型エンジンにも
換装できるよう設計されています。
いわば、「進化の約束された」旅客機。

a0155104_21475830.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_21475120.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

特徴的なエンジンナセル後端のギザギザ
シェブロンノズル
見た目に美しく、騒音低減に技アリの技術です。
体感的にも、バカでか騒音のB777に比べ
かなり静かだと感じました。

a0155104_21473888.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

空へ。

a0155104_21472040.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_21464836.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_21463628.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





いつも北の空目指して飛んで行く787を
間近で見たくて
富山まで行ってきました。

空高く舞う787もいいけど、
やはり近くで見ると迫力が違います。



2014年5月23日 10:27
富山空港

ANA885 / 全日空883便
HND→TOY / 羽田→富山
Boeing787-8 / JA812A

a0155104_21462852.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM


a0155104_21454232.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

前から見ると
エンジンがかなり巨大であることが分かります。

a0155104_21453932.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

着陸後、1時間で羽田に戻ります。

2014年5月23日 11:35

ANA885 / 全日空886便
HND→TOY / 羽田→富山
(883便の折り返し運行)


パイロット氏。
いいなあ、憧れるなあ。

高校時代、もっと数学ができて物理もできて、英語もできて、
さらに視力が良かったら
間違いなくパイロット目指してたんですけどね。

でも、返却された数学の答案用紙に
赤く大きな丸が書いてあった時は驚きましたよ。
「もしかして大正解かな?」と思ったら
案の定、無得点でした。

まあこの時点で、せいぜい頑張っても
旅客機の乗客が精一杯だなって悟ったわけで・・・。

やっぱパイロットはすげーなぁ。
尊敬します。
a0155104_21453476.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

「ドリームライナー」のロゴ。
787には必ずペイントされてます。
三日月のマークがカッコいい。
あの翼のしなりをイメージしているのかも。

a0155104_21453216.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

衝突防止灯を始めとした灯火類が
787ではLED化されています。
従来の旅客機が「チカッ・・・チカッ」と光るのに対し、
787は「チーカ・・・チーカ」と特徴的に光ります。
(その2の参考動画参照)

a0155104_2145308.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

胴体後端の無塗装部分。
この中には(補助動力装置=APU)という装置が入ってます。
APUは言うなれば小型のエンジンで
メインエンジンを始動するための電力や待機電力を一手に供給しています。
従来のAPUはエンジン始動用の圧縮空気も供給してましたが、
787はエンジンスタートの機構がオール電化されているので、
APUは電力専用供給機という位置づけです。

ちなみに、空港に駐機している旅客機が
メインエンジンを止めているのに
キーキーシューシューとエンジン音をさせていることがあるのは
このAPUを動かしているからです。

a0155104_21452818.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

エンジンナセルの側面に
「ロールス・ロイス」のロゴ。
GEnxを搭載するJAL機に対し、ANAの787のエンジンは
ロールス・ロイス製トレント1000が採用されています。

a0155104_21452645.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_21452376.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

窓には
東京に向かう乗客が。

本当は写真なんか撮ってないで
あの席に座りたいんだ!

こんなにヒコーキ馬鹿なのに、
旅客機搭乗経験は過去2回、というのは
お約束の自虐ネタです。

いつの日か旅客機で出勤してやる!


a0155104_21452181.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

タキシーアウト。
機長が送迎デッキに向かって手を振ってくれました。
送迎デッキには他に誰もいなかったので
お手振りを独り占め。

贅沢の極み。

やっぱ、かっこええ。

a0155104_21451824.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

ANA機の特徴はやはりこの
巨大787ペイントでしょう。

a0155104_21451611.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

富山空港は誘導路に余裕がなく、
出発機はランウェイエンドまでタキシングしたあと、
そこでUターンする必要があります。

撮り手としては、嬉しい動作です。

a0155104_21451131.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

テイクオフ。

突如思い立って
一か八かの流し撮りに挑戦。
ちょっと寄り過ぎですが、
とりあえず成功ということで。

a0155104_2145972.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

そしてまた空へ。

a0155104_2145799.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

大きな翼が
再び風をはらんで
大きくしなります。

a0155104_214553.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

雲の彼方へ、
良い空の旅を。

a0155104_214521.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


やはり何度見ても
美しい飛行機。

好きです787。




~参考動画~


その1 「ボーイング787ができるまで」
air canada ボーイング787特設サイト より

先日紹介したB747LCFも大活躍してます。



その2 「ファーンボロ国際航空ショー2012でのデモフライト」

旅客機とは思えないパワーと機動力に驚かされます。
タッチアンドゴー後のハイレートクライム&ターンが凄まじい。



by TamaWakaba | 2014-06-07 14:33 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

ボーイング747LCF 「ドリームリフター」 / Boeing747LCF "Dream Lifter"



2014年1月5日。
長野県安曇野市。

この日、私はいつもの場所で
白鳥を撮っていた。
冬晴れの
空がよく澄んだ日だった。

午後のまだ青々とした空には
少し太めの三日月が浮かんでいた。

撮影の合間に私がふと顔を上げると
月からやや離れた場所を
白いものがゆっくりと動いているのが見えた。

紡錘形の機体、
風に漂うような緩慢な速度。

直感的に
「飛行船だ!」
と思った。

a0155104_2364167.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

しかし、飛行船にしては高度が高すぎる。
だとしたら、思ったほどゆっくりではなさそうだ。

手持ちのズームを目一杯延ばし
何枚か写真を撮って
急いでプレビュー画面で拡大した。

a0155104_2363612.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III (拡大トリミング)

大きな翼と
4つのエンジン。

紛れもなくそれは
飛行機であった。

しかし、こんな寸胴な飛行機は見たことがない。
こんなでかいものが空を飛ぶとは。

その日以来、
この巨大な飛行船モドキのことが
頭の隅っこに引っ掛かって
取れなくなってしまった。

それが
ボーイング747LCF
「ドリームリフター」
との出会いだった。





ボーイング747LCF(Large Cargo Freighter = 大型貨物輸送機 )

ボーイングの新世代旅客機B787は、機体に従来の金属とは異なる炭素繊維複合材料が
多量に用いられており、機体の約35%を日本企業が製造、納入している。
その内訳は
主翼・・・三菱重工
前方胴体・・・川崎重工
中央翼・主脚格納庫・・・富士重工
が担当。

これら日本で製造される787の巨大なパーツを
中部国際空港(セントレア)から
ボーイング社の組み立て工場がある
アメリカ・ワシントン州エバレット工場および
サウスカロライナ州チャールストン工場に空輸するための
部品専用輸送機がこのLCFなのである。

B787は「ドリームライナー」という愛称がつけられているのに対し、
このLCFにつけられたのは「ドリームリフター」。

B787の月産10機(現在)に合わせ、
頻繁にセントレアに飛来している。




2014年5月2日。
17時8分。

愛知県常滑市
中部国際空港(セントレア)。
RWY36 on final。
(36番滑走路最終進入)

セントレア南上空に姿を現したLCF。
伊勢湾に浮かぶ空港島を目指して最終進入を続ける。

a0155104_2352236.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

肉眼でもその姿をはっきり捉えられる距離に入った。
あの特徴的な寸胴体型。
遠目にも他の旅客機とは異質な巨大さが見て取れる。

a0155104_235974.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

着陸寸前。

滑走路脇に止められた空港保守の車両が
小箱のようだ。

その巨体ゆえに
かなりゆっくりとした速度に見えるが
実際は時速200キロを超える速さで飛んでいる。

a0155104_2345958.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

タッチダウン。

a0155104_2344411.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

世界で運行されているLCFは全4機。
B787生産に合わせ、
中古のB747-400型機を改造したものだ。

この日、セントレアに飛来したLCFは機番「N718BA」。
改造前はマレーシア航空で使われていた。
改造後初飛行は2010年。
LCF4番機にあたる最も新しい機体だ。

a0155104_233858.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

LCF諸元(カッコ内はベースになったB747-400の値)

全長: 71.68m ←(70.6m)
全幅: 64.4m (変更なし)
全高:21.54m ←(19.4m)
胴体幅:8.38m ←(6.5m)

ただでさえ巨大な747-400型機を
さらに無理やりサイズアップしているのがわかる。

ちなみに、機体を無理やり拡張したせいで、
最大離陸重量や燃料搭載量、航続距離などは若干犠牲になっている。

a0155104_2325573.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

正面からの図。
747に衣をつけて揚げたみたいな形だ。
個人的には「ジャンボフリッター」と呼びたい感がある。

a0155104_2324621.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

この日、セントレアで撮影したデルタ航空のB747-400型機の正面図。
これが改造前、オリジナルの形。
ぱっと見、信じがたい。

a0155104_2361014.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

誘導路を進むLCF。

a0155104_232872.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

機首にはボーイング社のロゴマークが。
その後ろには「Oparated by ATLAS AIR」の文字。

その表記のとおり、LCFはアメリカのアトラス航空が
ボーイング社から委託を受けて運行している。

ボーイング所有の機体なのだが、航空機としての扱いはアトラス航空所属機となり、
コールサインもアトラス航空のそれとなる。

ちなみに、アトラス航空のコールサインは「GIANT(ジャイアント=巨人)」。
LCFの巨大な機体が、巨人を名乗りながら飛んでいるのが、
偶然とはいえ面白い。

a0155104_232426.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

胴体側面には
「ドリームリフター」のロゴ。

787の「DREAM LINER」と書体も月のマークも一緒である。
LINERの「N」が「FT」になっただけ。
ロゴデザイナーに優しいネーミングなのである。

そうは言っても、
このシンプルでカッコいいロゴ、
大好きだ。

a0155104_232070.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

機体後部には2つの大きなヒンジ(ちょうつがい)が見える。
このヒンジこそ、LCFのキモなのだが、
これがどう機能するかについては後々・・・。

a0155104_231559.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

セントレア島の南端にボーイングのロゴが掲げられた
大きな建物がある。

この建物は
DOC(ドリームライナー・オペレーションズ・センター)と呼ばれ、
LCFで空輸する部品を一時保管する格納庫で、
2014年3月に運用が開始された。

各社で製造した部品は、海上輸送でこのセントレア島に直接陸揚げされ、
このDOCに搬入、保管した上でLCFでの空輸を待つこととなる。

a0155104_2362489.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

LCFの駐機スポット横には
黒色のビニールで厳重に梱包された貨物がスタンバイされている。
これがLCFが運ぶことになる787の部品だ。

左から円筒形をした前部胴体(川崎重工)
中央翼(富士重工)が2つ(2機分)。

これがLCF1回の飛行で輸送される貨物である。

ちなみに、1回で輸送できる部品の組み合わせとしては
今回の「前部胴体×1+中央翼×2」の他に、
「前部胴体×2+中央翼×1」
「主翼(三菱重工)2枚(1セット)」
があるそうだ。

部品といえどもその一つ一つがでかいので、
巨大なLCFでもこれが限界なのである。

a0155104_2315130.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

17時19分。

駐機スポットにLCFが到着した。
この後、入念な準備を経て
数時間に及ぶ積み込み作業が開始される・・・
のだが、
長野までの道のりを考えると、
そろそろ家路につかなければならない。

後ろ髪を引かれる思いで
スカイデッキを後にする。

a0155104_2314741.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


18時30分。
セントレア臨時駐車場。

駐車場のフェンス越しに
貨物積み込み作業が始まっているのが見えた。

機体後部の大きなヒンジを支点に
胴体が真っ二つにして、
その開口部から貨物を搬入するのだ。

ジャンボ機の胴体がボッキリ折れているというのは
かなり衝撃的な光景だ。

尾部の下にいる黄色の作業車は
MTS(Mobile Tail Supports)。

開口作業と、搬入中に機体がバランスを崩さぬよう
支える役割を担った車両である。

a0155104_2314039.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

貨物は専用の運搬車LCL( Large Cargo Loader )に載せられている。
LCLの端に乗った作業員と見比べると
貨物の巨大さがわかる。

a0155104_2313617.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

ポッカリと口を開いた貨物室は
巨大洞窟の入口のように見える。

a0155104_231296.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

非常にゆっくりとした速度で
慎重に作業が続けられている。

18時49分。

車のタイヤの上に直立した格好で
手持ちで撮ることができるのも
そろそろ限界の明るさに近づいている。

積み込み作業を横目に
今度こそ
セントレアを後にする。

おそらくこの機体は
夜半近くにセントレアを発ち
9時間後にはエバレットにたどり着くはずだ。

その長い空の旅の無事を祈ろう。

a0155104_2312638.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





その後の話。

LCFとの最初の出会いは
あまりにも唐突で
間に合わせの装備で撮らざるをえなかった。

だから、いつか完全装備で雪辱を果たしたかった。

しかし、こちらが準備万端整えるほど
思うように事が運んでくれないのが世の常なのだ。

LCFが日本に飛来する際の飛行ルートは2パターンある。

シアトル近郊のエバレットを飛び立ち、
北米大陸西岸沿いに北上、
アリューシャン列島を経て
北海道東沖から岩手県太平洋岸に至る。
ここまではいつもだいたい同じだ。

日本到着が夜間や早朝で
羽田や成田の空域が比較的空いている場合、
LCFは、盛岡沖から太平洋岸を南下して
直接セントレアに降りてしまう。
こうなってしまうと、いくら待っていても
長野上空にLCFは現れてくれない。

一方、昼間の時間帯に飛来した場合は
混雑する関東上空を避け、
盛岡沖から一旦新潟上空を経由して
セントレアに針路を取る。
この時、LCFはちょうど長野の直上を通過するのだ。

ずっと、その瞬間を待ち続けた。
だが、なかなか機会には恵まれない。

Flightradarの画面で、
北米からずっと追い続けたLCFに
幾度となく盛岡沖でそっぽを向かれた。

またある時は、厚い雲の上を
音だけを残して飛び去っていった。

そしてまたある時は
カメラを持ち合わせていない時を狙うようにして
意気揚々と私の頭上を遠ざかっていった。


つくづく空をゆくLCFには縁がないな、
と思い始めた頃、
ようやくその時はやって来た。

a0155104_14573376.jpg
iPhone版「Flightradar24」


2014年5月16日 17:50
長野市上空

Boeing747LCF "Dream Lifter"
GTI4512 / N747BC
PAE→NGO (ボーイング社エバレット工場→中部国際空港)
38800ft (≒12000m)
450kts (≒830km/h)

a0155104_231245.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

雲の合間から姿を見せたLCF。

a0155104_231219.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

やはり寸胴で
飛行船のようだった。

a0155104_2311913.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

不格好なのだけれど、
なぜか私はこの機体が好きだ。

a0155104_2311737.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

それは、
LCFがその名のとおり、
その巨体に「夢」をたらふく詰め込んでいる、
そんな気がするからなのかもしれない。

a0155104_2311348.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



5月25日追記
なんだかんだでまた撮れました。
ロゴもかろうじて見えます。
a0155104_11472592.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (等倍トリミング)
2014年5月23日 18時38分 長野県上水内郡小川村
Boeing747LCF "Dream Lifter"
GTI4512 / N718BA
(セントレアで撮ったのと同じ機体)
長野市上空 約3万フィート



12月23日追記
飛行機雲を曳くLCFが撮れました。

2014年12月23日 15時48分
長野市上空 高度3万6千フィート(≒1万1千メートル)
387ノット(≒780km/h)
GTI4512 / N780BA

a0155104_16592297.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_16591448.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III(トリミング)


a0155104_1659789.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III(トリミング)


a0155104_1659054.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



2015年3月1日追記
上空ですれ違うLCF(Flightradar24から)。
世界で4機しかいないLCFが日本上空ですれ違うという超レアな場面。
この頃、LCFの飛来頻度が上がっている気がします。
増産に拍車がかかっているのかな?

2015年3月1日 13時17分
B747LCF 機番N747BC と N249BA
a0155104_9281766.jpg







(2015/8/28・10/20・2016/1/4追記)

ドリームリフターの運行スケジュールを知る方法

ドリームリフターは旅客を輸送する定期便ではないので、
運行は不定期かつ、スケジュールも一般には公開されておらず、
一般的なエアラインのように時刻表を参考にした撮影はできませんが、
インターネットを活用した待ち伏せの方法がありますので紹介します。


まず、セントレアを離発着するドリームリフターの便名は4種類5種類6種類あります。

GTI4512 (   セントレア行きの便    )
GTI4516 (      同 上       )
GTI4352 (      同 上       )
GTI4131 (   セントレア発の便     )
GTI4136 (       同 上      )
GTI4151 (       同 上       )

上記のとおり、セントレアに飛来するドリームリフターは
便名が「GTI4512」か「GTI4516」または「GTI4352」と決まっています。

このドリームリフターは、
アメリカワシントン州にある、ボーイング社のエバレット工場から飛んできます。
(まれに、アラスカのアンカレッジ空港に寄り道することもある)
アメリカを飛び立って、セントレアに着陸するまでの所要時間は
おおよそ10時間。

ですから、ドリームリフターが離陸したことを知ることができれば、
10時間後のセントレアで待ち伏せすることが可能なのです。

そこで、FlightAwareというサイトを利用します。

GTI4512の運行状況(リンク)
GTI4516の運行状況(リンク)
GTI4352の運行状況(リンク)(NEW!)
このサイトで、セントレア行きのドリームリフターが現在飛行しているかどうか、
飛行していれば、現在位置と予想到着時間が分かります。
たまに、飛行予定もわかる時があります。

ちなみに、
着陸したドリームリフターは、直ちに貨物の搭載を開始して、
通常は数時間のうちにセントレアを離陸していきます。

離陸便の運行状況のリンクも参考までに載せておきます。

GTI4131の運行状況(リンク)
GTI4136の運行状況(リンク)
GTI4151の運行状況(リンク)











~参考リンク~
・ ボーイング747-400「LCF型」・・・Wikipedia(日本語)
・ Boeing 747 Large Cargo Freighter・・・Wikipedia(英語)
・ 【レポート】ボーイング社、ドリームリフター・オペレーションズ・センターを開設・・・マイナビニュース
・ Flightradar24(運行中の航空機リアルタイム表示)






【後記】
記事に資料的価値を付加したくて
ダラダラと調べ物をしつつ書いていたら
長らく不更新にしてしまいました。
見に来ていただいた方、スイマセン^^;
次回は787篇です。


 
by TamaWakaba | 2014-05-22 15:29 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

高空遥か 2 Airbus A380 / Boeing 787

岐阜県各務原市(B787/JA824J)
長野県大町市(A380/HL7621)
長野市(A380/HL7615/HL7612・その他)




Boeing787-846 "Dreamliner"

JAL749便(日本航空)
機番:JA824J
NRT→DEL(成田国際空港→インド・インディラ・ガンディー国際空港)

2013年11月24日 12:53
愛知県江南市上空
高度:36,000ft(約1万1000m)
速度:390kt(約720km/h)


a0155104_2231431.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22283217.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22282777.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (トリミングあり)


先日の岐阜基地航空祭で、
昼休みの暇に任せて撮った写真です。

岐阜の上空というのは恐ろしいほど多くの旅客機が飛び交う空域で、
航空祭の写真を見て頂ければわかるように
どこもかしこも飛行機雲だらけです。
(ブルーインパルスの時はその邪魔さ加減に正直参った)
飛行展示が一段落した昼休み、
幾多の飛行機の中、
なんとなく素敵な雲を曳いていたこの機体を何枚か撮りました。

普段であれば、スマホ版のFlightradar24
その機体の素性を確かめてから撮るのですが、
岐阜の航空祭は群衆でネット回線がパンクしていて
Flightradar24は全く役立たずな状態でした。

撮った直後、カメラのプレビュー機能で、
この機体がB787であることが判ったのですが、
その時は「お、787が写ってた!ラッキー♪」
くらいの感想しか持ちませんでした。

ところが、帰宅してPCの画面で拡大してみたところ、
その翼には
「JA824J」
の文字が。

ちょうど半年前、
訓練飛行で長野市上空を飛んでいた時、
偶然撮影に成功したあの機体

なのでした。

JA824Jは飛行当初から燃料漏れしたり、
なかなか不運な機体でしたが、
今はこうして元気に世界の空を飛び回っているその姿に
嬉しくなります。

図らずも2度撮れてしまった
JA824J。
なにやら浅からぬ縁を感じます。

いつか、もっと間近でこの機体に
会えたらいいな、と思います。





AirbusA380-861

KAL35便(大韓航空)
機番:HL7621
ICN→ATL(韓国・仁川国際空港→アメリカ・ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港)

2013年11月30日 11:44
長野県大町市上空
高度:35,000ft(約1万700m)
速度:552kt(約1020km/h)

a0155104_22282461.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III







AirbusA380-861

KAL18便(大韓航空)
機番:HL7615
LAX→ICN(アメリカ・ロサンゼルス国際空港→韓国・仁川国際空港)

2013年12月8日 15:34
長野市上空
高度:40,000ft(約1万2000m)
速度:400kt(約740km/h)

a0155104_22282020.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22281539.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22281326.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22281031.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III








夕焼け空に伸びる
銀色の飛行機雲もまた
ため息の出る光景です。


a0155104_2228865.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III

多分B777・・・だと思います。
(データ取るの忘れた)





AirbusA380-861

KAL17便(大韓航空)
機番:HL7612
ICN→LAX(韓国・仁川国際空港→アメリカ・ロサンゼルス国際空港)

2013年12月8日 16:38
長野市上空
高度:37,000ft(約1万1300m)
速度:540kt(約1,000km/h)

a0155104_2228461.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


そして、日没。

地上が夜に包まれ始めても
はるか上空はまだ日没前です。

茜色に染まる夕焼けの飛行機雲が
地平線の向こうで今も輝いている
太陽の存在を教えてくれます。


a0155104_2228114.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


燃えるような長い尾を曳いて
飛行機は天頂へ。


a0155104_22275821.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


成層圏から見る
丸い丸い地平線の彼方に
まさに太陽が沈んでいく時。

紅の残光が
飛行機雲と機体を照らします。


a0155104_22275682.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


飛行機は太陽を背に
夜に向かって飛び続けます。


a0155104_22275213.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


もうすぐ漆黒の宇宙にきらめく
満天の星に迎えられることでしょう。


a0155104_22275060.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


アメリカ大陸はまだまだ
遥か彼方。

素敵な空の旅を
祈っています。







近況:
世間に流されているようで嫌なのですが、
やっぱり師走でして、いろいろせわしない毎日を送っています。
久々にブログを放置してしまいました。スイマセン。

自分で忙しさの種を蒔いている部分もあるので
文句ばかり言ってはいられないのですが、
もうちょっと集中して撮影したいなぁ、
と思ってます。



 
by TamaWakaba | 2013-12-17 00:35 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

高空遥か Airbus A380 / Boeing 787 (ANA特別塗装機)



世界最大の旅客機と
世界最新鋭の旅客機。

空をゆくその姿、

美しい。


a0155104_234225.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2342091.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_23415615.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_23415424.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (部分トリミング)

Airbus A380-861
機番:HL7612
KAL17 (大韓航空17便)
ICN→LAX (仁川国際空港→ロサンゼルス国際空港)
長野県大町市上空
37,000ft (高度 11,277m)
505kt (速度 935km/h)


a0155104_23415293.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_23413547.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III









a0155104_23413394.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_23413140.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (部分トリミング)

Boeing 787-8 Dreamliner
機番:JA801A (ANA特別塗装機
ANA885 (全日空885便)
HND→TOY (羽田→富山)
長野県北安曇郡松川村上空
27,850ft (高度 8,488m)
457kt (速度 846km/h)



a0155104_23412923.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2341282.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_23412682.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III







エアバスA380。
初めて撮影しましたが、とにかくデカいです。
さすがは世界最大の旅客機。
全長: 73 m
翼幅: 79.8 m
最大離陸重量: 560トン
定員:525名
11キロ上空を飛んでいるというのに、
凄まじい存在感を感じました。
さらに幸運なことに光の具合が良く
極太の飛行機雲が七色に輝くシーンを撮影成功(≧∇≦)

ボーイング787。
JAL機との遭遇に引き続き、
ANAの787とも出会うことができました。
またもや幸運なことに、この機体はANA特別塗装機(JA801A=ANA納入1機目)なのでした。
787はシルエットがものすごく美しい。
大きな旅客機なのに、繊細な工芸品を見ているようです。
翼端の衝突防止灯は一般的なフラッシュライトではなく、LEDを使用しており、
他の飛行機が「チカッ・・・チカッ・・・」と光るのに対し、
「チーカ・・・チーカ・・・」と未来的な光り方をします。
一度だけ夜間飛行を目撃しましたが、これまた忘れがたい美しさです。
(写真にするのは難しいですが)

長野県からは大きな空港がどこも遠くて
メジャーな旅客機を間近で見ることが難しく、
半ば諦めムードだったのですが、
こうやってはるかな上空をすっ飛んでいく飛行機撮影に目覚め、
その美しさに最近はまりつつあります。



 
by TamaWakaba | 2013-08-19 00:41 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

空と飛行機雲

自宅の窓から見える空(1枚目を除く)


雲も飛行機も

鳥も月も

この空をゆくものが

いとおしい。


a0155104_1039018.jpg
EOS5D Mark III + EF16-35mm F2.8L II USM






a0155104_10385845.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III
アシアナ航空 202便 ソウル仁川国際空港 → ロサンゼルス国際空港
ボーイング747-48E 「HL7428」
千曲市上空 高度33,000フィート(10,058m) 速度510ノット(945km/h)







a0155104_10385616.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_10385284.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III
アメリカン航空26便 ソウル仁川国際空港 → ダラス・フォートワース国際空港
ボーイング777-223ER 「N783AN」
長野市上空 高度30,000フィート(9,144m) 速度500ノット(926km/h)







a0155104_10385055.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III
タイ航空692便 ソウル仁川国際空港 → ロサンゼルス国際空港
ボーイング 777-3AL(ER) 「HS-TKN」
戸隠上空(概) 高度31,000フィート(9,449m) 速度510ノット(945km/h)







a0155104_10535673.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM







a0155104_10384661.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM






a0155104_1038459.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_10384342.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_10384134.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_10383961.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III







近況&告知:
(その1)
 明日(8月1日)8:30~ TBS系列 『はなまるマーケット』 に、氷彫刻家の平田浩一さんが生出演されるようで、
そのコーナーでこのブログから平田さんの写真が何点か使われるかも・・・のようです。
ひょっとすると、全然使われないかもしれません。
「かもしれない」的な表現で誠に恐縮です。
なぜかというと、番組スタッフの方からメールがあり、お返事したのですが、
その後なんの音沙汰もないからです。
生ぬるい期待でご覧頂ければ幸いです。

(その2)
今年は無理かなと思っていた郷里の祭 (リンク先は昨年の模様)を強行軍で撮影して来ました。
いろいろと驚きの出逢いがありまして思い出深い撮影となりました。
現在、選定&現像に取り掛かっています。
でき次第、アップしたいと思います。

(その3)
今回の写真の殆どは部屋の窓から撮ったものです。
幸いなことに、長野市近辺の上空は成田に着陸するアジア方面からの国際線と、北米方面に向かって日本上空を通過する国際線の通り道になっており、ジャンボジェット機(B747)をはじめとしていろいろな機体が飛び交います。
夏になって上層の大気が変わり、あんまり飛行機雲がでなくなってしまったのですが、
これらの日は寒気が流入していて、美しい飛行機雲を見ることができました。
中でも虹色の飛行機雲は初めてです。
撮影のため、網戸を開け放って撮っていたのですが、
その間に大量の蚊が屋内に侵入し
その夜、体中をボコボコにやられました。
蚊も一応、空をゆく生き物ですが、
全くいとおしくありません^^;

by TamaWakaba | 2013-07-31 11:00 | 飛行機(民間機) | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

鳥になる ― グライダーを撮る ―

長野市若穂綿内 長野市滑空場
長野グライダー協会


ひとたび空に上ったら
いかなる動力の手も借りず
風の力だけで
何時間も自由に飛んでいる。

ああ、人間はついに
鳥になったのだな、
と思う。


JA21YP / ASK21(アレキサンダー・シュライハー

a0155104_625141.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_624093.jpg
EOS5D Mark III + EF16-35mm F2.8L II USM


a0155104_623198.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_622364.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_614796.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_613491.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_612157.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_559510.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III






JA2518 / SZD-50-3 Puchacz (Allstar PZL Glider Sp. z o.o.

a0155104_5585715.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_558161.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_5581426.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_5581122.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_558860.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_558452.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_558197.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III





JA23AE / Discus-2cT (シェンプヒルト

a0155104_5575623.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_557523.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_5574388.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_5574118.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM


a0155104_5573828.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_557359.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_5573376.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_5573286.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_5573012.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III


a0155104_5572879.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




風の恩恵を最大限活用するためのフォルム。
その姿は美しくそして優雅です。
飛んでいるというより「舞っている」という言葉がしっくりきます。
今度はもうちょっと近くに行って見学させてもらおうかと思っています。
by TamaWakaba | 2013-07-13 06:50 | 飛行機(民間機) | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

成層圏をゆく



地平線はいよいよ丸く、
深い蒼色に満たされた場所を。

a0155104_22234856.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



a0155104_22232469.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



a0155104_22231945.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



a0155104_22231435.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



a0155104_2223690.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



a0155104_2223194.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



a0155104_22225757.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


KOREAN AIR9276/HL7438/Boeing 747-4B5ERF
38000ft(11582m) / 430kt(793km/h)

a0155104_22225363.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



a0155104_22225094.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



ボーイング787 復帰に向け訓練飛行中!

JAL4387便 / 機番:JA824J
Boeing787-846 "Dreamliner"
2013年5月18日 午前11時52分
長野市上空
高度:24000ft (7315m)
速度:466kt (883km/h)



長野市上空を飛行するB787(高度約7000メートル、時速約900キロ)
a0155104_2241978.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (トリミング)

主翼の機番『JA824J』を撮影に成功
a0155104_2241755.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (トリミング)

土曜日の午前中、何気なくflightradar24を眺めていたら、
成田から出発して新潟上空で引き返す飛行機を発見。
日本航空4387便・・・トラブル発生か!?
見ればまっすぐ長野市を目指して進んでいる。
これは撮るしかない!
と500ミリを担いで庭先へ。
a0155104_2241510.jpg


すると、
長野市の上空を通常ではありえない高度
(長野上空はだいたいみんな3万フィート以上で飛んでる)
で飛んでくる旅客機を発見。
それで撮ったのが上の写真。
比較的低空を高速で飛んでるので、
あっという間に視界から遠ざかります。

で、写真を拡大してみると
どこか見覚えのあるシルエット。
特徴的な刃物みたいな主翼。
エンジンナセルのギザギザ。
これは!787じゃないかー!

主翼には『JA824J』の機番が。

急いでネット検索してみると、
なんとこの機体、一連の787不具合騒動の中、
ボストン空港と成田空港で燃料漏れを起こした奴だったことが判明。

787は就航直後からいろんなトラブルに見舞われて
1月から運行停止となっていましたが、
どうやら
機体の改修も終わって、いよいよ復帰に向け
訓練飛行を開始している模様です。
(トラブルでの空港引き返しじゃなくてホントに良かった・・)

ホッとしつつ再びflightradar24を確認すると、
彼はそのまま名古屋上空まで高度を下げつつ直進して、
名古屋中心部を迂回するように右回りしたあと
海上へ。
a0155104_224973.jpg



そして無事、中部国際空港(セントレア)
に着陸したのでした。
a0155104_224797.jpg



これが今回の飛行ルート。
成田から新潟までは国際線(ヨーロッパ方面)の出発経路、
新潟からセントレアまでは北海道から名古屋大阪方面に降りる便が
よく使うルートです。
遠出する振りをして引き返す、
トラブルか訓練飛行でなければこんなルートでは飛びません。
貴重なものを見ることができました。
a0155104_2244100.jpg


それ以上に、
元気になった787を肉眼で見られたのは
ほんとに嬉しかったです。
787はかなりの部分(特にボディ)が日本の技術で成り立っている新鋭機なので
ぜひとも今後はトラブルを起こさずに頑張ってもらいたいものです。

それにしても、

下から撮ってるだけじゃなく
飛行機乗りたいなぁ・・・
とほほ。


 

by TamaWakaba | 2013-05-20 00:08 | 飛行機(民間機) | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

中部国際空港(セントレア)― 空に繋がる場所 ―

愛知県常滑市 中部国際空港 (セントレア)




どうしても飛行機が見たくなって
300キロ彼方のセントレアへ
ひとり出かけました。

空の広い場所にいると
胸がスカッとします。

馬鹿でかい金属の塊が
舞い上がっていく姿をみると

無理だと思ったことも
案外できるかもしれない

と、思ったりします。


a0155104_20594628.jpg




a0155104_20595219.jpg




a0155104_20595782.jpg




a0155104_210266.jpg




a0155104_210784.jpg




a0155104_2101296.jpg




a0155104_2101749.jpg




a0155104_2102570.jpg




a0155104_210291.jpg




a0155104_2103450.jpg




a0155104_2103890.jpg




a0155104_2104399.jpg




a0155104_2104739.jpg




a0155104_2105515.jpg




a0155104_2111826.jpg




a0155104_2112498.jpg




a0155104_211281.jpg




a0155104_2113344.jpg




a0155104_2114171.jpg





EOS5D Mark II
EF500mm F4L IS USM

by TamaWakaba | 2009-09-11 23:59 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

中部国際空港(セントレア)― 空に手を振る ―

愛知県常滑市 中部国際空港(セントレア)



夕暮れ近い太陽が、
空港を柔らかく照らしていました。
a0155104_21341764.jpg




a0155104_2134221.jpg




a0155104_21342675.jpg




a0155104_21343097.jpg




a0155104_21343398.jpg




a0155104_21343751.jpg




a0155104_21344199.jpg




陽も傾いてきました。
a0155104_21344672.jpg




そろそろ、帰りましょうか。
a0155104_21345042.jpg




高速道路の光の列が、
まるで滑走路みたいでした。
a0155104_21345439.jpg





EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM

by TamaWakaba | 2009-09-11 23:58 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

果てしない蒼

四国沖 高度26000フィート(6000m)
B737-700 (ANA)




次第に黒さをまとっていく青色。
そうか、
ここは宇宙の入口なのだ。

a0155104_1626547.jpg




a0155104_1626928.jpg




a0155104_16261313.jpg




a0155104_16261717.jpg




a0155104_1626214.jpg




EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM

by TamaWakaba | 2009-06-16 23:59 | 飛行機(民間機) | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
  -    -  



撮影 : 球わかば


by 球わかば

プロフィールを見る

アクセスカウンター

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

ブログ改装中
at 2017-03-23 00:23
外食日記 金沢市『酒房 猩々』
at 2017-03-17 02:33
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:09
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:08
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:07
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:06
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:05
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:04
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:03
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:02

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
安曇野の白鳥
ニホンカモシカ
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
物撮り
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他

未分類

タグ

(121)
(100)
(90)
(78)
(73)
(65)
(56)
(50)
(46)
(43)
(40)
(36)
(33)
(32)
(29)
(26)
(24)
(14)
(10)
(1)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月

最新のコメント

sakuramoon77..
by TamaWakaba at 02:00