▼ 

カテゴリ:お知らせ( 8 )

 ▲ 
 ▼ 

ブログ改装中


a0155104_23501205.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

 このブログも開設後相当時間が経過しまして、各所にいろいろとガタが出てきました。

 中でも、ブログの外観(デザイン)を決める「ブログスキン」は、かなり古い構造のものを突貫工事的な手直しを重ねながら使ってきたので、この先の信頼性がいささか怪しくなってきていました。
 そこで、今までのデザインを踏襲しつつ、今回ブログスキンの構造を根本から作り直す作業を行うことにしました。

 現在、とりあえずの工事が完了して、新しいブログスキンが適用されています。
 「何にも変わってねぇじゃねえか!」と言われそうですが、中身がかなり変わってます。
 建物のリフォームとは逆で、外観はそのままに中身を木造から鉄筋コンクリートにしたくらいの勢いで変わってます。
 骨組みとなるHTMLと外観を決めるCSSを全部書き直しましたが、細かい部分についてはまだ調整中ですのでご了承ください。

 また、記事のカテゴリとタグの振り分けについても抜本的に見直しを行っています。

 この先ずっと使えるブログを目指して、もう少し工事を頑張りたいと思います。
 
 

by TamaWakaba | 2017-03-23 00:23 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

近況

長野県安曇野市明科

a0155104_21323780.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


しばらく更新できず申し訳ありません。
今のところ、先日の氷彫フェスタの記事に
かかりきりとなっていますが、
ここ最近、公私ともに多忙になってしまい、
なかなか捗りません。

ちなみに、回数は行けていませんが、
白鳥もちゃんと撮ってます。
ただ、今年もある程度まとまった形でご覧頂きたいと考えていますので、
もうちょっと撮りためる必要がありそうです。

時事ネタですが、
交響曲『HIROSHIMA』の佐村河内守氏のゴーストライター問題が
かなりの波紋を巻き起こしてますね。
私もこのCDを買って、すり減るくらい聴いていたので
このニュースには大きなショックを受けました。

しかしながら、
この後に予想されるゴタゴタについては
どちらかと言うと、どうでもいいです。
誰が曲を書こうが、その曲が作られた背後にどのような事情があろうが、
曲の良否には関係ないわけで、
佐村河内氏が書いたんではなくて、
ゴーストライター氏が書いた曲であるならば、
「お、ゴーストライター凄いな!」
ということになるだけの話です。

そんなことよりも
最も心配しているのは、
くだらないスキャンダルの波に揉まれて
こういう重厚な交響曲を作れる作曲家が社会から葬られてしまうことです。

関係者が落とし前をつけることは必要なのかもしれませんが、
真の作曲者の才能だけは
社会的に摘み取らないで欲しいと願っています。

今回の件を受けて、
もう一度CDを聞き直してみましたが
今までと同じく
心が震えるような素晴らしい曲でした。

というわけで、
交響曲『HIROSHIMA』聴きながら
写真作業に戻ります。
by TamaWakaba | 2014-02-05 22:00 | お知らせ | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

祝 ポップアップ復活

画像ポップアップ選択制リリース(エキサイトブログ向上委員会)


画像ポップアップ復活!
ありがとう!
エキサイトブログ!


(上のポップアップの様子はイメージであり、実際の仕様とは異なります^^;)

これからも
エキサイトで
ブログ
続けます!




先般告知のあった「画像ポップアップ選択制」が本日遂にリリースされました。
詳しくは以下の記事(エキサイトブログ向上委員会)をまずご参照下さい。

画像表示における選択制の導入と「画像一覧」メニュー

これでようやく従来どおりの表示ができるようになりました。
やはりポップアップは良いですね!
「クリック→ポップアップで拡大→クリック→閉じる」
このシンプルで直感的で美しい一連の流れ。
これぞエキサイトブログです。

これからも是非、ユーザーの声にいつも耳を傾けるエキサイトブログでいて下さい。

そして、遅くなりましたが・・・

今回の件でお力添え頂いた皆様に
心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。



 
by TamaWakaba | 2013-03-21 21:14 | お知らせ | Trackback | Comments(14)
 ▲ 
 ▼ 

猛回顧


思うところあって、
今まで撮り貯めた
数万枚の写真を
最初から全部見直しています。


a0155104_9191790.jpg
EOS5D Mark II + EF500mm F4 L IS USM


掘り出し物があれば、掲載します。

この辺で、
自分の写真の何が良くて、何がダメなのか
何が足りないのか、
ゆっくり考えたいと思います。

ではでは・・・

↓ ↓ ※掘り出し物は順次この下に掲載します。 ↓ ↓




a0155104_1631063.jpg
EOS5D Mark II + EF50mm F1.2L USM




a0155104_11461119.jpg
EOS7D + EF500mm F4 L IS USM




a0155104_22325099.jpg
EOS5D Mark II + EF70-200mm F2.8L IS II USM




a0155104_11233579.jpg
EOS7D + EF500mm F4 L IS USM




a0155104_11325525.jpg
EOS5D Mark II + EF135mm F2L USM




a0155104_1162078.jpg
EOS5D Mark II + EF180mm F3.5L Macro USM




a0155104_23141827.jpg
EOS5D Mark II + EF35mm F1.4L USM




a0155104_22524417.jpg
EOS7D + EF500mm F4 L IS USM




a0155104_16473474.jpg
EOS5D Mark II + EF100mm F2.8L Macro IS USM





by TamaWakaba | 2012-12-11 09:34 | お知らせ | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

著作権及び写真の使用について

(2017年4月5日改訂)

1 著作権について
  当ブログに掲載した写真及び文章(引用したものを除く)の著作権はすべて、球わかばが保有しています。
  これは、いかなる場合も放棄するものではありません。

2 インターネット上への転載について
  個人の開設したウェブサイト及びブログ、画像掲示板、Facebook、Twitter、Tumblr、
 その他のSNSへの写真の転載は自由ですが、必ず下記の条件に従ってください
  ガイドラインに準拠しないものを発見した場合、削除依頼等の必要な措置を講じます。
  
3 写真利用に関する条件 (個人・非営利)
  (1) 社会通念上、公序良俗に反しない目的での使用であること。
     特定の政治的または宗教的思想に関係しない使用であること。また、それらの宣伝に用いないこと。

  (2) 写真に過度の改変を加えないこと。
     ※ 過度の改変とは、その写真の表現を阻害するような改変を指します。
        (例)色調の変更、他の写真との合成、大規模なトリミング等。
     ただし、写真を背景としたレイアウト的な改変(文字入れ等)は自由です。

  (3) 転載元を明らかにすること。
    原典を明らかにするため、わかりやすい場所に必ず、
    「当ブログのURL」及び「当ブログのタイトル」を明記してください。
    可能な限り、当ブログトップページか、当該記事にリンクを貼ってください。

    ※画像への直リンクは禁止です。

  (4) EXIFデータの削除・改変禁止
      当ブログに掲載した写真は、EXIFデータに撮影情報及び著作権情報が含まれています。
      EXIFデータは削除・改変しないでください。

  (5) 人物が特定できる(顔が写った)写真の使用禁止
     当ブログには、人物が特定できる写真が多数掲載されています。
     これらは、球わかばが個人的な判断と覚悟に基づき掲載しているものです。
     掲載に起因するトラブル等、一切の責任を球わかばが負っています。
     従って、これら人物が特定できる写真の二次的使用は
    その使用者に無用の責任を転嫁することとなるだけでなく、
    二次使用が被撮影者へ与える損害も予測不可能です。
     以上の事情をご理解いただき、
     容貌等、人物が特定できる写真については厳に使用をご遠慮下さい
     但し、後ろ姿、大きくぼけた人物等の写真はお使いいただけます。
     グレーゾーンと思われるものについては、個別にご相談下さい。

4 写真の商用利用
  当ブログに掲載している写真の商用利用については、必ず事前に下記メールアドレスまでご連絡ください
  使用の可否については追って回答させていただきます。
  また、必要に応じ、原版に近い高解像度の写真をご提供できる場合があります。
  
  また、商用利用にあたっては、以下の事項をお願いしています。

  (1) 撮影者及びブログ名の表示
     映像メディアの場合、当該写真を表示中の映像上に
    「撮影者名」及び「ブログ名」を表示すること。
     書籍等への掲載の場合、
    しかるべき場所に撮影者名もしくはブログ名を明記すること。
     上記ともに、可能な限りブログURLを併記すること。

  (2) 写真使用料について
     写真の使用料は基本的に不要です。
     但し、書籍等、印刷メディアの場合は、見本誌を提供して頂けると嬉しいです。

      
6 連絡先

  上記メールアドレスまでご連絡ください。
    
  

  
by TamaWakaba | 2008-01-31 00:00 | お知らせ
 ▲ 
 ▼ 

リンクについて

1 リンクについて
  当ブログは全面的にリンクフリーです。
  いかなるページにも、自由にリンクしていただくことができます。
  (SNS等への転載については別記「著作権および写真の使用について」の第2項をご覧ください)

  なお、リンクの際に事前承認や事後連絡は必要ありません

  リンク切れ防止のため、画像への直リンクはご遠慮ください。
by TamaWakaba | 2008-01-31 00:00 | お知らせ
 ▲ 
 ▼ 

「球わかば」のプロフィール

(ver.2017.04)

a0155104_23411776.jpg【ニックネーム】:球わかば(たま わかば)

【性別】:男性

【年齢】:よそじ

【住所】:長野県(昔、千葉県船橋市&柏市に数年)

【性格】:ものぐさに端を発する根拠なき楽観主義

【経歴】:幼少の頃から、ありとあらゆることに興味を持ってかじりまくるが、無駄に知識だけが増えただけで結局身につかず・・・と思ったら、今になって写真に全て集約されて超ラッキー。最近は「何はなくとも写真が撮れればまあいいや」と思い始めている。

【興味・趣味】:知らない土地へのドライブ 料理 雑学収集 そして何よりも「写真」。

【特に影響を受けた写真家】:土門拳 木村伊兵衛 父親 写真ブログをやっている多くの方々 

【特に影響を受けた作家】:椎名誠(エッセイ・SF) 夢枕獏(SF) 恒川光太郎(SF) 立花隆(ノンフィクション) 杉山隆男(ノンフィクション) 山根一眞(ノンフィクション) ミヒャエル・エンデ(ファンタジー)

【好きな場所】:空が広くて近いところ 海辺(でも海水浴は苦手) 掛け流しの温泉 神社仏閣 博物館と美術館 空港と自衛隊基地。etc...

【好きな音楽】:クラシックから昭和歌謡まで何でも聴くが、最近ではユーロジャズのピアノトリオ

【ニックネームの由来】
1 球体になぜか惹かれてしまう癖あり→「球」
2 写真初心者だったので→「わかば」
3 発音が全部「あ」段で面白い。
4 性別不明のヘンテコな名前にしたかった。
5 誰も使っていない名前(当時のGoogle検索で同名の人がいなかった)。
 ブログ開設にあわせて「とりあえず」という感覚で付けるも、情が湧いて今でも継続使用中。

【ブログ名の由来】
1 特定のジャンルを意識させず、かつ「なんだそれ?」という意味不明感のあるもの。
2 なんとなく耳に残る語感。
3 「晴れ」と「雨」みたいな、二律背反の状況にこそドラマは生まれるぞ、という期待感。
4 誰も使っていないブログ名(当時のGoogle検索で、同じ固有名称がヒットしなかった)。
  我ながら変なブログ名だと思う。

【写真遍歴】
 学生時代、星景写真を撮ろうと思い、父親から一眼レフを借りたが、フィルムの装填に失敗して1枚も撮影できず。
 「シャッタースピード」とか「絞り」とかを親父から説明を受けるが、当然ながらチンプンカンプン。
 一眼レフなんて面倒だ、と思ってカメラから遠ざかる。

 数年後、初めて買ってもらったパソコンでWEB制作を始める。
 自分のウェブサイトで、空をモチーフにしたデスクトップ壁紙とかアイコンを製作・配布する。

a0155104_23501145.jpg 素材集めのため、初のデジカメ「Canon PowerShot G1」を購入。値段交渉のため秋葉原を半日かけて歩き回る。
 デジカメで空やアマガエルを撮るうちに「何となく」写真に目覚める。
往年のコンデジ。補色フィルターのCCDで発色がイマイチ&発熱が凄まじいが、明るいレンズで結構な高級機だった。今なお続くキヤノンのPowerShotGシリーズの第1弾。


 さらに数年後、
 公私共に忙しくなって、創作活動から遠ざかる。
 デジカメもいよいよスペック不足になり、写欲が失せる。

 さらに数年後、
 仕事に忙殺される日々が続く。
 休日は非生産的な暇つぶしに明け暮れ、心のスキマが広がる。

 食って寝て働いて、というあまりにも消費消耗一辺倒の毎日に、
 「今ここで死んだら、自分が生きていた証拠が何も残らないのではないか」
とアホなくらい真剣に悩む。
 どうせなら「形に残ることをやりたいなぁ」とぼんやり考える。

 とはいえハイパー三日坊主なので、日記とかは絶対無理(過去に何度も挫折済み)。 
 その時、昔コンデジで空やカエルを楽しく撮っていたことを思い出し、「写真ならできるかも」と閃く。
 が、多忙な毎日に無情にも時は流れる。

 職場のとある研修会で、他の支店から来た同僚がデジタル一眼を持っており、それをさりげなく見せびらかしてくる。
 内心ではコノヤローと思いつつ、手に取って何枚か撮らせてもらう。
 その美しい写りに衝撃を受ける。
 自分の求めていたものはコレだ!と気づく。
 デジ一眼への欲望が急速に膨れ上がる。

 思い詰めた挙句、
 2007年4月、
 「Canon EOS 5D(初代)」購入。
 キヤノンにした理由は、親父がキヤノン党だったから、何となく。
 最初に導入したレンズは、
 ・EF24-70 F2.8L USM
 ・EF100mm F2.8 Macro USM
 ・EF300mm F4 L IS USM
 初心者が手を出すにしてはレベル的にも金銭的にも無謀すぎる選択だった、と今になって思う。

a0155104_23384226.jpg←現存する最古(?)の写真(初ショットから187枚目)。
 写真によって明るすぎたり暗すぎたり、思うように撮れず相当ヘコむ。
 この頃はまだ「露出補正」という概念すら理解していなかった。


 撮りたかったアマガエルの写真を一通り撮り終えると、撮影の頻度は目に見えて減る。
 「何をどうやって撮ったらいいか」がわからない。
 家族の日常とか、地元の祭をちらちらと撮るが、後が続かない。
 ただでさえ重くて大きい一眼レフを持ち出しても、自分の思ったような写真はなかなか撮ることができない。
 「一眼レフならいい写真が撮れるかも」という当初の期待を打ち砕かれ、次第に面倒くさくなってくる。

 カメラ一式を放置して無視を決め込んでいると、どこからともなく聞こえてくる「あんなに大枚はたいて買ったカメラどうするんだ・・・」という心の声に苛まれる。このままではヤバい。

 まずは写真のイロハを勉強しよう、と思い立つ。
 ネット上を徘徊して写真が上手な人のブログを探しては、掲載されている写真のEXIFを片っ端から覗く。
 EXIFに記録された撮影時のシャッタースピードや絞り値、露出補正値などから、「カメラの設定によって、写真がどう変わるのか」「撮るシーンによってカメラの設定をいかに変えるのか」を多くの実例から学ぶ。
 ゆえに、写真の初歩を教えてくれた先生は、ネット上の諸先輩方。

 土門拳との出会い。
 写真に対してこれほど真っ直ぐに人生を捧げた人がいたのか、と衝撃を受ける。
 写真とはそれほどの価値があるものなのだ、と再認識。
 その後の自分の写真に対する姿勢を方向づけるきっかけとなる。
 写真技術の先生がネット上の諸先輩方だとすれば、写真の「心」の師匠は土門拳かもしれない。

 被写体に執着して撮るようになり、ちょっとずつ写真が面白くなってくる。

 人生の曲がり角。
 当時の自分にとっては「お先真っ暗」な出来事が私生活で起こる。
 ポッキリ心が折れ、何もかもが嫌になって、ため息ばかりの日々が続く。
 辛い現実を忘れたくて、仕事の帰り道にカメラを持ってさまよい、シャッターを切る。
 夢中で撮っている間は、辛いことが頭のなかから一切消えてなくなっていることに、その時ふと気づく。

 現実逃避するために撮りまくる。

 次第に写真のコツがわかってくる。

 俄然面白くなってくる。

 写真にハマる。

 日々撮った写真が溜まっていく。
 自分の写真を、誰かに見てもらいたいなぁと思う。
 かつてお世話になったネット上の諸先輩方のことが頭に浮かぶ。
 「自分もブログを作れば、誰かが見に来てくれるかもしれない」

 2008年1月23日。
 寒気を伴った低気圧が発達しながら太平洋岸を進み、
 関東地方に雪を降らせたこの日。
 安曇野にも湿った大粒の雪が大量に降っている。
 夜勤明けの帰り道、車を運転しながら
 ふと、
 「今日からブログを始めよう」
と思いたつ。
 そして、最初の記事にすべく、車を道端に止め、雪景色にカメラを向けた。
 




 それ以降、写真がライフワークとなり、今日に至る。


by TamaWakaba | 2008-01-31 00:00 | お知らせ
 ▲ 
 ▼ 

メディア掲載履歴

※画像の使用については「著作権および写真の使用について」をご覧ください。

― 書籍・雑誌等 ―

○ 偕成社 図鑑 (実名掲載のため書籍名は非公開)

○ 講談社 『リケジョ』マガジン 第34号 2015年 関連記事 


― 映像メディア ―

○ 日本テレビ『未来シアター』2013年2月22日放送 『氷彫刻師』番組HP 関連記事

○ TBS 『はなまるマーケット』2013年8月1日放送 「とくまる」コーナー
  氷彫刻師 平田浩一さん生出演 関連記事

○ テレビ朝日『若大将のゆうゆう散歩』2015年3月12日放送 『日本一の氷彫刻職人』 関連記事

○ 日本テレビ『羽鳥慎一モーニングショー』2016年2月23日放送 「聞きトリ」コーナー
  「グランプリ16回!世界一の氷彫刻師仰天スゴ技を聞きトリ」 関連記事



by TamaWakaba | 2008-01-31 00:00 | お知らせ
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

古代ハス「大賀ハス」のこと ..
at 2017-08-19 11:41
山霧
at 2017-08-16 17:57
ハスに夏の日差し ― 蓮記2..
at 2017-08-13 21:19
千曲川納涼煙火大会2017 ..
at 2017-08-09 22:24
雉(キジ)に会った
at 2017-07-31 21:54
祭囃子妖艶2017【前編】 ..
at 2017-07-28 00:37
祭囃子妖艶2017【後編】 ..
at 2017-07-28 00:36
ハスに水滴 ― 蓮記2017..
at 2017-07-20 16:20
稲泉寺の守り猫
at 2017-07-13 22:34
5D4試し撮り その2
at 2017-07-10 23:41

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(40)
(19)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

sarutvさん あり..
by TamaWakaba at 11:47

ブログトップ | ログイン