▼ 

カテゴリ:その他の建造物・神社仏閣( 21 )

 ▲ 
 ▼ 

北向観音

長野県上田市別所温泉 北向観音


善光寺が来世の利益、
北向観音が現世の利益をもたらすということで
善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われる。
(Wikipedia「北向観音」より)


a0155104_16525170.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16524680.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16524114.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16523776.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16523380.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16522713.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16522280.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1652047.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16515619.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16515238.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + HDR



a0155104_16515054.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16514844.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + HDR



a0155104_16514353.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16514040.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_165135100.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM


a0155104_16513766.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16512379.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16512233.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16512054.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16511889.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_16511685.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM




by TamaWakaba | 2013-03-13 17:05 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

雨の古刹 ~山形村 清水寺~

長野県東筑摩郡山形村 清水高原 「慈眼山 清水寺


雨に煙る
山奥の古刹。

気配に
満ちています。


a0155104_1961410.jpg





a0155104_196115.jpg





a0155104_1961074.jpg





a0155104_196618.jpg





a0155104_196888.jpg





a0155104_196363.jpg





a0155104_196021.jpg





a0155104_1955861.jpg





a0155104_1955666.jpg





a0155104_1955486.jpg





a0155104_1955188.jpg





a0155104_1954962.jpg





a0155104_1954723.jpg





a0155104_1954446.jpg





a0155104_1954389.jpg





a0155104_1954169.jpg





EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM

by TamaWakaba | 2011-11-12 19:11 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

光前寺新年 (前編)

長野県駒ヶ根市 光前寺


人はこの時期

最も信心深く、

そして
最も

欲深い。

a0155104_1065239.jpg




a0155104_1064916.jpg




a0155104_1064739.jpg




a0155104_1064613.jpg




a0155104_1064461.jpg




a0155104_1064221.jpg




a0155104_1063847.jpg




a0155104_1063625.jpg




a0155104_1063498.jpg




a0155104_1063398.jpg




a0155104_1062949.jpg




a0155104_1062747.jpg




a0155104_1062665.jpg




a0155104_1062360.jpg




a0155104_106196.jpg





~後編に続く~

by TamaWakaba | 2011-01-05 10:10 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

光前寺新年 (後編)

a0155104_10121461.jpg




a0155104_10113326.jpg




a0155104_10113142.jpg




a0155104_10112921.jpg




a0155104_10112775.jpg




a0155104_10112598.jpg




a0155104_10111996.jpg




a0155104_10111751.jpg




a0155104_10111530.jpg




a0155104_10111333.jpg




a0155104_1011758.jpg




a0155104_1011586.jpg




a0155104_1011423.jpg




a0155104_101122.jpg




a0155104_1011037.jpg




a0155104_10105816.jpg




a0155104_10105620.jpg




EOS5D Mark II

by TamaWakaba | 2011-01-05 10:03 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback | Comments(12)
 ▲ 
 ▼ 

「こちら地球・・・」 ~臼田パラボラアンテナ(1)~

長野県佐久市臼田 臼田宇宙空間観測所



長野県佐久市。
幹線道路から10キロ入った
深い山林の中にそれはあります。

この施設が
車で行ける距離にあるということを
私は、ひょんなことから知りました。

それ以来、
そのことが頭に焼きついて離れなくなりました。

どうしても、この目で見てみたい!

そんな熱い気持ちが日に日につのります。
もう、行くしかない。
今、行くしかない。
熱い気持ちは抑えられず、
私は家を出ました。
とある深夜のことです。

佐久市までは約3時間の道のり。
八ヶ岳山麓を半周するルートです。
道中、何十頭もの鹿に見送られながら
車を飛ばしました。

臼田の市街地から西へ
住宅地を過ぎると
あとはずっと森の中です。

夜の森は深く、
いま自分がどこに向かっているのかも
分からなくなりそうです。

走っても走っても
蛇のようにくねる細い道が続きます。
もしかしたら、道を間違えたんじゃないか。
そんな不安が頭をよりぎます。

その時、
唐突に、
まったく唐突に、
黒い森の向こう側に
それは姿を現しました。

a0155104_22462777.jpg


夜空に浮かび上がる
巨大な建造物。

人里はなれた森の中に
誰がこんなものがあると想像するでしょうか。

そう、これこそ、
アジア最大の
巨大パラボラアンテナ。

JAXA(宇宙開発研究機構)
臼田宇宙空間観測所です。

時計は
あと少しで
午前3時になろうとしていました。

a0155104_2246360.jpg


誰もいない闇のなかで
直径64メートルの巨大なお皿が
まっすぐ天を仰いで
静かに光っていました。


a0155104_22455744.jpg



午前4時。
空が白みはじめました。


a0155104_22455254.jpg



もうすぐ、
夜が明けます。


a0155104_22454763.jpg



地球が生まれて以来
毎日欠かさず夜明けはあったのに、
そのたびに美しいのは
なんだか不思議なことです。


a0155104_22454355.jpg



時間は止まっているようで、
でも、空は刻々と
表情を変えていきます。

こうしている間にも
地球は確実に
回り続けてるんですね。


a0155104_2245385.jpg



午前4時52分。

日の出。


a0155104_22453368.jpg



太陽は身近なようで、
実はとても遠くにいます。
その距離約1億5000万キロメートル。
光の速さでも8分かかります。

ちなみに、
太陽の内部で生じた光が、
太陽の表面まで出てくるのに
ざっと100万年。

だから、
今日の朝日は
ずっとずっと大昔に
太陽が作り出したものなのです。

宇宙は、
想像もつかない
とんでもないスケールで
今日も動いています。


a0155104_2245306.jpg



朝日に照らされて
巨大なパラボラアンテナが
輝きます。


a0155104_22452447.jpg



むき出しのトラス構造が
印象的です。


a0155104_22452214.jpg



美術品とは違う、
「大きな目的」を達するための、
必然的な造形。

圧倒的な説得力を持った
美しさです。


a0155104_22451942.jpg



このアンテナが担っている
「大きな目的」とは何か。

それは、
宇宙探査機(人工衛星)
との交信です。


a0155104_22451574.jpg


1984年の建造以来、
数々の宇宙探査機と
通信してきました。

最近では、
小惑星探査機「はやぶさ」ミッションで
その名を広く知られるようになりました。

はやぶさは
このアンテナからの呼びかけに支えられ
直径数百メートルの小惑星に着陸、
致命的なトラブルを幾度となく乗り越え、
7年間で60億キロを飛翔して、
奇跡の地球帰還を果たしました。


a0155104_22451291.jpg



後ろの山中に見えるのは
直径10メートルのパラボラアンテナです。
電波天文衛星はるかとの交信を目的に建造されました。

64メートル鏡は、10メートル鏡の40倍、
探査機からの声を聞き取ることができます。

a0155104_2245647.jpg


それだけの利得を実現する大きさ。
高さは70メートル。
ただただ
見上げるしかありません。

a0155104_2245339.jpg



朝日をその巨大な身に受けながら、
宇宙を旅する探査機達からの呼びかけを、
アンテナは静かに待っていました。

a0155104_22445843.jpg



~臼田パラボラアンテナ(2)~ に続く


by TamaWakaba | 2010-08-03 00:32 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

「こちら地球・・・」 ~臼田パラボラアンテナ(2)~

(1)


白いパラボラアンテナには
夏の空が
よく似合います。


a0155104_151720.jpg



このように
アンテナが真上を向いて
盃のようになっている時、
アンテナは休止状態です。


a0155104_1513.jpg



ちなみに、
冬期間は休止状態の時、
アンテナはまっすぐ
臼田の街の方を向けてあるのだとか。

なぜかというと、
夏のように上を向けたままにしておいて、
万が一着雪してしまったりすると、
アンテナが運用できなくなってしまうからだそうです。

遥か彼方の
探査機の囁きを聞き取る
デリケートな機械。
激しく納得。


a0155104_143493.jpg





a0155104_143192.jpg





a0155104_142815.jpg





a0155104_142568.jpg





a0155104_14199.jpg




アンテナの周りの草原には
小さなパラボラアンテナが
咲き乱れていました。


a0155104_14172.jpg





a0155104_141444.jpg



さて、この辺で、
いかにこのアンテナが巨大なのか、
実際に見ていただくことにしましょう。


右下の方・・・
人です。


a0155104_141279.jpg



望遠で・・・
この日、アンテナを建造した三菱電機と
システムを納入したNECのエンジニアさんたちが
メンテナンスのために
アンテナに登っていました。
うらやましいなぁ。


a0155104_141040.jpg



横の黒い帯は、
仰角制御用の歯車です。


a0155104_14886.jpg



こんなに巨大でも、超精密機器なので
かなりの頻度でメンテナンスが必要なのだそうです。


a0155104_14064.jpg



この傘なら、
数千人が雨宿りできます。


a0155104_135721.jpg



泣く子も黙る三菱電機製。


a0155104_13554.jpg



真ん中の金属部分が
仰角の軸です。
その下の箱が
普通のサイズの空調室外機。
三菱電機製ということは
霧ヶ峰か?


a0155104_13531.jpg



たくさんのツバメ達が
アンテナの縁で
羽を休めていました。


a0155104_135191.jpg





a0155104_134754.jpg




「こちら地球・・・」 ~臼田パラボラアンテナ(3)~ に続く




by TamaWakaba | 2010-08-03 00:31 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

「こちら地球・・・」 ~臼田パラボラアンテナ(3)~

(1) (2)


ついにその時がやって来ました。

アンテナ起動。

モーターの低い駆動音とともに
自重1900トンのアンテナが
みるみる姿を変えていきます。

動画(YouTube) HD1080p
(EOS5D Mark IIで撮影)


a0155104_1422273.jpg



こんなに巨大な物が動くなんて・・・


a0155104_142195.jpg



もう、言葉になりませんでした。


a0155104_1421797.jpg



なんてデカイんだ。


a0155104_1421499.jpg



なんて美しいんだ。


a0155104_1421013.jpg



こうしている間にも、
このアンテナからは
太陽系のどこかにいる
1個の探査機に向けて
次々とメッセージが送られています。


a0155104_14289.jpg


そしてまた、

漆黒の宇宙をゆく
探査機が発する
囁きにも似た
微弱な声に
耳を傾けています。


a0155104_142623.jpg



はやぶさと話したときは、
地球の声を届けるのに
片道最長16分もかかりました。
会話するたびに
電波が3億キロを
行ったり来たりしたのです。


a0155104_14237.jpg



今は、
どの探査機と話しているのでしょうか。


a0155104_1415898.jpg




それはよくわかりませんが、



a0155104_1415278.jpg



この巨大なアンテナの根元で


a0155104_1414957.jpg




彼らの旅の無事を



a0155104_1414759.jpg



祈ることにしましょう。


a0155104_1414520.jpg



臼田宇宙空間観測所。


a0155104_141425.jpg



今日も
この白く巨大なアンテナは
地球を遥か離れ
孤独な旅を続ける探査機たちに
呼びかけ続けています。

「こちら地球・・・」
と。

a0155104_1414090.jpg




~最初に戻る~




ぜひ見ていただきたい動画
by TamaWakaba | 2010-08-03 00:30 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback | Comments(6)
 ▲ 
 ▼ 

霧の橋・樹海鳥瞰

山梨県北杜市 八ヶ岳高原大橋




霧の橋は
広大な森の谷に架かっている。
はるか下を
雲が流れていく。

そうか、鳥たちは
こういう景色を見ていたのか。

a0155104_111522.jpg





a0155104_111365.jpg





a0155104_125584.jpg





a0155104_1105595.jpg





a0155104_1104920.jpg





a0155104_1104126.jpg





a0155104_1103940.jpg





a0155104_1103673.jpg





a0155104_1103487.jpg





a0155104_1103114.jpg





a0155104_1102667.jpg






EOS5D Mark II
EF70-200 F2.8L II USM・・・1~4
EF16-35mm F2.8L II USM・・・5~11


『AVATAR』エンディングそのまんまの風景(^^;)
ちなみに、橋面から谷底まで110メートルの高さがあります。
高所恐怖症の人なら卒倒しかねない高度です。
上から見下ろす森は美しかったです(是非、クリック拡大でどうぞ)
by TamaWakaba | 2010-07-18 01:16 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

光前寺雨中

長野県駒ヶ根市 光前寺



ありふれたものを

ひときわ美しく見せるのだとしたら、

降り続く鬱陶しい雨も

どこか愛しい。


a0155104_233180.jpg





a0155104_2321036.jpg





a0155104_232546.jpg





a0155104_232131.jpg





a0155104_2315785.jpg





a0155104_2314876.jpg





a0155104_2314697.jpg





a0155104_2314380.jpg





a0155104_231411.jpg





a0155104_2313717.jpg





a0155104_2312937.jpg





a0155104_2312516.jpg





a0155104_2312321.jpg





a0155104_2312026.jpg





a0155104_2311862.jpg





a0155104_231157.jpg





a0155104_2311283.jpg





EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM
ズームレンズよりも、単焦点1本勝負のほうが
グッと気合が入るし、
私には合っているのかも・・・




雨の季節もようやく終わりが見えてきましたね(´∇`)
来たれ、青空!

by TamaWakaba | 2010-07-15 23:08 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback | Comments(10)
 ▲ 
 ▼ 

古刹早春

長野県伊那市 仲仙寺



a0155104_1224591.jpg




a0155104_12241793.jpg




a0155104_12242116.jpg




a0155104_12242641.jpg




a0155104_12243095.jpg




a0155104_12243570.jpg




a0155104_1224401.jpg




a0155104_12244412.jpg




a0155104_12244892.jpg




a0155104_12245367.jpg




EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM

by TamaWakaba | 2010-04-01 12:27 | その他の建造物・神社仏閣 | Trackback
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

古代ハス「大賀ハス」のこと ..
at 2017-08-19 11:41
山霧
at 2017-08-16 17:57
ハスに夏の日差し ― 蓮記2..
at 2017-08-13 21:19
千曲川納涼煙火大会2017 ..
at 2017-08-09 22:24
雉(キジ)に会った
at 2017-07-31 21:54
祭囃子妖艶2017【前編】 ..
at 2017-07-28 00:37
祭囃子妖艶2017【後編】 ..
at 2017-07-28 00:36
ハスに水滴 ― 蓮記2017..
at 2017-07-20 16:20
稲泉寺の守り猫
at 2017-07-13 22:34
5D4試し撮り その2
at 2017-07-10 23:41

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記

未分類

タグ

(40)
(19)
(8)
(6)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

sarutvさん あり..
by TamaWakaba at 11:47

ブログトップ | ログイン