▼ 

カテゴリ:イヌ( 3 )

 ▲ 
 ▼ 

犬の優しい顔

長野県上田市 別所温泉


いつか
こんな優しい顔をした犬を
家族に迎えて
静かに暮らすのだ。

きっと、そうするのだ。


a0155104_0103623.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE




a0155104_0103445.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE




a0155104_0103224.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE




a0155104_0102717.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


・・・犬はいいなぁ。




すいません、
久しぶりに2週間もブログを放置してしまいました。
物理的にというより、気分的に忙しく
あっというまに時は過ぎ、
もう8月ではないですか。

恒例の若一王子神社のお祭や
その他もろもろを撮影していますので、
順次アップしたいと思いますが、
まずは現像から・・・(汗)

そもそもパソコン部屋にはエアコンがなく、
日中は余裕で30℃超に到達し、
汗だくでPCに向かうのが辛いのと、
高温下でHDDを回してクラッシュするのが恐ろしく・・・

我ながら言い訳ばっかりでございます。

そうだ、気合だ。
by TamaWakaba | 2014-08-01 00:23 | イヌ | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

穏やかな日々

ペコ太(仮)



ペコ太は16歳。

爺ちゃん犬である。
人間ならば90歳近い。

日向ぼっこが大好きだ。

a0155104_173360.jpg



春先のよく晴れた日には
庭先の一角にごろりと横になって、
目を細めながら
ひはひは息をしている。


a0155104_173121.jpg



陽だまりの中のペコ太爺ちゃんは、
幸せそうだ。


a0155104_172958.jpg



最近はちょっと腰も痛いし、
目もよく見えなくなった。

一家の目覚まし時計だった
若い頃とはうって変わって、

今はお母さんに「朝ごはんだよ、起きろ!」って
ゆすり起こされたりしている。


a0155104_172746.jpg


だけど、
今も変わらず、
みんなのことが大好きだ。

一緒に散歩に行くこと、
一緒に遊んでもらうこと、
ちょっぴりおやつを貰うこと、
いっぱい撫でてもらうこと。

日向ぼっこよりも、
もっともっと大好きだ。


a0155104_17219.jpg



ほら、まだボクは
お爺ちゃんなんかじゃない。


a0155104_171760.jpg



ほら、こんなに
元気なんだから!


a0155104_171556.jpg



ペコ太爺ちゃんは
今日も、
陽の当たる庭先から
にらみを利かせている。


a0155104_17135.jpg



大好きなみんなを
守るため。


a0155104_171129.jpg


ちょっぴり腰は痛いけれど、
けっこう朝は辛いけれど、

家族のために
まだまだ頑張るのだ。

a0155104_17826.jpg



EOS5D Mark II
EF100mm F2.8L Macro IS USM
EF135mm F2L USM



・・・・・ペコ太(仮名)のこと・・・・・・
ペコ太に初めて会ったのは、
まだアスファルトの上に粉砂糖みたいな雪が
うっすら積もっている頃のことだ。

ペコ太は、家の玄関先につながれていた。
話に聞いていたとおり、たれ耳がとても可愛いらしい犬だった。
今は相当な老犬だが、
「若い頃は、それはそれはイケメンだったんだから」と飼主は言う。

私がカメラをもって近づいていくと
ペコ太は、初対面の私に向かって激しく吠えた。
ご老体といえど、いまだ番犬の心意気衰えることなく、
怪しい侵入者たる私を駆逐せんと、躍起になっているのだ。
私が「ごめんごめん」と言いつつ後ずさると、
ペコ太は、シッポを振りつつ傍らの飼主を見上げ、
「ねえねえ、怪しいやつを追っ払ったよ!褒めて!」
という顔をするのだった。

人間で言えば、齢90あまりのペコ太は
足腰もかなりヨタヨタしている。
しかし、そんな老体に鞭打ちつつ
なんとか番犬の使命を果たそうとするそのいじらしさを見るにつけ、
じんわりと温かい気持ちになるのだった。

なんとかこのペコ太爺ちゃんと友達になりたくて、
私は親愛の情丸出しで
何度もペコ太ににじり寄った。

すると、こちらの好意が伝わったのか、
こいつはバカそうだから大丈夫だ、と思われたのかは分からないが、
やがてペコ太は吠えなくなった。

しかし、ペコ太はこの怪しげな人間を
どう扱っていいのか困惑しているらしく、
私の手の匂いをかいでは、ちょっと離れて私を眺め、
戻ってきてはまた匂いをかぎ、
挙句の果てに、首をかしげて考え込んでしまう始末なのであった。

そんなぎこちない初対面から2ヶ月。
またもやふいに訪れた私を、
なんと、
ペコ太爺ちゃんは、ちゃんと覚えてくれていたのだった。
激しく吠える代わりに、ちょっとやる気のない尻尾の振りを交え、
ゆるい歓迎ムードで出迎えてくれた。
「なんだ、またきたの?」
という感じであった。
これは正直嬉しかった。

ちょっと気心知れただけで、
見えてくる犬の表情というものがある。

一番驚いたのは、ペコ太が時折見せる、時を超えた姿だった。
普段のペコ太爺ちゃんは見てのとおりヨボヨボなのであるが、
飼主に遊んでもらう時、時折、子犬のように若返った姿になる。
スターウォーズのヨーダ翁を彷彿とさせる、その溢れんばかりのエネルギーに
自然と頬が緩む。

どれほど年老いても、
飼主の前では、永遠の子犬なのだなぁ、としみじみ思う。
それはとても、暖かな光景だ。

16年前は、家族の中で一番若かったペコ太。
いつの間にか、みんなを追い越して、
今では一番のお爺ちゃんになった。

若い頃みたいに、
朝の風を切って走り回ることはできなくなったけれど、、
ペコ太は、今も変わらず
家族を愛し、家族に愛され、
穏やかな日々を
送っている。
by TamaWakaba | 2011-04-20 02:55 | イヌ | Trackback | Comments(8)
 ▲ 
 ▼ 

陽だまり犬 animal

長野県下高井郡山ノ内町 渋温泉



寒い日はこうして
あったかい陽だまりの中で
ウトウトするのです。

たまにやってくる人間が、
楽しそうに話しかけてくれるので、
いちおう、礼儀正しく
立ち上がってみるのだけれど、

やっぱり太陽があったかくて
そのままウトウトしちゃうのです。



a0155104_20252168.jpg




a0155104_20251829.jpg




a0155104_20251363.jpg




a0155104_20251220.jpg




a0155104_20251047.jpg




a0155104_2025839.jpg




a0155104_2025626.jpg




a0155104_2025490.jpg




a0155104_2025197.jpg




a0155104_2025094.jpg




EOS5D Mark II
EF24mm F1.4L II USM

by TamaWakaba | 2011-01-20 20:37 | イヌ | Trackback | Comments(8)
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

雨垂れ
at 2017-10-23 10:01
奥裾花自然園紅葉
at 2017-10-20 00:21
万座道路紅葉
at 2017-10-14 22:51
中秋の名月と善光寺参道
at 2017-10-12 00:36
中秋の名月と善光寺
at 2017-10-06 20:54
弁天岩からの夕陽
at 2017-09-29 21:06
墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-27 13:37
天の川、台風の後。
at 2017-09-25 17:56
墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-20 00:10
1000mmで月いろいろ
at 2017-09-15 23:23

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(40)
(21)
(10)
(9)
(6)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

こんにちは。 懐かしい..
by none33 at 13:58

ブログトップ | ログイン