▼ 

<   2010年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 ▲ 
 ▼ 

「おかえり」を言うために

長野県安曇野市穂高北穂高 狐島水田



彼らが到着したと聞いて、
居ても立ってもいられず、
雨の中たどり着いた
狐島の水田。

彼らは今年もちゃんと
この田んぼに
戻ってきてくれていました。

彼らと過ごす
4度目の冬が始まります。

a0155104_22384995.jpg




a0155104_22384622.jpg




a0155104_2238448.jpg




a0155104_22384219.jpg




a0155104_22383964.jpg




a0155104_22383716.jpg




a0155104_22383553.jpg




a0155104_22383090.jpg




a0155104_22382912.jpg




a0155104_22382647.jpg




a0155104_22382446.jpg




a0155104_22382273.jpg




a0155104_22382091.jpg




a0155104_22381824.jpg




a0155104_22381669.jpg




a0155104_22381434.jpg



EOS5D Mark II
EOS7D
EF70-200 F2.8L II USM
EF300mm F2.8 L IS USM
ほか

by TamaWakaba | 2010-10-30 22:56 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

「おとーと」と旅する

「むちむちおとーと」と、もけけ達




「おとーと」と
秋を旅する。

おとーとは
いつも静かに微笑んでいる。

a0155104_18425921.jpg




a0155104_18425594.jpg




a0155104_18425154.jpg




a0155104_18424922.jpg




a0155104_18424727.jpg




a0155104_18424560.jpg




a0155104_18424283.jpg




a0155104_18423840.jpg




a0155104_18423674.jpg




a0155104_18423479.jpg




a0155104_18423023.jpg




a0155104_1842278.jpg




a0155104_18574237.jpg




a0155104_18422413.jpg



「むちむちおとーと」。
いつもお世話になっている『犬魂猫魂』の主、マキさんによる作品である。


『二人の兄弟が暮らす、ルーの丘。
 そこには、猫も犬も、おばぁちゃんもグラマラスも、羊も恐竜も、
 みんな仲良く暮らしている。
 主人公は、『むちむちおとうとくん』5歳。知恵と勇気の男前。
 その兄『アニ』大学生。料理上手の風流者。等々たくさん。』


マキさんによるもうひとつのブログ『ルーの丘で』より抜粋

「むちむちおとーと」は、マキさんの描くイラスト世界の主人公である。
『ルーの丘で』
グラフィックデザインを生業とするマキさんが描く、物語絵巻。
ブログ初出は2009年9月。
しかし、マキさんによれば、
おとーとの原型は20年前すでにあったのだという。

はなから子供や人間を描くのが好きだったマキさんの頭の中で、
長い時間をかけて、おとーとは形作られていった。
「子供のむちむちした感じが好き」
そういうイメージが核にあるとマキさんは言う。

そしてついに、おとーとはマキさんのイメージを抜け出し、
紙の上にその像を結ぶ。

今でこそ賑やかなルーの丘であるが、
おとーとが生まれた当時、
丘はまだ存在していなかった。
生まれたばかりのおとーとを前に
マキさんは思う。

「彼の住む世界を見たい」

そして、世界は生まれた。

瞬く間にルーの丘の世界は展開していった。
仲間が増えた。

なんとすでにマキさんの頭の中には、
ルーの丘世界の詳細な地図ができあがっているそうだ。
「GoogleMapみてると一日終わっちゃう」
無類の地図好きを公言してはばからない、
マキさんならではのエピソードである。

そして、
「むちむちおとーと」に2度目の転機が訪れる。

もけけ化。

おとーとは平面の世界から飛び出す。

フェルティングという造形技法がある。
フェルティングニードルという道具を用い、
羊毛をフェルトの塊へと形作る。
彫刻のように削り出すのでなく、
粘土細工のように盛り付けるのでもなく、
茫々とした羊毛の塊を
ささくれの付いた針で幾度となく突き刺しながら
形を作っていく。
それは大変根気の要る地道な作業だ。

フェルティングと出会ったマキさんが最初に作ったのは
手のひらサイズの「ミニおとーと」だった。
これは面白い、とマキさんは思った。
すぐに、
もっと大きなものが作りたい、と創作意欲が噴出した。
フェルティングの鬼となったマキさんは
相次いで
身長30センチ超の「でかむち」2体を世に送り出す。

もけけ工房」の始まりであった。

私がはじめてこの「でかむち」と出会ったのは
今年の8月だった。

マキさん持参の「岡本太郎ゴミ袋」から
取り出された「でかむち」を手にしたとき、
私は驚いた。

フェルトの繊細な感触もさることながら、
その不思議な存在感に驚いたのである。
人形ではない。
かといってぬいぐるみでもない。
子供向けのおもちゃでも、
陳列して鑑賞するための美術品でもない。

そうか、「でかむち」は、
マキさんが羊毛で三次元空間に描いたイラストなのだ。

「こういうの作っておきながら、内心では『これってどうなのよ』って思ってるんですよ」
とマキさんは笑う。
人形ではないけれど、
分類上はどうしても人形の属性を与えざるをえない「でかむち」に
作り手自身が当惑しているのである。

マキさんが幼かった頃、日本中の女児は人形ブームに湧いていた。
友達のほとんどが某有名人形を手に遊びふけっていたとき、
マキさんはひとりその輪に入れずにいた。

人形はなんとなく苦手だった。
ぬいぐるみはこよなく愛したが、人形はなんだか怖い。

世間のブームをよそに、一向に人形遊びをしようとしない我が子を両親は案じたが、
そのたびに
「お人形さんはいらない」
と素っ気ない。

「でも、1度だけ人形をねだったことがあったんだけど」

それまで人形に見向きもしなかった我が子が
ある時、何を思ったか人形に興味を示したのだ。
彼女の父は喜んだ。
喜び勇んで発奮し、愛しい我が子のためにすぐさま人形を買い与えた。
しかし、
父が慌てて買ってきたのは
なんとケース入りのフランス人形であった。
娘はケースの前でしばし呆然とし、
青い目の人形にやや戦慄し、
すぐに興味を失い走り去った。
娘のために奮発した父の嘆息ぶりは
想像に難くない。

「『かわいい』っていうものを作りたいんじゃない」
とマキさんは言う。
「でかむち」が目指すのは人形ではない。
遊ばれるための、飾られるための
目的物たる人形とは違う。

やはり、この「でかむち」達は、
マキさんのイラストそのものなのだ。
「触ることのできるイラスト」なのである。

おとーとはいつも優しく微笑んでいる。
絶妙の笑みだと思う。
その笑みは
楽しさという外的要因から生じたものではなく、
むしろ、
全てを許容する、ありのままに受容する
そういう笑みであるように感じる。
弥勒菩薩みたいな、
そういう不思議な、魅力的な笑みなのだ。

いつもマキさんから
「引きの画も撮っておいてよ~」
と言われるが、
気づくと寄れるだけ寄って撮っている。
私の接写癖もあるのだろうが、
実のところ
この「でかむち」が私を引き寄せて離さないのである。

微笑の引力。

そういう力が
この「でかむち」にはある。



~告知~
11/6 『もけけ工房』が「渋谷てづくり市」に出展するそうです。
お近くの方は是非、手にとって御覧ください。



ちょっとノンフィクション風に迫ってみました(笑)

by TamaWakaba | 2010-10-27 21:39 | 物撮り | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

星空の鉄塔

ある冬の晴れた夜に




星のきらめきは電磁波で

人の脳波も電磁波で

光の速さで宇宙を進む。

だから、

いつか空に向かって投げた

言葉にできない気持ちとか

やり場のない思いのたけは

1千光年先の夜空で

青く澄んだ
かすかな瞬きに

なっていて欲しい。


a0155104_2355228.jpg




a0155104_23552035.jpg




a0155104_23551853.jpg



久々にひとりで飲んでしまった。
スンマセン。
ちょっと酔ってます、ひっく。
秋の夜長に・・・




EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM

by TamaWakaba | 2010-10-23 00:54 | 夜空・星景・月
 ▲ 
 ▼ 

紅玉絨毯 ー 箕輪町 赤そばの里 ―

長野県上伊那郡箕輪町 「赤そばの里」 (9/18撮影)




紅玉色のじゅうたんの中を
ゆっくり歩いていると
なぜだか
幸せな気分になるのでした。


a0155104_2553751.jpg




a0155104_2553669.jpg



赤そば「高嶺ルビー」
a0155104_255347.jpg




a0155104_2553214.jpg




a0155104_255313.jpg




a0155104_2552912.jpg




a0155104_2552581.jpg




a0155104_2552317.jpg




a0155104_25521100.jpg




a0155104_2552019.jpg




a0155104_2551829.jpg




a0155104_2551615.jpg




a0155104_255152.jpg





あいにくの曇天。色が出なくて難しかったです。
来年は晴れるといいなぁ・・・


EOS5D Mark II
EF500mm F4 L IS USM
EF70-200 F2.8L II USM
EF16-35mm F2.8L II USM

by TamaWakaba | 2010-10-22 02:59 | その他の草木花 | Trackback | Comments(11)
 ▲ 
 ▼ 

コスモス咲く丘

長野県佐久市 内山牧場 「大コスモス園」 (9/25撮影)




秋桜色という色が
きっとあるのだと
この時思いました。

その秋桜色で、
全てが彩られていました。

風が時折描く
秋桜色の波が
丘を渡っていきました。

まだ、夏が名残惜しそうにしていた、
初秋の日の思い出です。



a0155104_23174094.jpg




a0155104_23173757.jpg




a0155104_23173434.jpg




a0155104_23173214.jpg




a0155104_23173072.jpg




a0155104_23172883.jpg




a0155104_23172610.jpg




a0155104_23172255.jpg




a0155104_23172044.jpg




a0155104_231719100.jpg




a0155104_23171762.jpg




a0155104_23171560.jpg




a0155104_23171319.jpg




a0155104_23171177.jpg




EOS5D Mark II
EF500mm F4 L IS USM
EF70-200 F2.8L II USM

by TamaWakaba | 2010-10-17 23:35 | その他の草木花 | Trackback | Comments(10)
 ▲ 
 ▼ 

時間跳躍

モモ主アシモ女史、りょー、イサ




久しぶりに、中学時代の同級生で飲む。
誰よりも、心を許せる人達。
楽しい時間をありがとう。

a0155104_21202735.jpg




a0155104_21202214.jpg




a0155104_21201868.jpg




a0155104_21201320.jpg





a0155104_2120987.jpg




a0155104_2120418.jpg




a0155104_2120079.jpg




a0155104_21195613.jpg




a0155104_2119446.jpg




a0155104_21193516.jpg




a0155104_21185891.jpg




a0155104_21185621.jpg




a0155104_21185460.jpg




a0155104_2118484.jpg




a0155104_2118452.jpg




a0155104_21184439.jpg




a0155104_21184237.jpg




a0155104_211841100.jpg




a0155104_21183964.jpg




a0155104_21183153.jpg




a0155104_21183043.jpg




a0155104_2118284.jpg




a0155104_21182776.jpg




a0155104_2118259.jpg




a0155104_21182418.jpg




a0155104_21182220.jpg




EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM

by TamaWakaba | 2010-10-16 21:20 | | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

陽送り

長野県伊那市



黒々とした山塊が
巨大な背骨のように横たわる
この山国では

沈みゆく太陽を
地平線の向こうまで
見送ることは出来ない。

いつも黙って行ってしまう太陽が
時折、
思い出したかのように、
雲越しに別れを告げてくる。

燃えるような茜色から
濃紺の闇へ。

そうしてやってくる夜は
いつもより
少しさみしい。

a0155104_22453632.jpg





a0155104_22453368.jpg




a0155104_22453035.jpg




a0155104_22452698.jpg




a0155104_22452472.jpg




a0155104_22452224.jpg




a0155104_22451848.jpg





EOS5D Mark II
EF16-35mm F2.8L II USM

by tamawakaba | 2010-10-15 23:02 | 空・雲・天候 | Trackback | Comments(8)
 ▲ 
 ▼ 

朝露珠2

長野県北安曇郡池田町 中島蓮池

全ての水珠に
逆さまの世界が宿っています。



a0155104_20283184.jpg




a0155104_20175832.jpg




a0155104_20175631.jpg




a0155104_20175430.jpg




a0155104_20175348.jpg




a0155104_20174946.jpg




a0155104_20174723.jpg




a0155104_20174550.jpg




a0155104_20174434.jpg






EOS5D Mark II
EF100mm F2.8L Macro IS USM

by TamaWakaba | 2010-10-13 20:20 | その他の草木花 | Trackback | Comments(6)
 ▲ 
 ▼ 

帰りつく場所

長野県安曇野市穂高北穂高 狐島水田




風が日に日に冷たくなる。

この季節になると
胸がざわめく。

空のどこかから
彼らの羽音や鳴声が
聞こえてくるような気がする。

誰に言われるでもなく、
自然と狐島に足が向く。

刈取りを終えた田んぼが
日没の青い光の中で
黙って夜を待っていた。


a0155104_1483433.jpg



今年も
田んぼの縁で
刈り取らずに残した稲穂が
風に揺れていた。

いずれは白鳥が
美味しそうにこれをついばむのだろう。

はるばるやってくる白鳥たちへ
爺ちゃんからの
ささやかな贈り物だ。


a0155104_1483188.jpg



秋の花が、
ピーちゃん達の小屋の周りに
咲き乱れている。
全部
爺ちゃんが育てた。


a0155104_1482958.jpg



フジバカマがまだ白い花を咲かせていた。

爺ちゃんが渡り蝶を呼ぶために
毎年育てているのだ。

この夏、
アサギマダラは沢山来ただろうか。


a0155104_1482721.jpg



冬、
このこのビニールハウスから
爺ちゃんがエサ箱を持って現われる。
白鳥たちは
喜んで大騒ぎする。


a0155104_148239.jpg



今はまだ
嘘のような静けさに包まれている。


a0155104_1482128.jpg



爺ちゃんは
元気にしているだろうか。


a0155104_1481946.jpg



姿は見えなかったけれど、
満開の秋桜が
爺ちゃんが息災であることを
教えてくれる。


a0155104_1481679.jpg



それは、
どこで見るよりも
見事な秋桜だったから。

爺ちゃんが心を込めて
育て上げたに違いなかった。


a0155104_1481498.jpg



爺ちゃんも
この秋桜を眺めながら
やがて戻ってくる
大勢の孫たちのことを
心待ちにしているに違いない。


a0155104_1481035.jpg



もう、すぐそこだ。


a0155104_148899.jpg



ピーちゃんも
仲間達の戻ってくる日が
近いことに気づいている。

a0155104_148696.jpg



フクちゃんも
仲間達の羽音を
耳元に蘇らせているだろう。


a0155104_148437.jpg



この満開の花々が
色を失う頃、
辺りは
賑やかな景色に変わる。


a0155104_148120.jpg


私も待ち人ではなく
この場所に
帰ってくる側に立った。

今は

遥か北極圏から
この小さな田んぼに戻ってくる
白鳥たちの気持ちが
少しだけ分かる気がする。


a0155104_1475965.jpg



ここは
帰りつく場所。

冬が
待っている。





EOS5D Mark II
EF135mm F2L USM
EF16-35mm F2.8L II USM

by TamaWakaba | 2010-10-12 02:35 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

白の海2010

長野県大町市美麻 中山高原 (9/4撮影)

去年の様子



今年も、白い世界が広がります。

a0155104_19212826.jpg




a0155104_19212517.jpg




a0155104_19212335.jpg




a0155104_19212080.jpg




a0155104_19211898.jpg




a0155104_19211442.jpg




a0155104_19211364.jpg




a0155104_19211043.jpg




a0155104_1921638.jpg




a0155104_1921484.jpg




a0155104_1921015.jpg




a0155104_19205993.jpg




a0155104_19205757.jpg




a0155104_19205651.jpg




EOS5D Mark II
EF500mm F4 L IS USM
EF70-200 F2.8L II USM

by TamaWakaba | 2010-10-09 19:24 | その他の草木花 | Trackback | Comments(10)
 ▲ 
  -    -  



撮影 : 球わかば


by 球わかば

プロフィールを見る

アクセスカウンター

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

ブログ改装中
at 2017-03-23 00:23
外食日記 金沢市『酒房 猩々』
at 2017-03-17 02:33
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:09
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:08
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:07
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:06
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:05
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:04
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:03
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:02

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
安曇野の白鳥
ニホンカモシカ
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他

未分類

タグ

(114)
(85)
(78)
(73)
(72)
(61)
(54)
(38)
(38)
(37)
(33)
(31)
(30)
(29)
(24)
(20)
(1)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月

最新のコメント

sakuramoon77..
by TamaWakaba at 02:00