<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

無駄こそ人生

2010年7月15日奈良井宿にて撮影

もともと人生とは

そういうものなのですから、

自分で「良い」と思ったことを、

精一杯やりたいと思うのです。

a0155104_2425395.jpg



本年も大変お世話になりました。
どうか良いお年をお迎えください。

2010年大晦日

球わかば

by TamaWakaba | 2010-12-31 02:53 | EOS5D Mark II | Trackback
2010年 12月 30日

追想2010 ~前編~



「再出発」

私のこの一年を総括するなら、
この言葉がふさわしいように思います。

遠い将来、
長い尺度で自分自身の人生を俯瞰するとすれば、
おそらくこの一年は
私の再出発点に当たるのだろう、
と感じています。

長い逡巡の時代を抜け、
ようやく迷いのない一本道の始端に
私はたどり着けたのかもしれません。

劇的な変化とまではいきませんが、
未来は、
少しずつ少しずつ霧が晴れるように
明るさを増してきています。

変化の年。

いろんなことを考えながら
沢山、
写真を撮りました。

今の自分が、
写真にどう反映しているのか、
まだそれは分かりません。

ただ、
この一年に撮った写真たちが、
今後も続くであろう
私と写真の関係のなかで
何らかの起点になっていて欲しい。
そう思います。

前置きが長くなりました(^^;)

では、
年の瀬に際して、
写真でこの一年を振り返ってみたいと思います。





一年の始まり。
元旦の夜は大雪が降っていました。
雪夜独特の、耳が痛くなるような静けさの中、撮り初めです。
元日雪夜
a0155104_19252478.jpg




松本城で開催された氷の彫刻コンテスト。
極寒をものともしない、作家さんたちの熱い魂に魅せられました。
松本城氷彫フェスティバル ~氷に生命を!~
a0155104_22182520.jpg





10年そこそこと言われる、白鳥の寿命。
去年の目撃がおそらく最後だろう、と思われていました。
そんな人間たちの憶測をものともせず、
白鳥界の長老が再飛来しました。
はかないようでかくも力強い生命に圧倒されました。
12年目の奇跡 ~0806再飛来~
a0155104_0211049.jpg




その名にふさわしい、豪雪の中開催された雪祭り。
雪に負けるなとばかり、気合で撮影に臨みました。
おおまち雪祭り2010
a0155104_0552476.jpg





初めて猫を撮れたヨロコビ。
さすらいの野良猫ユキちゃんの瞳は
悲しい光を宿していました。
ユキちゃん
a0155104_23541726.jpg





流されるのでなく、自分の足で踏み出すこと。
不安と希望が入り交じった気持ちで
住み慣れた安曇野に別れを告げました。
旅立ち
a0155104_22211714.jpg




新天地、伊那。
巨大な不思議生物が、
私を出迎えてくれました。
謎の巨大生物
a0155104_22522892.jpg



どう撮っていいのか分からなかった桜。
「分かるまで、とにかく撮る」
そう心に決めて、疲れ果てるまで撮りました。
ようやく分かった桜との向き合い方。
夜桜が、静かに揺れていました。
高遠の桜夜桜
a0155104_12451344.jpg


a0155104_22272536.jpg




モモは相変わらず元気です。
離れていても、たまに帰って会ったりすると
しっぽを振って抱きついてきてくれます。
かわいい奴です、ホントもう(∩´∀`)∩
名犬モモ「春ですね!」
a0155104_23255942.jpg




今年も、丘が菜の花で黄色に染まりました。
同じ場所でも、咲き方は毎年変わります。
写真はやはり、一期一会なのだなぁ。
黄色の丘にて
a0155104_122612.jpg




まさか、ネットで知り合った人達と会って一緒に時を過ごす日が来るとは!
ブログをやっていなければ、生涯出会うはずのなかった人達。
奇跡の出会いにふさわしく、ステキな人々なのでした。
千くんとイヴ姐さんは人間です。
犬猫の姿をしてるだけで(笑)

千くんイヴさん達との出会い

a0155104_2354087.jpg

a0155104_2355883.jpg




滝撮り元年。
まだまだ、実験的なアプローチしかできてません。
今後の課題です。
水簾寂静
a0155104_17415990.jpg


a0155104_2295876.jpg




新天地の住居前に、格好の被写体発見!
最近ふたりとも見かけません。
どこに行ったんだろう。
半ノラふたり
a0155104_626216.jpg




どうしても行ってみたかった場所。
山中分けいった、とんでもない秘境でした。
誰もいない峡谷で
至上の静寂を味わいました。
水没林深緑
a0155104_03969.jpg




こんな素敵な宿場町が車で30分という絶好のロケーション。
行かない理由がありません。
これを機に、奈良井宿には足しげく通う事になります。
宿場町礼讃
a0155104_2343288.jpg




秘境、八千穂高原。
森の力に圧倒されるという、人生初の経験をしました。
暗くて静かで、本当に怖かった。
梅雨入り前日の強行軍です。
樹海底幽暗
a0155104_2225569.jpg




隣町の駒ヶ根市にある古刹です。
かなりの雨でしたが、写欲に抗えず出掛けました。
雨の寺院、大好きです。
光前寺雨中
a0155104_2312026.jpg




小淵沢の「八ヶ岳大橋」。
もの凄い高さで足がすくみました。
霧の橋・樹海鳥瞰
a0155104_1103487.jpg




これもよく通うようになった「霧ヶ峰高原」です。
この頃から、雨でも風でも関係なく、
全天候型撮影スタイルが確立されつつありました。
黄泉比良坂
a0155104_21132495.jpg



~後編に続く~


by TamaWakaba | 2010-12-30 00:00 | Trackback
2010年 12月 29日

追想2010 ~後編~



遥か彼方の宇宙に、地球の声を届ける場所。
孤独な旅を続けた小惑星探査機「はやぶさ」は、
この場所で地球と繋がっていました。
巨大で優美な姿にため息が出ました。
「こちら地球・・・」 ~臼田パラボラアンテナ~
a0155104_151720.jpg




祭が大好きなのです。
祭の喧騒や、胸の高鳴りが伝わってくるような
そういう写真を撮りたいと思っています。
若一王子神社例祭奉祝祭
a0155104_0493743.jpg




白鳥と並ぶ球わかばの核。
蓮とカエル達。
今年も美しい花と愛嬌のある姿を見せてくれました。
蓮池の夏
a0155104_13271356.jpg




「眼に見えるとおりの花火を写したい」
私の永遠のテーマです。
大雨の中のフィナーレ。
胸が熱くなりました。
安曇野花火 ~夢幻光2010~
a0155104_22331768.jpg




人生は花火のごとく
儚く美しく
鮮烈な光景を心に刻む、
そういうドラマに彩られているのでした。
3時間の夏
a0155104_22215442.jpg




一面の極彩色!
初めて声をかけて撮らせてもらいました。
このショットを見た父、
「どっかのモデルさんかと思った!」
ゆり咲く丘で
a0155104_22364050.jpg




春、一面菜の花で黄色かった丘は、
秋、蕎麦の花で真っ白に変わります。
いつ行っても、夢みたいな光景です。
白の海2010
a0155104_19212080.jpg




一面に花が咲く場所に心を奪われてしまい、
群馬県境まで遠征しました。
私にとって、カメラは翼です。
カメラを持っていれば、どこにでも行けそうな気がします。
でも・・・遠かった(^^;)
秋桜の丘
a0155104_23173072.jpg




マキさん、yukai~♪さんと行った山梨撮影紀行。
かたちあるものを創りだす精神
かたちあるものに宿る精神
そういうものを
教えてもらいました。
おとーとと旅する
a0155104_1842278.jpg




目に見える美しさや
フォトジェニックさだけでなく、
被写体がいまここにある理由、歴史、人とのかかわり、
そういうものに焦点を合わせていきたいと思っています。
賑やかな老後

a0155104_11381836.jpg




西日に照らされたカエデ林の
息を飲むような美しさ。
燦林
a0155104_22253333.jpg




やはり、どこにいても
私のテーマは
「人」なのです。
とある禅寺の秋2010
a0155104_1257138.jpg





私にとってこの海は
いつでも特別です。
片道1時間半の道のりも
遠くはありません。
たった30分間の夕陽だとしても。
夕陽を見にいく
a0155104_21505996.jpg




旬が過ぎていたとしても、
必ず被写体はあるんだと思います。
そういう物を見つけられる力を鍛えていきたい。
撮る力の前に「見る力」をつけたい。
そんなふうに考えています。
高遠晩秋
a0155104_1351756.jpg




そして、また冬がやって来ました。
冬に向かって
a0155104_281216.jpg




幸せな光・・・
少しだけ、写せた気がします。
幸せな光
a0155104_20522691.jpg




本当に
あっという間の1年でした。
写せたもの、
写せなかったもの、
これから写したいもの、
もっともっと写したいもの。
被写体が多すぎて、
あまりにも1年が短いと感じます。

とにかく私は、
何がなんでも写真と関わるこでしか
自己の存在価値を見いだせない、
そういうヘンテコな生き物なのだということが
最近分かってきました。

こういうヘンテコな生物が
こうやって生存していけるのも、
このブログという発表の場と
ここに見に来てくださる沢山の皆様、

撮った写真を見ていただけること。
そこから、何かを感じていただけること。
撮り手として、これに勝る喜びはありません。
いつも、感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も、
撮って撮って、あきれるほど撮る中で、
また新しい何かを
発見していければ、と思っています。


2010年のおわりに
球わかば


by TamaWakaba | 2010-12-29 23:59 | Trackback
2010年 12月 27日

幸せな光 <前編> ~(国営アルプスあづみの公園 『森の光物語』)~

長野県安曇野市 国営アルプスあづみの公園 『森の光物語』



幸せな光を
写したい。

「きれいだったね。楽しかったね」

あの光る森を
訪れた人達が、
笑顔で思い出してくれるような。


a0155104_20531639.jpg




a0155104_20531114.jpg




a0155104_2053576.jpg




a0155104_20524121.jpg




a0155104_20523879.jpg




a0155104_20523583.jpg




a0155104_20523181.jpg




a0155104_20522968.jpg




a0155104_20522691.jpg




a0155104_20522351.jpg




a0155104_20522175.jpg




a0155104_20521880.jpg




a0155104_2052858.jpg




a0155104_2052663.jpg




a0155104_2052416.jpg




a0155104_20515450.jpg




a0155104_20515249.jpg




a0155104_20514944.jpg




a0155104_20514265.jpg



~後編に続く~




EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM


by TamaWakaba | 2010-12-27 20:49 | EOS5D Mark II | Trackback
2010年 12月 27日

幸せな光 <後編> ~(国営アルプスあづみの公園 『森の光物語』)~ 


a0155104_21574579.jpg




a0155104_19261534.jpg




a0155104_19261123.jpg




a0155104_192643.jpg




a0155104_1926236.jpg




a0155104_19255922.jpg




a0155104_19255633.jpg




a0155104_19255284.jpg




a0155104_19254834.jpg




a0155104_19254646.jpg





1・・・EOS5D Mark II,EF35mm F1.4L USM
2~9・・・EOS7D,EF300mm F2.8 L IS USM
10・・・EOS7D,EF70-200 F2.8L II USM




~撮影後記と近況報告~

【幸せな光を写したい】
イルミネーションは長年の宿敵ともいうべきもので、
毎年毎年、勇猛に戦いを挑んでは、敗退を続けてきました。
去年も同じ場所で、数百ショットを撮ったものの、全てボツに。
なぜか。
それは、私の撮るイルミネーションがどこか「もの哀しげ」に写ってしまうからでした。
目で見るイルミネーションはもっと、まばゆくて、キラキラしていて、幸せな光に満ちているのに、そういうイメージを写真にどうしても固定できずにいました。
私の中で一番大切な成分が、写真のイルミネーションからは抜け落ちてしまっていたのです。
「幸せなイルミネーションを撮れるまで、絶対にブログにはアップしない」
そう心に決めて、今シーズンは撮影に臨みました。
その結果・・・
まだ、完成形ではありません。
納得のいかない部分も多々あります。
それでも、私の目指す何かがこの写真には多分、写ってます。

見せるための技術も非常に重要だと思いますが、
それ以上に、「被写体とどのような関係性を築くか」ということ、
それこそが私の写真においては最も重要なのではないか、と最近考え始めています。

【近況報告】
「球わかば、失踪したんじゃねぇの?」
と言われんばかりの無更新ぶり。
コメント欄も長らく閉鎖、
皆様のブログへもご無沙汰しておりました。
失踪したわけでも、失意のどん底だったわけでもありません(笑)
公私ともども、猛烈に忙しく暮らしておりました。
仕事もハードで休日を削られたりしていたのですが、
それ以外にも、悲喜こもごもあったのです。
将来、振り返るならば、
今はきっと、いろんな転機であるのかもしれません。

写真は相変わらず、フリーになった僅かな時間を掠め取るようにして撮っていました。
白鳥も、ちゃんと撮ってます。
お陰様で、在庫は豊富でございます(^^;)

そして、今まで味わったことのない、スリリングな経験も・・・
・・・追突事故に遭いました!Σ(・ω・ノ)ノ

白鳥を撮り終えた、夕暮れの国道。
右折待ちの車列の最後尾に私は止まっていました。
まだ僅かに青みを残した西の空。
前車のテールランプをぼんやり眺めながら、
「あー、家に帰って温かい味噌汁でも飲みたいなぁ」
なんて考えていた時です。

バガァァァーーン!

今まで聞いたこともないような、破滅的な破壊音とともに、
車ごと体が前に投げ出されました。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
何だ、何だ、何が起こったんだ!
あまりの衝撃に、何が何だかよくわかりません。

ルームミラーに目をやると、
大きなRV車が、有り得ない近さで私の車の後ろにいるのがわかりました。
「追突された~~~!」

ガリガリいう車を無理やり動かして、近くの駐車場に。
降りて確認すると、愛車の後ろに巨大なクレーター。
ああぁぁぁぁ・・・!  (´;ω;`)
後続車から降りてきた運転手さんは「スイマセン、スイマセン」を連呼。

そうだ、そうだ、慌ててはイカン。
こういう時こそ、落ち着かなければ、だ。
まず、えっと、何だ、そうだ、電話だ、家族に電話だ。
いやまて、警察に電話だ。
警察に「事故です」と電話だ。
あ、もうしてる?相手方が警察にもう電話してる?
あ、そうか、それじゃあオレは家族に電話か、いや家族は後でもいいか。
それよりも職場か、職場に電話か。
いやまて、直近の上司に電話か。
あぁもう、どうしよどうしよ・・・
うん、とりあえず職場だ。そうしよう、まず職場に電話しよう。

私は傍らの携帯電話を手に取り、耳に当てました。
あれ・・・なんかこの携帯、変だぞ。
衝突の衝撃で、携帯電話も壊れてしまったのか・・・
慌てて、手元を見ます。

「・・・あ。」

なんと、耳に当てたそれは
懐中電灯だったのです。

努めて冷静さを装っていたものの、
内心の狼狽ぶりは、我ながら見事なものでした(笑)。

そんなこんなで、現場にお巡りさんが来て事故処理。
愛車は2週間入院。
私が頚椎捻挫しなかったのは奇跡です。
お父様お母様、丈夫な首に産んでくれてありがとう(笑)。

そんなわけで、
激動の師走がもうすぐ終わろうとしています。
新年に向け、またかつてのペースを取り戻すべく、
更新していきたいと思っています。
どうぞご贔屓に。

球わかば

by TamaWakaba | 2010-12-27 20:47 | EOS5D Mark II | Trackback | Comments(11)
2010年 12月 14日

冬に向かって

長野県佐久市(臼田宇宙空間観測所)~大町市


どこまでも高い秋の空は
やがて鈍色の雪雲へ。

季節は動いていきます。


a0155104_28433.jpg




a0155104_284196.jpg




a0155104_2838100.jpg




a0155104_283642.jpg




a0155104_283411.jpg




a0155104_283193.jpg




a0155104_282777.jpg




a0155104_282572.jpg




a0155104_282341.jpg




a0155104_282133.jpg




a0155104_281838.jpg




a0155104_281216.jpg




EOS5D Mark II

by TamaWakaba | 2010-12-14 02:16 | EOS5D Mark II | Trackback
2010年 12月 03日

高遠晩秋 ~前編~

長野県伊那市高遠町
春の高遠城址(昼)
春の高遠城址(夜)



落葉と

長い影を

踏みながら。


a0155104_134451100.jpg




a0155104_13444946.jpg




a0155104_13444882.jpg




a0155104_13444477.jpg




a0155104_1344432.jpg




a0155104_1344405.jpg




a0155104_13443693.jpg




a0155104_13443364.jpg




a0155104_13443150.jpg




a0155104_13442879.jpg




a0155104_13442662.jpg




a0155104_13442473.jpg




a0155104_13441695.jpg



後編に続く




EOS5D Mark II


by TamaWakaba | 2010-12-03 13:39 | EOS5D Mark II | Trackback
2010年 12月 03日

高遠晩秋 ~後編~


a0155104_13511933.jpg




a0155104_13511414.jpg




a0155104_13511274.jpg




a0155104_13511130.jpg




a0155104_1351756.jpg




a0155104_1351131.jpg




a0155104_13505966.jpg




a0155104_13505757.jpg




a0155104_13505598.jpg




a0155104_13505364.jpg




a0155104_13505162.jpg




EOS5D Mark II

by TamaWakaba | 2010-12-03 13:38 | EOS5D Mark II | Trackback | Comments(6)


  -  TOP  -