▼ 

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 ▲ 
 ▼ 

部屋

自宅



a0155104_2284763.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM




a0155104_2284593.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM





a0155104_2284313.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM





a0155104_2283653.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM







ちょっといろいろ現像とか選定とか
暴食紀行の脚色(爆)とか
間に合わないので、
繋ぎの投稿で。

最近、ベトナム料理店に行って、
「フォーガー」がいかなるものか実食し、味を覚えて来ましたので、
家でも結構作るようになりました。
日本では嫌われ者のパクチーも、
我が家では人気者です。
by TamaWakaba | 2013-11-26 22:18 | 家の風景 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

秋の日なのでパンをください




たったかた~
a0155104_22001796.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




もっふもふ~
a0155104_22001545.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




モモです!
a0155104_22000861.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




おひさしぶりですね~
a0155104_22000692.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




もう秋ですよ。
a0155104_22000207.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




もうすっかり秋なんですよね。
a0155104_21595977.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




さあ、お散歩行きましょう!
a0155104_21595775.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




たんぽぽも、なんだか寒そうです。
a0155104_21595321.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




おお・・・
a0155104_21594885.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




まだ花が咲いていました。
a0155104_21594597.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




そして・・・
a0155104_21594357.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




おい!
a0155104_21594032.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




この人はやっぱり無口なままです。
a0155104_21593742.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM





a0155104_21593423.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




こうやって空を見上げてるのは
a0155104_21592988.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




秋で天高くなってるからじゃなくて
a0155104_21592618.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




不思議と大好きなパンが
a0155104_21592359.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




空から降ってくるからなんですよ。
a0155104_21592091.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




秋の散歩も大好き!
a0155104_21591691.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




で、こうやって何回も振り返るのは、
パン兄ちゃんが恋しいんじゃなくて、
もうちょっとパン食べたいな、
って思ってるからなんですよ。
a0155104_21591335.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM


え、もうお散歩終わり?

・・・あ、そうですか、この後パン兄ちゃん達は
「ボウショクキコウ」に行くんですか。

ボウショクキコウ、なにそれ美味しいの?
え、美味しいけれど苦しいの?
なんじゃそりゃ。

モモはパンが食べられれば幸せですよ。

じゃ、またねー!





久々にモモに登場願いました。
いつも無邪気なモモも、よーく見ると
大人の顔になったなぁという印象です。
人間に換算するともう50才超えてるので、
モモちゃんじゃなくて、モモさんと呼ぶべき年頃です。
そういえば、最近ブラシを替えたそうで、
全身のモフモフ感が50パーセント向上(当モモ比)で、
至高の撫で心地でした。
モモが言うとおり、
この後、モモ主と私はまたもや無謀な旅に出たのですが、
そのエピソードについてはまた今度・・・



ところで、エキブロが新しい管理画面のベータ版をリリースしましたね。
アンケートを募ってるので、とりあえずベータ版をテストしているのですが、
うーん、なんとも・・・・

「見たまま編集」も「HTML編集」も、私にとってはむしろ使いにくい印象です。
画像が15枚以上一気にアップロードできるようになったのは嬉しいですが、記事との関連付けが解除されちゃいました。
う~~~~~ん・・・
痒いところに全然手が届いていない感じがするような・・・

皆さん使い勝手はいかがでしょうか。



by TamaWakaba | 2013-11-20 23:05 | 名犬モモ | Trackback | Comments(6)
 ▲ 
 ▼ 

蓮記 2013 【中島蓮池】~ハスとカエルたち~ 1

長野県北安曇郡池田町 中島蓮池

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】-【2】【3】【4】【5】



ハスを見たくて
どんなに各地を駆け回っていたとしても、
ここの蓮池を
放っておくことはできない。

ここのハスやカエルたちは
私に
写真を撮ることの楽しさを
教えてくれた、
私の写真の源流と呼べる場所のひとつ。

かつては水田一面に生い茂っていたハスも
今はもう、
南の隅っこに追いやられるようにして
なんとか生きながらえているにすぎない。

この蓮池と出会った頃の
深い森のようなハスはもう
眺めることはできないけれど、
それでもなお、
ハスは大輪の花を夏空に掲げ、
カエルたちは
緑の季節を謳歌する。

今年もそろそろ、
この夏の彼らの思い出を
綴らなくてはなるまい。






7月14日。

そしてまた
彼らの季節が始まった。

a0155104_20345381.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


年々勢いを増す下草によって
すでに池とは呼べないほどにまでなった蓮池。

ハスの多くは根詰まりを起こし
淘汰されていった。

しかしいまだ
下草の海の中で
健気に蕾をふくらませるハスもある。


a0155104_20345507.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


夏の初めの
まだ小さな蓮葉の上に
アマガエルが佇んでいた。

彼らも私と同じく
この蓮池が好きで、
周りの田んぼから集まってきた。


a0155104_20350041.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


逆境に負けず
精一杯の花を開く。

a0155104_20350249.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


いまだ蓮池の南端は
かつての栄華の
面影を残す。

深みを増すハスの樹林の
ところどころに
鮮やかな桃色がのぞき始める。

a0155104_20350547.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



気の早いハスが
すでに花托をふくらませていた。
今年の実りの
第1号となるだろう。

a0155104_20350776.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



真夏に向かって
アマガエルたちも
いきいきとした顔をしている。

a0155104_20350812.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



ハスの蕾の上をいく
アマガエル。

a0155104_20351057.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



今日も
快適な寝床を
見つけたようだ。

彼らは夜行性の生き物。

昼間はこうやって
静かな場所を見つけて
寝て過ごす。

a0155104_20351780.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


蓮葉の上で水は
生き物のようにうごめき、
鉱物のように透きとおった光を放つ。

a0155104_20351971.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



自然界で
水滴が
最も真球に近づく場所。

a0155104_20352096.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



朝露が密集した蓮葉の上には
時折、
こんな象形文字が
連なることがある。

a0155104_20352209.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



小さな身体で
葉っぱにスタンプを押しながら
朝の散歩を続けよう。

a0155104_20352489.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



意外と知られていないが
彼らは
クライマーだ。

水辺よりも
木登りが好きだ。

a0155104_20352640.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



垂直登攀の匠。

いつもは重そうな太鼓腹も
険しい斜面に取りつくための
大切なクライミングギアなのだ。

a0155104_20353198.jpg
EOS5D Mark III +


高みで一休み。

a0155104_20353334.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




a0155104_20353508.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




a0155104_20353744.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



小さな彼らには
この蓮池は
ジャングルよりも大きく深い。

いつだって大冒険だ。
a0155104_20354190.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


太陽が昇ると
ミツバチたちが
騒ぎ出す。

a0155104_20354378.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


甘い蓮の香に誘われ
次々とやって来る。

a0155104_20354528.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



彼らにとってもまた
幸せな季節が
始まっている。

a0155104_20354781.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


大収穫の予感に
彼らの羽音も高まる。

a0155104_20354946.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


蓮池は
真夏に向かっている。

~ 続く ~

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】-【2】【3】【4】【5】



 

by TamaWakaba | 2013-11-14 22:04 | ハスとアマガエル | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

蓮記 2013 【中島蓮池】~ハスとカエルたち~ 2

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】-【2】-【3】【4】【5】


8月11日。

朝露の光る蓮池は
もっとも美しい。


a0155104_20441891.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




葉っぱの上にも
虹がかかる。


a0155104_20441531.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




やがては消えてしまう宝石。


a0155104_20441061.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




小さく透明な球体の中に
逆さまの世界を映す。


a0155104_20440776.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




日が昇れば
その一粒一粒に
太陽を宿す。


a0155104_20440181.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




a0155104_20435779.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





カエルたちは
そんな光景を
見ているような
見ていないような。

a0155104_20435514.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




太陽に透かした
大きな葉っぱには
摩訶不思議な模様が
浮かびあがる。


a0155104_20435088.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





カエルたちは
その光景を
見ているような、
見ていないような。

a0155104_20434316.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





夏の蓮池は
こんな美しい時間を
毎朝繰り返している。

a0155104_20433791.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





蓮池の夏は続いていく。




~ 続く ~

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】-【2】-【3】【4】【5】

by TamaWakaba | 2013-11-14 22:03 | ハスとアマガエル | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

蓮記 2013 【中島蓮池】~ハスとカエルたち~ 3

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】【2】-【3】-【4】-【5】


8月17日。
盛夏の蓮池。

a0155104_22141309.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



ハスもカエルたちも
活気に満ちている。


a0155104_22140932.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



花弁の一枚一枚まで
ハス特有の撥水性があることに
いつもながら驚く。


a0155104_22140527.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



ツルツルと水を弾く
ハスの表面に取りつくのは
おそらく、容易なことではない。
カエルたちの能力も
相当なものだ。


a0155104_22140246.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



広い蓮池の中にあっても
過ごしやすい寝床は
競争率が高かったりする。

a0155104_22135694.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


蕾が自らの葉っぱを貫き
花を咲かせ
やがて実をつけた。

ハスの強靭な生命力も大したものだ。

a0155104_22135479.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



楽しそうな
カエルたちを
見ているのが好きだ。


a0155104_22135092.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22134547.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_22134298.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


控えめなハスもまた
美しい。


a0155104_22134011.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


蓮池北側のハスも
葉っぱ1枚になりながらも
しっかりと花を咲かせている。

見事だ。

a0155104_22133612.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



カエルたちは
今朝も
散歩に忙しい。


a0155104_22133288.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


今朝も
真夏の太陽が
顔をのぞかせる。


a0155104_22132802.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



蓮池のいたるところが
きらきらと輝き出す。

a0155104_22132560.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


美しい朝露も
ぎらつく陽光に炙られて
みるみる小さくなっていく。


a0155104_22132244.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


ハスたちは
ここぞとばかりに
空に大輪を掲げている。

a0155104_22131892.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + SpeedLite430EX


一つの花が散っても
すぐに次の花が開く。

散り落ちた花弁の1枚にも
夏の陽光は届いている。

a0155104_22131578.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


カエルたちは
時折、
何か物憂げな
哲学的な顔をしているように見える。

a0155104_22131311.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



何を考えているのか、
何にも考えていないのか。

a0155104_22130804.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


カエルたちも
この夏を
楽しんでいてくれたらな、
と思う。


a0155104_22130625.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



~ 続く ~

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】【2】-【3】-【4】【5】



by TamaWakaba | 2013-11-14 22:02 | ハスとアマガエル | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

蓮記 2013 【中島蓮池】~ハスとカエルたち~ 4

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】【2】【3】-【4】-【5】


9月8日。

わずかに残った蓮の蕾が

ひとつ咲くごとに

夏は遠くなっていく。

a0155104_20445187.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




カエルたちは
明らかに涼しくなった風に
身をかがめ
遠くを見ている。

a0155104_20444780.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




夏が終わってしまったことを
きっと彼らも
感じ取っているのだろう。

a0155104_20444273.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



雨が
降ってきた。


a0155104_20443837.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



蓮池に降る雨は
ハスの大きな葉っぱを
騒々しく打ち鳴らす。


a0155104_20443592.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


雨が奏でる万雷の拍手に
カエルたちは
じっと
身を潜めている。


a0155104_20443067.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



夏の終わりの
冷たい雨に
ただ
黙って濡れている。

a0155104_20442514.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20442262.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20441892.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20441506.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20440733.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20441022.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20440397.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20440068.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20435836.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_20435313.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



夏よ
さようなら。


a0155104_20435036.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



すぐに秋がやって来る。


~ 続く ~

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】【2】【3】-【4】-【5】

by TamaWakaba | 2013-11-14 22:01 | ハスとアマガエル | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

蓮記 2013 【中島蓮池】~ハスとカエルたち~ 5

【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】【2】【3】【4】-【5】


9月30日。

すすきの穂が
風に揺れている。


a0155104_21303362.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



秋になった。



a0155104_21302915.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



秋の太陽は
熱くもなく

やたらキラキラしていて
眩しい。


a0155104_21302444.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


ハスは、
来年か再来年か、
もっとずっと先の未来へと
命をつなぐ。



a0155104_21302153.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


カエルたちは
秋の光のなかで
小さく丸くなっている。


a0155104_21301611.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


果托が風にゆらゆら揺られ
葉っぱがカサカサ鳴っている。

誰もいない蓮池に
かすかな音だけが響く。


a0155104_21301354.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM




10月19日。


風はもうかすかに
冬の匂いをさせている。


a0155104_21300992.jpg
EOS5D Mark III + EF85mm F1.8 USM


あの夏の面影は
もう
どこにもない。


a0155104_21300668.jpg
EOS5D Mark III + EF85mm F1.8 USM



冬に向かう蓮池。

平原から立ち上がった
小高いハスの森が
再び大地に戻っていく。


a0155104_21300338.jpg
EOS5D Mark III + EF85mm F1.8 USM


今にも朽ちようとしている
蓮の葉の中に
最後のアマガエルを見つけた。


a0155104_21295950.jpg
EOS5D Mark III + EF85mm F1.8 USM


枯れ葉の布団にくるまれて
小窓から外の景色を見ていた。


カエルたちに会えたのは
この日が最後。

そして、

つい最近、
初雪の便りを聞いた。

カエルたちは
無事に冬のねぐらに入っただろうか。
今頃、あの鮮やかな夏の日を
夢に見ているだろうか。

これから来る
長い冬を越えて、
また
彼らに会いに来ようと思う。
ハスの若葉が
空に向かい始める頃に。


~ 蓮記2013 完 ~



【暗】 【滴】 【接】 【幻】 【命】 【雨】 【光】 【妖】 【独】
【中島蓮池 1】【2】【3】【4】-【5】


by TamaWakaba | 2013-11-14 22:00 | ハスとアマガエル | Trackback | Comments(6)
 ▲ 
 ▼ 

霊松寺紅葉 2013

長野県大町市 霊松寺



しばらく見ないうちに

山間の寺にも

秋が来ていた。


a0155104_2138505.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_2138482.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_21384626.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_21384297.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_21384071.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_2138389.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_2138362.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_21383439.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_21383291.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM



a0155104_21382978.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM
(水面に写ったものを上下反転)




a0155104_21382721.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM





毎年紅葉を撮りに行っている
大町市の霊松寺に行ってきました。

ここに限らず、今年は中北信の紅葉が芳しくありません。
色づくのと同時に葉先が枯れ始め
見頃を迎える前に枯れ葉に変わってしまって、
山全体が、
うっすらと茶色味を帯びています。

紅葉は
幹と栄養や水分のやり取りを行わなくなった
葉っぱ内部に残留した糖類その他の栄養分が
化学変化を起こして、赤や黄色の色素に変わる(だったと思う)
のですが、
今年はその水分養分のやり取りを遮断する段階で
あまり雨が降らず、
最終的に葉っぱに残った水分が
少なかったのだと思います。

自然のなせる技ですので
残念と言うしかないのですが・・・

去年のように正攻法で撮影することができず、
僅かな可食部位をちょっとずつつまんでいくような、
どうしてもそういう撮り方になってしまいます。

by TamaWakaba | 2013-11-04 22:01 | 紅葉 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

朝の光

自宅にて



何にも追い立てられることのない

こういう朝が好きだ。



a0155104_2349347.jpg
EOS5D Mark III + EF135mm F2L USM




a0155104_2349132.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_2348593.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_23485716.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_23485527.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM





by TamaWakaba | 2013-11-03 23:55 | 自宅にて | Trackback
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

環水平アーク
at 2017-04-29 09:39
桜記2017【6】須坂市・相..
at 2017-04-26 13:39
桜記2017【5】臥竜公園の..
at 2017-04-24 18:07
桜記2017【4】須坂市村山..
at 2017-04-22 01:14
桜記2017【3】臥竜公園の..
at 2017-04-17 22:34
メシを撮ること12 ねぎ餃子..
at 2017-04-15 16:39
桜記2017【2】新潟市・白..
at 2017-04-12 22:10
アマンダンスカイ キャンドル..
at 2017-04-09 16:20
花粉光環(花粉光冠)
at 2017-04-06 00:09
善光寺参道卯月
at 2017-04-04 08:35

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
安曇野の白鳥
ニホンカモシカ
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他

未分類

タグ

(38)
(17)
(7)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

HITOHA21さん ..
by TamaWakaba at 23:17

ブログトップ | ログイン