▼ 

<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 ▲ 
 ▼ 

【編集中】 第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル

長野県松本市
第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル
全国氷彫コンクール



撮ってきました!

色んな意味で凄まじい大会でした。
事の顛末は、現在編集中につき後日アップします。


a0155104_23393765.jpg



いつもながら、
本当の戦いは撮った後に訪れるのだなぁ、と。

ボツショットを適宜消しながら撮っていたんですが
帰ってみたら1999枚でした。

当分、モニターとのにらめっこが続きます。




関連記事
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『龍』・・・・・・・・・・・2011年 第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『DRAGON』・・・・・2012年 第26回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田浩一 肥田野雄紀 氷彫刻 『イルカ』・・・・・・2013年 第27回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』・・・・・・2014年 第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『2015年 飛翔』・・・・・・2015年 第29回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『飛翔 ~大空に羽たく鳳凰~』・・・・・・2016年 第30回 国宝松本城氷彫フェスティバル


by TamaWakaba | 2014-01-28 23:44 | 氷彫刻 | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

【予告】 第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル



第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル
1月25日10:00 ~ 26日16:00

全国氷彫コンクール
25日18:00 ~ 翌6:00


今年も(徹夜で)撮りに行ってきます!

a0155104_0541623.jpg


今年はかつてないほど寒さが緩むとの予報

氷彫制製作間帯の予想気温は
8度~4度。

天候
曇り一時雨。

今年は嫌になるくらいの寒い冬が続いていたというのになぜ。

氷彫製作は一体どうなるのか・・・

しかと見届けてきます。



関連記事
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『龍』・・・・・・・・・・・2011年 第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『DRAGON』・・・・・2012年 第26回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田浩一 肥田野雄紀 氷彫刻 『イルカ』・・・・・・2013年 第27回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』・・・・・・2014年 第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『2015年 飛翔』・・・・・・2015年 第29回 国宝松本城氷彫フェスティバル
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 『飛翔 ~大空に羽たく鳳凰~』・・・・・・2016年 第30回 国宝松本城氷彫フェスティバル





 
by TamaWakaba | 2014-01-25 01:28 | 氷彫刻 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

2013年度 樫山工業イルミネーション ~真冬の夜の夢~

長野県佐久市 樫山工業イルミネーション


寒々しい光の連なりを
嫌いになりかけていた心を
そっと優しく癒してくれる。

そういう特別な暖かさが
ここのイルミネーションにはある。


a0155104_23581682.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_23581322.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_23581132.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + プロソフトン(A)






a0155104_2358978.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + プロソフトン(A)







a0155104_2358775.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







a0155104_2358436.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







a0155104_2358026.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







a0155104_23575818.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







a0155104_2357563.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







a0155104_23575064.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







a0155104_23574898.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III + プロソフトン(A)






a0155104_2357463.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + プロソフトン(A)







今年も佐久市の樫山工業にイルミネーションを見に行ってきました。
先日の南長野運動公園の記事にも書いたとおり
あの寒々しく青く、体の芯まで凍りつかせるような光に傷めつけられ、
さらには街のそこかしこで見られる、センスのかけらもないイルミネーションに
心底辟易して、到底写欲が湧くような状態ではありませんでした。
しかし、昨年の感動をふと思い出し、
「ここならばもしや・・・」
という淡い期待を抱いて佐久市に足を延ばしたのです。

結論。
行って本当に良かった。

昨年はシンデレラをモチーフとした世界観でしたが、
今年は大ツリーを中心とした「光の森」といった風情。
大ツリーは静かな音楽とシンクロして、様々なパターンで色の波を作り、
時間を忘れて見入ってしまいます。
LEDを感じさせない暖かな光の連なり。
私の苦手な青色系も結構使っているのですが、
まったく嫌味ではありません。
この点ははどこのイルミネーションとも違います。

おそらくその違いの根底にあるのは、
イルミネーションに対する情熱だと思います。

このイベントは会社の本業とは全く別分野で、
集客効果も増益効果もあまりないかもしれないけれど、
たぶんこの樫山工業の社員さん達は
このイルミネーションに本気で取り組んでいます。
そういう社員の皆さんの思いが透けて見えるような
イルミネーションです。

そこに「思い」があるかどうか。
そこに哲学があるかどうか。

それは写真にも言えそうです。
by TamaWakaba | 2014-01-20 01:14 | イルミネーション | Trackback | Comments(8)
 ▲ 
 ▼ 

興味津々 ~ニホンカモシカ・ニホンイタチ~

長野県大町市(ニホンカモシカ) 長野県安曇野市(ニホンイタチ)
ニホンカモシカ(Wikipedia)
ニホンイタチ(Wikipedia)


山道から見上げる高台に
カモシカがいた。

今まで見てきたカモシカの中では
誰よりも美形で
愛らしい顔つきだった。

身じろぎもせず
こちらを見ていた。

a0155104_21321840.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

まさに興味津々といった目つきで
視線をそらさない。

「おーい」と声を掛けてみたが
まるで逃げようとする気配がない。

a0155104_21321534.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

そこで我々は、
誰も見ていないのをいいことに、
見よう見真似の阿波踊りを
カモシカに向かって披露してみた。

しかしカモシカは
やはり微動だにせず
ひらひら踊る二人の人間をしばらく眺めていたが、
やがて馬鹿らしくなったのか、
ゆっくりと森の奥に歩き出した。

a0155104_21321310.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

途中、カモシカはまた立ち止まって
我々を振り返った。

阿波踊りアンコールか。
いや、違うか。

やはりカモシカが何を考えているのかは
分からずじまいであった。

ただ、あのカモシカは
長野県人が踊る、
なんの心得もない「エセ阿波踊り」を見物した
最初で最後のカモシカであろう。
それは、仲間に自慢していい。

さらば美しいカモシカよ。




別の日。

車で走っていると
川の対岸に何か動くものを見つけた。

カモシカの親子だ。

今まで会いたい会いたいと願い続けた
カモシカの親子に初めて会えた。

a0155104_2132843.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


積もった雪の
硬い表層を時折踏み抜いて
ズボズボと足を取らつつ
親子はゆっくりと辺りを歩きまわりながら
枯れ枝に残った葉っぱや
冬芽を口にしていた。

彼等にとっても過酷な冬がやってきているのだな、と思う。


a0155104_2132626.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III


幼獣の死亡率は50パーセントだというから、
この子もここまで成長するのには
かなり苦労したはずだ。
独り立ちまであと少し。
頑張って欲しい。



a0155104_2132443.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






また別の日。

川原にあったコンクリートブロックの隙間で
何かが動いたような気がした。

しばらくその辺りを注視しながら待っていると、
やがてブロックの隙間から
小さいのが顔を出した。

イタチだ。


a0155104_2132059.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


私の姿に驚いて逃げるかな、と思ったら
こっちを睨んだまま
動く気配がない。

体は小さくても
気は強いのだ。


a0155104_21315736.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


しかし、ちょっとこちらが近づこうとしたら、
慌てて穴の奥に
逃げ込んだ。

やはり小動物だ。
大きな人間は
怖ろしかろう。


a0155104_21315563.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




と思ったら、
なんと戻ってきた。

人間に興味津々なのか、
とんでもない度胸である。

その勇気は
仲間に自慢していい。

a0155104_21315385.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


カモシカといいイタチといい、
もしかすると私が
彼等の目を引く変な奴なのか
という疑問もあるにはあるが、
彼等と間近で会えるのは
幸せなことこの上ないのである。





by TamaWakaba | 2014-01-16 22:31 | ニホンカモシカ | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

潮騒

新潟県上越市





a0155104_22525630.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_22525471.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_2305531.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_22524550.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_22524765.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_22524355.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_22524224.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



by TamaWakaba | 2014-01-13 23:50 | 海辺の風景 | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

湯気の誘惑、魅惑の半逆光




冬の日の、
遠くから照らしてくる太陽で
ゴハンはよりいっそう
旨そうに輝くのでした。


~ ~ ~


ある日の朝食。
a0155104_2353544.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM


自家製食パン。
モモ主から頂いたホームベーカリー。
当初、かなりでかくてたじろいだが、
使い込むほど、恐ろしく美味いパンが焼きあがります。
もう、これなしの生活は考えられません。
a0155104_235373.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




スクランブルエッグとシャウエッセンと温野菜。
朝パン食における黄金の三点盛り。
a0155104_235179.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM




かぼちゃのスープを添えて。
a0155104_2345869.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM






やはり、炊きたての白米のビジュアルは
心に染みるのです。
a0155104_2345474.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



炊きたての御飯、熱々の味噌汁、焼鮭。
正しい日本の朝飯。
a0155104_2345261.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM








そして、再びパン食。
本日はカブのコンソメスープを添えて。
a0155104_2344863.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




コーヒー。
豆から挽いてハンドドリップします。
3年前にコーヒーにハマり、
何百杯も試行錯誤して、
この頃ようやく満足な味を出せるようになりました。
お湯の温度がホント大切です。
いつも温度計で測ってます。
a0155104_2344462.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM





今朝は自家製リンゴジャムで。
a0155104_2345055.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM





確か九州地方の柑橘。
a0155104_2344068.jpg
EOS5D Mark III +EF85mm F1.8 USM









そして再び、
正しい日本の朝飯。
a0155104_2343785.jpg
EOS5D Mark III +EF85mm F1.8 USM







角餅を小さく切って
みたらし餅にしてみました。
お正月です。
a0155104_2343551.jpg
EOS5D Mark III +EF85mm F1.8 USM




黒豆が光っていたので・・・。
お正月です。
a0155104_2343090.jpg
EOS5D Mark III +EF85mm F1.8 USM







とある日のお昼。

自家製ラーメン。
豚ひき肉を使った醤油ダレベース。
多分総額100円以下。
家で作れば安くて美味いのです。
a0155104_2342855.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_234254.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_2342312.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM








そしてやはり、
食後はコーヒーで。
a0155104_2342028.jpg
EOS5D Mark III + EF85mm F1.8 USM



ごちそうさまでした。




休みの日は充実の朝食ですが、
平日といえば
半分閉じてる寝ぼけ眼で
「あーやだ、仕事行きたくねー」
と毒づきながら、
インスタント茶漬けを急ぎかきこむ毎日だということを
申し添えておきます。
あーほんと平日の朝は嫌だ(´・ω・`)
by TamaWakaba | 2014-01-08 23:59 | 家でグルメ | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

冬を耐える 【前編】 ~2014年撮り初め~

長野県大町市平 ニホンザル (元日撮影)



雪に覆われた森で
彼等に出会った。

a0155104_2050416.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




彼等には
大晦日も元日もない。

a0155104_20495712.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




彼等にあるのは
延々と続く
厳しく長い冬。

a0155104_2049290.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




年越しそばも
おせち料理もない。

a0155104_20485820.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




雪の中をさまよい歩き
やっと見つけた食料は

a0155104_20485672.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





木の皮。

a0155104_20485528.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM (トリミングあり)





美味くもなければ
大した栄養もない。

a0155104_20485244.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





しかし
遥かな雪解けまで
命をつなぐためには

a0155104_20484887.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





ひたすら
食べなくてはならない。

a0155104_20484597.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





古株のメスザル。

年老いた躯で
この冬を生き延びるため

a0155104_20484385.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




彼女も、
ただ黙々と食べ続ける。

a0155104_20484184.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





まだ幼さの残る若ザル。

a0155104_2048372.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





この僅かな食料が

a0155104_20483512.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





明日生きているかどうかの
分岐点となる。

a0155104_20483364.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





永遠に続くかのような冬。

a0155104_20483163.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





命を落とす仲間も
少なくない。

a0155104_20482875.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





露天風呂に浸かって待っていれば
美味い食事にありつけるような甘さは
ここには存在しない。

a0155104_20482559.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




また白いものが
舞い始めた。

a0155104_20482011.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



~ 【後編】に続く




by TamaWakaba | 2014-01-04 21:58 | ニホンザル | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

冬を耐える 【後編】 ~2014年撮り初め~

【前編】に戻る



雪が強くなった。

a0155104_211991.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





鋭い冷気はらんだ風が
容赦なく
彼等に吹きつける。

a0155104_211440.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





丸裸になった
広葉樹の森に
風雪をしのげる場所はない。

a0155104_211110.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





雪は
彼等の背中に
降り積もる。

a0155104_2105951.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





夕暮れが迫っても
食料探しは続く。

a0155104_210568.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM






まだ親離れできていない子ザルにも
冬は
残酷なほど平等に訪れる。

a0155104_2105399.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





子供だからといって冬は容赦しない。
子供だからこそ、
冬はよりいっそう牙を剥く。

a0155104_2104823.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





親の見よう見まねで
恐る恐る
木の枝を口に運ぶ。

そこに温かな乳の味はない。

a0155104_2104681.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM




時には
躯を寄せあって
寒さをしのぐ。

a0155104_210452.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM



冬は始まったばかり。

a0155104_2104315.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





色の無い世界が広がる。

a0155104_2103668.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM





冬は
続いていく。

a0155104_21551841.jpg
EOS5D Mark III + EF300mm F2.8 L IS USM



~ 終 ~


【前編】に戻る



by TamaWakaba | 2014-01-04 21:57 | ニホンザル | Trackback | Comments(4)
 ▲ 
 ▼ 

謹賀新年 2014








今年も撮るぞ~!






a0155104_015793.jpg




a0155104_015397.jpg




a0155104_015587.jpg





by TamaWakaba | 2014-01-01 00:22 | ごあいさつ | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

万座道路紅葉
at 2017-10-14 22:51
中秋の名月と善光寺参道
at 2017-10-12 00:36
中秋の名月と善光寺
at 2017-10-06 20:54
弁天岩からの夕陽
at 2017-09-29 21:06
墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-27 13:37
天の川、台風の後。
at 2017-09-25 17:56
墨坂神社のヒガンバナ2017..
at 2017-09-20 00:10
1000mmで月いろいろ
at 2017-09-15 23:23
東尋坊の夕暮れ
at 2017-09-12 12:14
ハスに水滴 2 ― 蓮記20..
at 2017-09-06 09:47

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(40)
(21)
(10)
(8)
(6)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

kobatetuapri..
by TamaWakaba at 23:38

ブログトップ | ログイン