▼ 

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 ▲ 
 ▼ 

安曇野の白鳥'13~'14 【5】  離水

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】
長野県安曇野市明科



a0155104_1418343.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_1418171.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14175878.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14175510.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_1417525.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14174987.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14174625.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_1417442.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14173987.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_1417361.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_1417344.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14173223.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14172988.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14172520.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM





a0155104_14172166.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】

by TamaWakaba | 2014-03-26 14:24 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

安曇野の白鳥'13~'14 【4】 霧の朝

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】
長野県北安曇郡池田町~安曇野市明科




彼らに会うため

深い霧の中を。

a0155104_21295825.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM




a0155104_21295787.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM




a0155104_21295430.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM




a0155104_21295342.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM




a0155104_21295048.jpg
EOS7D + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21294718.jpg
EOS7D + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21294496.jpg
EOS7D + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III



a0155104_21294317.jpg
EOS7D + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21293960.jpg
EOS7D + EF300mm F2.8 L IS USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_21293725.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】

by TamaWakaba | 2014-03-19 21:38 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

安曇野の白鳥'13~'14 【3】 ピーちゃんの帰還 ~ スワンに乗るカエル

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】
長野県安曇野市豊科 犀川白鳥湖



3月16日。

あれからというもの、
ピーちゃんのことが気になって仕方がない。

諦め半分の重い気持ちで
白鳥湖を訪れる。

a0155104_1602137.jpg
EOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM

・・・・あれ?

3羽いる。

a0155104_1601933.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

あの、くちばしのクワガタ模様。

間違いなくピーちゃんだ。

a0155104_1601888.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

ピーちゃんは帰ってきていた。

どこに行っていたんだよもう。

とにかく良かった良かった。

a0155104_1601684.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

ピーちゃんは片翼だから、
川に流されたりすれば、
羽ばたいて上流に戻るということはできない。
天敵のキツネなどが襲ってきても
飛んで逃げるということができない。

だから、最悪の事態を考えざるをえなかった。

a0155104_1601348.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

ピーちゃんは
こちらのそんな気持ちも知らず、
早春の太陽の下で
うとうとひなたぼっこをしている。

a0155104_1601226.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM

ずっと箱入り娘だったから
大丈夫かな、と思っていたけれど
ちゃんと帰ってくるとは
大したものだよ。

a0155104_1601011.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

ピーちゃんたちを珍しがって
観光客の子供たちが駆け寄ってくる。

フクちゃんとのぶちゃんは
めんどくさそうに立ち上がって、
ヨタヨタ歩いていくのだけれど、

ピーちゃんだけは
そんな子供に向かって口をパクパクさせ
教育的指導をしているのだった。

a0155104_1601047.jpg
EOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM


ピーちゃん、
やっぱり君は大したものだよ。

a0155104_160628.jpg
EOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II USM


でも、いろいろと心配になるから
今度出かける時は、ちゃんと教えて欲しい。

旅の食料とか、防犯ブザーとか、
事前に準備してあげたい気持ちでいっぱいだ。

a0155104_160425.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


おかえりピーちゃん。







さて・・・・・


器とか、小物とか、
そういうものとの出会いは
運命的だな、と思う。


この日、別の用事で訪れた雑貨屋で
そういう出会いをした。

a0155104_160073.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

小物の棚の上の
カエルと目があった瞬間
衝撃が走った。

a0155104_15595983.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

白鳥の背中に
アマガエルを載せようという発想。

只者ではない。

もしや、誰かが私のために
作ってくれたのでは、
と思うくらいだ。

a0155104_15595674.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

白鳥とアマガエル。

私の写真の二大巨塔をコラボさせるとは・・・

当然の流れで、
彼らを我が家にお迎えした。

パソコンの横のスピーカーの上に乗って
今もこちらを見ている。

a0155104_15595543.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM

このブログの
公式マスコットにしたいくらいなのだ。



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】






※ この記事だけエキブロイイネボタンが何故か全く反応せず、色々といじっているうちに全く表示されなくなってしまいました。
復活させることも全くできません(*_*;
なぜだ-!


by TamaWakaba | 2014-03-16 17:20 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(6)
 ▲ 
 ▼ 

斜光

長野県安曇野市明科


a0155104_22135532.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

a0155104_22135351.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM

a0155104_22135220.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM


by TamaWakaba | 2014-03-12 23:36 | 空・雲・天候 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

安曇野の白鳥'13~'14 【2】  ピーちゃんとフクちゃん、その後。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】
長野県安曇野市豊科 犀川白鳥湖




毎年、数多くの白鳥たちが越冬する
犀川白鳥湖。

そのほとりに
ピーちゃんとフクちゃんはいる。

狐島の保護舎を出たふたりは
ここで
他の白鳥たちを間近に見ながら
自由に暮らすことになった。

a0155104_20592823.jpg


ピーちゃん。

外に出たのは何年ぶりだろう。

a0155104_20592687.jpg


いろんなものに
興味津々だ。

半分白鳥で半分人間のピーちゃんは
たまに白鳥湖の駐車場をトコトコと
気ままに散歩するらしい。

ある時は、ベンチに置いてあったカメラのストラップに噛み付いて
機材を地面に引きずり落とし、
ものの見事に壊したとか壊さないとか・・・

物怖じしない性格は健在のようだ。

a0155104_20592450.jpg


フクちゃん。

相変わらず、人間に媚びないクールな横顔。

a0155104_20592283.jpg


保護舎の中では不機嫌そうに
時折ピーちゃんを突いたりしていたが、
今は心穏やかに暮らしているようだ。

a0155104_20591631.jpg


新顔
「のぶちゃん」。
のぶちゃんもピーちゃんと同じく
怪我で片翼を失った。

a0155104_2059136.jpg


独りで乗り切った安曇野の夏。
冬の訪れとともに
思いがけず
新しい仲間が増えた。

a0155104_20591139.jpg


なぜか
人間を怖がらない3羽の白鳥。

記念写真の格好のモデルとして大人気だ。

a0155104_2059980.jpg


ピーちゃん、フクちゃん、のぶちゃん。
いま、3人の上には
安曇野の大きな空が
広がっている。

a0155104_2059641.jpg




1月初旬のこの日、
久しぶりに
元気なピーちゃんとフクちゃんの姿を見て安心した。

その後も風のうわさに
ピーちゃんの武勇伝を耳にして、
これからもきっと3羽で仲良く暮らしていけるだろう、と思った。

このブログの記事も
めでたしめでたし、という流れで終える予定だった。

しかし、
数日前に訪れた安曇野で知らされたのは
思ってもいないことだった。

ピーちゃんがいない。

フクちゃんとのぶちゃんを残したまま
ピーちゃんだけ
数日前から行方知れずになってしまった。

歩いてどこかに行ってしまったのか。
川に流されてしまったのか。
それとも・・・
何かしらの痕跡すら見つからず、
その行方は誰にも見当がつかないのだという。

まさか。
悪い冗談であってほしい。

その話を耳にしたその足で
犀川白鳥湖に向かった。

残念なことに、
そこにピーちゃんの姿はなかった。
あの話は本当だった。

フクちゃんとのぶちゃんは
何もないかのように
水面に佇んでいることに
かえって気持ちがざわめく。

白鳥湖の全体を見下ろすことができる
光橋の上から
辺りをくまなく探してみる。
かつて、飛べなくなった白鳥「あずみ」を
そうやって見つけたことがあったからだ。

しかし、
どこにもピーちゃんの姿を見つけることは
ついにできなかった。

その後も
ピーちゃんが戻ってきたという話は
まだ私のもとに届いてはいない。

保護舎の網の隙間から顔を出したピーちゃんが、
コーコー鳴きながら
パクパク咥えてきた指の感触を思い出すたびに、
大好きだった爺ちゃんに思い切り甘えるその姿を思い出すたびに、
なんだか胸が苦しくなる。


~続く~




【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】




by TamaWakaba | 2014-03-10 22:36 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

安曇野の白鳥'13~'14 【1】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】

1月2日。

安曇野市穂高北穂高
狐島。

誰もいない水田。

冬になっても
白鳥たちは、
もうやってこない。

a0155104_226998.jpg

冷たい水を湛え
鏡像の北アルプスを映すはずの場所には

尖った稲の切り株が
無機的なリズムを淡々と刻んでいる。

a0155104_22164637.jpg

水田の傍らにある
ピーちゃんとフクちゃんの保護舎。

a0155104_22281838.jpg

そこに
ピーちゃんたちの姿はない。

a0155104_2231558.jpg



a0155104_22451510.jpg


ピーちゃん用のおもちゃが
風に揺れている。

もう、啄まれることはない。

a0155104_22501319.jpg

役割を終えた保護舎。

夏の厳しい暑さから
何年もの間
ふたりを守り続けた。

a0155104_2258010.jpg

保護舎の傍らの畑。

そこに爺ちゃんの姿はない。

夏の間
爺ちゃんは白鳥たちがやって来るのを心待ちにしながら
この畑で
白鳥たちのための野菜を作った。

a0155104_2355548.jpg

爺ちゃんが育てたカボチャだろうか。

野ざらしになっていた。

a0155104_23112151.jpg


爺ちゃんは
白鳥たちを精一杯もてなした。
白鳥たちも
爺ちゃんを慕っていた。

a0155104_0305967.jpg

それは
爺ちゃんと1000人の孫
そのものだったと思う。

a0155104_0344835.jpg


保護舎の近くに
白鳥の羽が1枚落ちていた。

この場所にかつて
白鳥が暮らしていたことの
小さな証。

やがてそれも
風がどこかへ運んでいってしまうだろう。

a0155104_0364331.jpg


私はここで
彼らに出会った。

a0155104_0364632.jpg


あの日、
私はこの場所で
彼らに出会った。

この場所があったから
彼らに出会えた。

本当に
本当に
ありがとう。


~つづく~



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】







by TamaWakaba | 2014-03-06 01:04 | 安曇野の白鳥 | Trackback | Comments(10)
 ▲ 
  -    -  



基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴

最新の記事

桜記2017【6】須坂市・相..
at 2017-04-26 13:39
桜記2017【5】臥竜公園の..
at 2017-04-24 18:07
桜記2017【4】須坂市村山..
at 2017-04-22 01:14
桜記2017【3】臥竜公園の..
at 2017-04-17 22:34
メシを撮ること12 ねぎ餃子..
at 2017-04-15 16:39
桜記2017【2】新潟市・白..
at 2017-04-12 22:10
アマンダンスカイ キャンドル..
at 2017-04-09 16:20
花粉光環(花粉光冠)
at 2017-04-06 00:09
善光寺参道卯月
at 2017-04-04 08:35
桜記2017【1】長野市・ぱ..
at 2017-04-02 23:54

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
安曇野の白鳥
ニホンカモシカ
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他

未分類

タグ

(38)
(17)
(7)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

HITOHA21さん ..
by TamaWakaba at 13:38

ブログトップ | ログイン