<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 20日

お知らせ



誠に勝手ながら

このブログの更新を

当面の間休止することとなりました。

現在のところ、再開は未定です。


a0155104_0191943.jpg






by TamaWakaba | 2015-03-20 00:22 | EOS5D Mark III | Trackback | Comments(12)
2015年 03月 11日

戸隠神社弥生

長野市戸隠 戸隠神社(3/11撮影)


戸隠の山中では
いまだ全てが凍てつく。

春はまだ遠い。



a0155104_2229372.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_2229146.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22285987.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22285632.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22285464.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22285253.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_2228493.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22284638.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22284489.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22284229.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22284088.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22283659.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22283424.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22283137.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22282929.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






a0155104_22282528.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





気温は氷点下5度でした。


 

by TamaWakaba | 2015-03-11 22:40 | EOS5D Mark III | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 07日

光る海

大分県佐賀関→愛媛県三崎航路


眩しさを右舷に引き摺りながら
船は沖へと進んでいった。


a0155104_1416062.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_14155880.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1415553.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14155333.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14155025.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14154699.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14154229.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14153964.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14153761.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1415355.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_14153273.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III








by TamaWakaba | 2015-03-07 14:25 | EOS5D Mark III | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 03日

メシを撮ること5+食後のコーヒー

「メシを撮ること」シリーズ
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
【11】






機材:EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
自宅にて


やはり、朝食における主役は
炊きたての御飯だと思うのである。

a0155104_22384930.jpg






「蓮根と茸の揚げ出汁」
a0155104_22383994.jpg






そして助演陣の筆頭、「塩鮭」
a0155104_22383384.jpg






正しい朝飯。
a0155104_2238654.jpg






「我家特製ポテトサラダ」
a0155104_22354123.jpg

油滴天目の平茶碗。
お茶でなくとも
日常食器として使ってみると楽しい。





「ほうれん草とスクランブルエッグ」
黒に黄色が映える。
a0155104_22352857.jpg






「こんにゃくとエリンギの煮物」
八幡屋礒五郎「柚子七味」を添えて。
a0155104_22352298.jpg







朝飯の助演王座を塩鮭と争うもう一人の名脇役、
「塩鯖」
a0155104_22351526.jpg






「ブリ大根」
a0155104_2235748.jpg





「高野豆腐と椎茸の炊いたん」
a0155104_22345313.jpg


最近手に入れた青磁の平鉢。
お気に入り。

a0155104_22344632.jpg





「焼き大根、アスバラガス、ブロッコリースプラウト」
a0155104_22343774.jpg






「ココットオムレツ」
a0155104_22342547.jpg
(私信)こずえさん素敵な器をありがとうございます。大切に使わせていただいてます





「アオサの味噌汁」
a0155104_22341588.jpg





で、やっぱり炊きたて御飯。
a0155104_2234516.jpg





以下、おつまみメニュー。



「焼野菜のサラダ」
a0155104_22335579.jpg





「レンコン餅」
a0155104_2233465.jpg

備前焼の平皿(ひび割れありのアウトレット)を
うちの親父(器用)に金繕いしてもらったもの。
無傷よりもかえって良くなったと思う。




「焼ポテトハーブソルト風味」
a0155104_22333918.jpg





「豚肩肉の自家製叉焼」
a0155104_2233827.jpg


フォトジェニックだったのでもう一枚。
a0155104_223356.jpg




で、「ビール」。
飲まずにはいられない(笑)。
a0155104_2233347.jpg







以下、食後ということで
コーヒーについて。


約10年前、コーヒーにハマって以来、
いろんなコーヒーを遍歴した結果がこれ。


豆で買って、
家で挽いて、
自分で淹れて飲む。

ということで、5年前くらいにこの装備に落ち着きました。

a0155104_2232575.jpg




豆。

いい豆屋を見つけるのが、
実は一番難しかったりします。

スーパーで売っているような量販型の豆を使うと
必ず泣きを見る結果となるので、豆屋と銘柄選びは大切。

a0155104_22325557.jpg



豆の筋につまっているのが「シルバースキン」
いわゆる渋皮です。

栗でも、ピーナツでもアーモンドでも、
とにかくどんな種でも、周りを包んでいる皮は渋味とエグ味が盛りだくさん。

コーヒーでも、このシルバースキンが味の邪魔をします。
対処法は後ほど。


a0155104_223252100.jpg



挽きます。
ハンドドリップなので中挽きくらいで。

浅めの金属製ボウルに粉を集めます。
これには理由が。

a0155104_22324899.jpg



このとおり、挽いた粉のなかに、
シルバースキンがどっさり混ざってます。
あと、雑味の原因である細かすぎる粉も。

このまま淹れるのが普通なんですが、
かなりのエグ味が出るので、私は好きではないです。
では、どうするか。
ボウルの中でコーヒーの粉を揺すりながら
息を適度に吹きかけると、軽いシルバースキンや微細粉だけ飛ばして除去できるのです。

金属製のボウルなのは、静電気で粉がくっつかないようにするためなのでした。
a0155104_22324651.jpg




除去後。
こんなにキレイになります。
a0155104_22324442.jpg




ドリップ。
経験上、湯温は85度前後が私の好みの味になるみたいです。
毎回必ず、温度計で計ってます。
温度が1度変わると、コーヒーの味もハッキリ変わりますので
温度設定も超重要。

沸騰したお湯は論外。


まずは「蒸らし」。
粉全体がお湯を吸いつつ、
下にザバザバ落ちない程度に注ぎます。
a0155104_22324128.jpg



粉がハンバーグみたいに膨らみます。
a0155104_22323551.jpg



蒸らしの膨らみが落ち着いてきたら注湯開始。
最初は細く、最後は太く。
色々やり方がありますが、
こればかりは何回もやって自分のスタイルを確立しないと
同じ味にならなかったりします。

一番大切なのは
フィルターに沿ってできている
コーヒー粉の壁を注湯で壊さないことかな、と思います。

壁が決壊すると、そこからお湯が抜けて
水っぽいコーヒーになってしまいますので。
a0155104_22323329.jpg




好みの量と濃さになったら
ドリッパーを外します。

最後まで落としてしまうと雑味が出るので、
ドリッパーにお湯が残っている段階で外します。
a0155104_22323138.jpg



残ったお湯で温めたコーヒーカップに注ぎます。
注ぐ前にサーバでちょっと温めてもいいですけど、
加温すると味が変わっていくので適度に。
a0155104_22322935.jpg





フレンチプレスやサイフォンで淹れたコーヒーも喫茶店で飲みましたが、
やっぱり私には、ハンドドリップが合っているみたい。
a0155104_22322699.jpg





それではゆっくりいただきましょう。
a0155104_22322191.jpg




ごちそうさまでした。


「メシを撮ること」シリーズ
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
【11】










カメラを左手で持って、ファインダーを覗きながらコーヒーをドリップするのが一番難しかった(^^ゞ


by TamaWakaba | 2015-03-03 01:35 | EOS5D Mark III | Trackback | Comments(2)


  -  TOP  -