▼ 

タグ:モノクロ ( 29 ) タグの人気記事

 ▲ 
 ▼ 

長野灯明まつり2017 ― 夜のショーウィンドウ ―

長野市 善光寺参道


そうか、
桃の節句も
近いのだ。

もうすぐ
春なのだなあ。

a0155104_21494734.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1




a0155104_21494403.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21494174.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21493796.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21493426.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21493064.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21492601.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21492262.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21491964.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21491523.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21491288.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21490921.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21490668.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21490335.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21485965.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21485611.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21485299.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21484993.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21484641.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1



灯明まつりの極彩色はすでに
ちょっと食傷気味だ。


a0155104_21484206.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE




a0155104_21483990.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE





a0155104_21483408.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE





a0155104_21483022.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21482628.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21482148.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21481743.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_21481365.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1


静かな路地に
帰ってくると
少しホッとする。


a0155104_21473502.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1






いろいろと並行して編集中でして・・・
自ら首をギリギリ締め上げております。
頑張れ自分。
by TamaWakaba | 2017-02-15 22:26 | 善光寺参道 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

戸隠神社舞雪

長野市戸隠 戸隠神社(奥社)


奥社にはもう
冬が来ている。


a0155104_16511637.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16511295.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16510940.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16510208.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16505999.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16505524.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM





a0155104_16505031.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16504863.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16504483.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16504284.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16503916.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16503549.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16503120.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16502728.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16502340.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16501987.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16501573.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16500808.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




a0155104_16482337.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM


景色から
どんどん色が失われていきます。

里の冬も
もうすぐ。













by TamaWakaba | 2016-11-20 16:59 | 戸隠神社 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

上越妙高イルミネーション2016

新潟県妙高市 アパリゾート上越妙高 「アパリゾート上越妙高イルミネーション2016」(11月15日まで)


全てが光と色で満たされる時、

もうそれは、

光でも色でもない。


a0155104_23003176.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23002883.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23002599.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23001907.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23001637.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23001230.jpg
<EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23000941.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23000653.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_23000332.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22595952.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22595559.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22595328.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22595060.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22594671.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22593991.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22593636.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22593210.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22592757.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22591842.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_22591129.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)






a0155104_22583769.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)








イルミネーションはかなり食傷気味だったんですが、
妙高に日本最大級のイルミネーションがあると聞き、
怖いもの見たさで行ってきました。

良い意味でも悪い意味でも、
「凄まじい」です。

入場料¥1500が高いのか安いのかは
見るひとの評価によって大きく分かれるでしょう。

イルミネーションを見ている時すでに
モノクロで撮影しようと心に決めていました。
それが、このイルミネーションへの
私の感想というか、アンチテーゼです。



by TamaWakaba | 2016-10-16 17:59 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

安曇野花火2016 【前編】 花火を見るひと

【前編】 【後編】
長野県安曇野市 御宝田遊水池 第10回安曇野花火(8/14)


花火の色はきっと、

花火を見るひとの

心のなかにある。



a0155104_00055666.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM




a0155104_00055405.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00055274.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00054887.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00054659.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00054332.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00053748.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00053502.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00053395.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_00053054.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00052887.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00052461.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00052239.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00052007.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00051718.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00051323.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_00050858.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM+ ソフトン(A)





a0155104_00050635.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ソフトン(A)





a0155104_00050386.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)





a0155104_00051130.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_00050061.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ソフトン(A)





a0155104_00045640.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)


【後編】につづく~



モノクロの花火は、なんとも言えない哀愁をまとうというか、
「今は遠い思い出」のような景色になるので不思議です。

昔はモノクロフィルムという物理的な制約があったので
カラーにするかモノクロにするか、という命題は常に撮影に先立って存在していたわけですが、
デジタル時代になった今、モノクロ写真は表現におけるひとつの選択肢に過ぎません。
だから、あえてモノクロにするということの意味は、昔よりも大きいのかもしれません。

色に関してだけ言えば、
モノクロ写真というのは、塗り絵に似ています。
無彩色の写真は
それぞれの鑑賞者によって、記憶や想像力という絵の具で彩色されます。
心のなかで彩色されたその写真は、この世で無二の、自分だけのものです。
カラー写真のイメージをそのまま受け取るのとは違って、
モノクロ写真は、意識の中で彩色されることで
より「自分だけの写真」になります。
だから、モノクロは時に強い印象を与えるのだと思います。

花火はその色が魅力のひとつなのですが、
今回はあえて、その色を削ぎ落としてみました。

00000010_1257561.png

by TamaWakaba | 2016-08-30 00:54 | 花火 | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

霧の町

長野県大町市


どこか知らない場所に来たみたいだ。

音のない、霧の町。


a0155104_12441612.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III




a0155104_1244137.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12441044.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_1244752.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_1244510.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_1244280.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12435981.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12435740.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12435517.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12435299.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12434848.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12434637.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12434472.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12434121.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12433831.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12433561.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






by TamaWakaba | 2015-01-03 13:05 | 空・雲・天候 | Trackback | Comments(2)
 ▲ 
 ▼ 

穂高神社 ~安曇野神竹灯(あづみのかみあかり)~ 2014

長野県安曇野市 穂高神社

a0155104_15163515.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15161128.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1516564.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15155727.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15155287.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15154652.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15153690.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1514980.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1514678.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1514421.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15135956.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15135774.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15135565.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1513538.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15135114.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15134938.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1513455.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15134346.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15134121.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_1513391.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15133788.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15133562.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1





a0155104_15133399.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1








「安曇野神竹灯(あづみのかみあかり)」
大分県竹田市の竹灯籠イベント「竹楽」から竹灯籠の一部を譲り受け、2011から開催。
穂高神社の祭神「穂高見命」の姉「豊玉姫命」が竹田市にまつられていることにもちなんでいる。
by TamaWakaba | 2014-12-13 15:43 | その他の祭・イベント | Trackback | Comments(0)
 ▲ 
 ▼ 

平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』 【1】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】
第28回 国宝松本城氷彫フェスティバル 全国氷彫コンクール


一度として同じ冬はない。

2014年1月25日。
連日の寒さがいきなり途絶えた。

松本城近くの有料駐車場に車を止め
ドアを開けた途端に、
ぬるい風が車内に吹き込む。
湿った土の匂いをはらんだ風。
春先の、雪解けの頃の風とよく似ている。

天気予報は今のところ的中。
この後、夜半にかけての気温は4度から8度で推移、
未明にかけては弱雨が見込まれている。

終始0度近くで行われた2年前の大会も厳しい戦いだったが、
今回はさらに、2年前とは比べ物にならないほど暖かい。
そもそも、この状況で氷彫フェスタは開催されるのだろうか。
開催されたとしても、続行不能となるのではないか。

意気込みや期待よりも
不安のほうが先に立つ。


午後5時43分。
松本城公園・本丸庭園。

a0155104_21474767.jpg

各所に並べられた沢山の角氷。

照明に電力を供給するディーゼル発電機が騒々しい音を立て、
いがらっぽい排煙を吹き上げる。

競技開始前の慌ただしさを目の当たりにして
とにかく大会がスタートすることにまず安堵する。


お堀に沿って設けられた会場の東端に、
平田さんを見つけた。

a0155104_21434699.jpg

黒いニット帽を被った平田浩一さんは
ホテルニューオータニの氷彫刻職人。
そしてその傍らには帝国ホテルの専属氷彫刻職人である父、謙三さんの姿が見える。

2年ぶりに氷彫刻師親子のタッグが実現した。



午後5時45分、競技開始。
会場設営が順調に進み、予定よりも15分前倒しのスタートとなる。

a0155104_22183566.jpg



例年どおり、1チームあたり15本の角氷が提供される。
この15本をいかに使うか、
あらかじめ準備した設計図と照らしあわせて、
切り分ける寸法を決めていく。

a0155104_421360.jpg



角氷に巻尺を当て、
センチ単位で長さを測る。

緊張感に満ちた綿密な計測作業。

一気に工具類の騒音が高まる場内の中で
平田チームにはいまだ無音の時間が流れている。

a0155104_412684.jpg



表面処理。
角氷は一見して平滑のようでいて、表面には小さな凹凸や
分配過程での汚れが付着している。

角氷をこのまま組み上げてしまうと、
氷同士がうまく接合せず、氷彫が傾いたり
氷彫の中に汚れの筋が入ってしまうことになる。
表面処理は精密で美しい氷彫を作るために
欠かせない工程だ。

a0155104_4285593.jpg


a0155104_4471926.jpg


氷の表面を慎重に確かめながら
作業が続けられる。

a0155104_4523386.jpg


午後7時。
イベントステージではお笑いライブが始まっている。

a0155104_5133482.jpg


賑やかな歓声をよそに
作業は淡々と続けられる。

a0155104_516164.jpg


切断。

a0155104_5315358.jpg


組み上げ。

a0155104_5392975.jpg


角氷は1本の重量が135kg。
それを切断したとしてもまだ、
1個数十キロの重さがある。

a0155104_5401931.jpg


のしかかる重さに歯を食いしばりながらの作業。
彫刻というアーティスティックな響きとは裏腹に、
建築現場さながらの力仕事が要求される。

a0155104_542360.jpg


正確な垂直を保って組み上げられる氷塊。
あの入念な下準備が
しっかりと生かされている。

a0155104_5462562.jpg


【2】に続く




【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】


by TamaWakaba | 2014-02-16 10:09 | 氷彫刻 | Trackback
 ▲ 
 ▼ 

平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』 【2】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】


午後7時30分。
手持ちの温度計は摂氏8度の辺りで止まったまま、
全く動く気配がない。

水は凍るどころか
容易に融け出してしまう状況にある。

a0155104_14485195.jpg


角氷の組み上げ作業が続く。

a0155104_15165111.jpg



組み上げと並行して
氷の整形が始まる。

電動チェーンソーの唸りとともに
砕けた細氷が舞い上がる。

a0155104_15644.jpg



a0155104_1520591.jpg


組み上がった氷へのデッサン作業。

a0155104_15263235.jpg


浩一さんが三角ノミを使い、
氷の表面に筋彫りを施す。

a0155104_15301153.jpg


デザイン画を氷の上に
素早くトレースしていく。

a0155104_15342286.jpg



デザイン画を氷に転写する方法は、筋彫りの他にもいくつかある。

製作者によっては、赤色マーカーペンで氷に直接線を描いたり、
原寸大のデザイン画を直に氷に貼り付け、
すぐに彫刻を開始するチームもある。

ただし、それらの手法が上手く機能するのは
氷点下で氷の表面が乾いている場合に限られる。

今回のような高い気温で
氷の表面が溶けている場合、
有効な手立てはこの「筋彫り」しかない。

a0155104_15411663.jpg



筋彫りの施された氷塊。
まだ、どのように彫刻されていくのか
窺い知ることはできない。

a0155104_1605148.jpg


この後に控える彫刻作業で
筋彫りの細い線が薄れてしまわないよう
電動ドリルでなぞってさらに線を深くする。

a0155104_1642995.jpg


午後8時。
競技序盤の慌ただしさが残る会場。
まだどのチームも形は見えてきていない。

a0155104_16183717.jpg


ついに彫刻作業が開始される。

a0155104_16362383.jpg


筋彫りの繊細な線に
いきなりチェンソーの刃が入れられる。
作業効率はいいが、少しでも刃先のコントロールを誤れば
削りすぎてしまう危険をはらんでいる。

a0155104_16372691.jpg


デザイン画はあくまでも2次元平面図である。
それを3次元的にどう展開していくのか。

a0155104_16452922.jpg

大きな氷の矩形が
流れるようなチェンソーさばきによって
曲面を有した立体に変貌し始める。



【3】に続く




【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】

by TamaWakaba | 2014-02-16 10:08 | 氷彫刻
 ▲ 
 ▼ 

平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』 【3】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】


デザイン画を確認する謙三さん。

a0155104_21154838.jpg


謙三さんは浩一さんとは別の氷塊の彫刻を始める。

a0155104_21203910.jpg


大胆かつ正確無比なチェンソーさばき。

浩一さんが氷彫刻の道を歩み始めたきっかけは
当時すでに日本の氷彫刻で名を挙げていた謙三さんだった。

今、この業界で双璧をなす親子。

その手さばき一つにも、
氷彫の遺伝子が確かに受け継がれていることを知る。

a0155104_21242151.jpg


a0155104_21323480.jpg


a0155104_2133228.jpg


a0155104_213732.jpg


a0155104_21372217.jpg


やがて、謙三さんの前に
卵型の立体が姿を現した。

a0155104_21374613.jpg


謙三さんはすぐに
その立体にビニール袋を被せる。

a0155104_21415497.jpg


ビニール袋の中には、ドライアイスの欠片が幾つか入れられている。
つまりこれは、
この氷の立体を保存するための
「即席冷凍庫」なのだ。

a0155104_21432178.jpg


今回のような高温下では
彫刻した氷はすぐに融け始めその形を失い、
氷自体の強度も低下する。

作品の完成まで、造形し終わったパーツを
融かさずに維持していくこともまた
彫刻と並ぶ重要な作業なのである。

a0155104_22124382.jpg


午後8時30分。
平田ブースの前には
親子の技をひと目見ようと、
大勢の観客が列をなしている。


【4】へ続く



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】

by TamaWakaba | 2014-02-16 10:07 | 氷彫刻
 ▲ 
 ▼ 

平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』 【4】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】


気温の高さは
氷の表面にも如実に現れる。
例年であれば、鏡のように滑らかになるはずの断面。
ざらつき、湿り気を帯びている。

氷に満足の行く細工を施すには
最低でも気温が氷点下5度を下回ることが必要だとも言われる。

氷点下どころか10度近い気温の下、
氷を造形していくことの困難さは
想像に難くない。

a0155104_22224274.jpg


そして、氷はゆっくりと
だが確実に融けていく。

a0155104_22352799.jpg



製作開始から2時間半が経過。

電動工具の回転で舞い上がる砕氷が
頭上から雪のように降り注ぐ。

a0155104_22172464.jpg



a0155104_22282163.jpg



a0155104_22385423.jpg



a0155104_2239319.jpg


チェーンソーを振り回しながら
氷塊に立ち向かうそのさまは
まるで
大きな氷の怪物に
斬りかかっていく剣闘士のようだ。

a0155104_22414267.jpg



a0155104_22414850.jpg



a0155104_2241509.jpg



a0155104_2242278.jpg



a0155104_224278.jpg



a0155104_227759.jpg



氷の怪物との
戦いの勝敗は
まだ誰にも分からない。



【5】へ続く



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】

by TamaWakaba | 2014-02-16 10:06 | 氷彫刻
 ▲ 
  -    -  



撮影 : 球わかば


by 球わかば

プロフィールを見る

アクセスカウンター

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

ブログ改装中
at 2017-03-23 00:23
外食日記 金沢市『酒房 猩々』
at 2017-03-17 02:33
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:09
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:08
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:07
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:06
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:05
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:04
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:03
平田浩一 加瀬秀雄 氷彫刻 ..
at 2017-03-09 02:02

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
安曇野の白鳥
ニホンカモシカ
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他

未分類

タグ

(114)
(85)
(78)
(73)
(72)
(61)
(54)
(38)
(38)
(37)
(33)
(31)
(30)
(29)
(24)
(20)
(1)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月

最新のコメント

sakuramoon77..
by TamaWakaba at 02:00