平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『遊泳』 【6】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】

分離した部品の組み上げが始まる。

a0155104_20334844.jpg


氷を分離する時だけではなく、
氷同士を接合させる時にも、
氷と氷の間にノコギリの歯を通す。

a0155104_2037089.jpg


謙三さんが角氷を削っている。
といっても、何かを造形するためではない。
チェーンソーの真下にはビニール袋が置かれ、
氷の削り屑を集めている。
重要なのは、この削り屑だ。

氷同士を接着する際、どうしても隙間の空いてしまう箇所がある。
それを放置すると、その隙間が原因で、
氷彫が変形したり、最悪の場合には崩壊する危険が出てくる。

そこで、
氷の削り屑に水を加えた、いわゆる「氷のパテ」を作り、
氷の隙間に塗りこむのである。

隙間に入り込んだパテはやがて周囲の冷気によって再氷結して、
氷同士をより強固に接着するのである。

a0155104_20404845.jpg


氷のパテを塗りこんだ後に、
コールドスプレーを吹きかける。
周囲の冷気に依らず、パテは一瞬のうちに氷結する。

コールドスプレーという「氷の瞬間接着剤」。
平田親子の必殺技だ。

a0155104_20534834.jpg



午後11時。

雨が少しずつ強くなってきている。

a0155104_20314273.jpg



高さを増す氷彫。
組み上げは最終段階に入る。

a0155104_2058530.jpg



ここで、ついにフォークリフトが使われることになった。
気温の高さや、氷の強度を考えてのことだろう。

謙三さんは荷台の上に、
浩一さんは本体の後ろで部品を待ち受ける。

a0155104_2045020.jpg


浩一さんが乗っているのは
三段重ねのビール箱。
少しの体重移動でグラグラと揺れ動く。

心配そうに見守る観衆。
緊張感が一気に高まる。

a0155104_2048443.jpg


無事に接合が完了。

a0155104_2051290.jpg



午後11時30分。
本降り。

どこからどう見ても、もう「弱雨」というレベルではない。


a0155104_20554723.jpg


しかし、

大会中止のコールはない。

作業の手を止めるチームもない。

平田親子も組み上げのため、
氷に張り付いたままだ。

a0155104_2154854.jpg


言葉はない。

工具と降りしきる雨の音だけが聞こえる。

a0155104_21104979.jpg



a0155104_21133499.jpg


午後11時42分。

組み上げ作業完了。

a0155104_21141162.jpg



氷彫製作は折り返し地点に差し掛かる。


【7】に続く



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】

[PR]
by TamaWakaba | 2014-02-16 10:04 | 氷彫刻


このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(6)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42