大黒町舞台巡行 【後編】 ~若一王子神社例祭奉祝祭2014~

【前編】 【中編】 【後編】 / 【祭囃子妖艶2014】



三重塔と大黒町舞台。


a0155104_16553423.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1


本囃子の奉納も無事終わり、
奏者の皆さんもほっと一息。


a0155104_16552115.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1




a0155104_16551897.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1


燃え尽きた蝋燭が補充されます。


a0155104_16551572.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1


大黒町舞台は6台の舞台の中で
唯一、灯明が電化されていません。

それゆえ、灯りの管理にも手間がかかります。



a0155104_16551184.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1


しかし、この舞台の幽玄さは
この灯りがあってこそ引き立つもの。


a0155104_1655980.jpg
EOS5D Mark III +EF50mm F1.2L USM + ブラックミストNo.1


この素晴らしい舞台とともに、
大切に残していって頂きたいものの一つです。


a0155104_1655624.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1




a0155104_1655387.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1



大黒町を除く5台の舞台は、
幟奉納と本囃子を終えると、
近くの舞台倉庫へと帰っていきます。

大黒町舞台は、舞台倉庫には戻りません。
町内に戻って、分解保管されるからです。

次々と帰っていく5台の舞台を
大黒町舞台が三重塔前で見送ります。

舞台がすれ違う時、
「別れ囃子」が演奏されます。


a0155104_16545693.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1


2日間に渡る祭もこれで最後。
皆の熱気も最高潮に達します。


a0155104_16545369.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1




a0155104_16544891.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1


全ての別れ囃子が終わりました。

そして、大黒町舞台も家路につきます。


a0155104_16544524.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + ブラックミストNo.1





a0155104_16544071.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1



舞台の動きに合わせて、
一斉に揺らめく提灯の炎。

まるでこの舞台の脈動のようにも見えます。



a0155104_16543892.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1




a0155104_16543632.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1



お囃子を奏しながら、
静けさを取り戻した本通りを進みます。



a0155104_16543467.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1


提灯の揺らめきが遠ざかります。


a0155104_16543281.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM + ブラックミストNo.1




どんどん小さくなるお囃子の音を背中で聞きながら
私も本通りを後にします。



初めて聞いた、本囃子と別れ囃子
実に素晴らしかった。


大黒町の皆さん、
今年もありがとうございました。


〜 完 〜


【前編】 【中編】 【後編】 / 【祭囃子妖艶2014】





追伸:NさんMさん、今年もありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです。
[PR]
by TamaWakaba | 2014-08-26 10:00 | 若一王子神社 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://tamawakaba.exblog.jp/tb/20101935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Masao Kanou at 2014-08-26 23:26 x
うわー!最後の1枚はゾッとするぐらいの妖艶です。私ならビビッテ撮れないです。夏の強烈な一枚を拝見出来て幸せです。いつか私も撮ってみたい :))
Commented by Lappy_man at 2014-08-27 23:33
お囃子の音色が聞こえてきそう・・・

それにしても見事な舞台ですね~
どこの祭りの山車も豪華なものが多いですが、
ひと際ですね。

今年は事情があって、実家の祭りに出れなかったこともあり
妙に興奮して拝見しました
Commented by TamaWakaba at 2014-08-31 12:58
Masao Kanouさん
ありがとうございます。
私も常にビビリながら撮っています^^;
カメラを介在させなければ、世界との関係性を保てない自分の危うさというものを、どことなく感じつつシャッターを切っています。
あと、被写体となる人と撮影者の人間関係ができてしまうと、途端に妖艶さの魔法が消え、平べったい記念写真になってしまうので、いつも一定の間合いとタイミングを保って撮るようにしています。
おそらく、撮られる側からすれば非常に「怪しい」カメラマンに映っているはずです。
本当は、舞台の方々一人ひとりとお話をしてみたい気持ちが大いにあるのですが、それによって、失われてしまうものがあるような気がしないでもありません。


Commented by TamaWakaba at 2014-08-31 13:19
Lappyさん
ありがとうございます。
私は幼少の頃からこの舞台を毎年のように見ていたのですが、自分で写真を撮るようになるまで、この舞台の凄さというものを全然知りませんでした。
普段は目が行かないものを見ることができるのは、写真をやり始めたおかげかな、と思います。
お囃子の音色って良いですよね。
上手い下手は関係なく、心へ浸透してくる気がします。
Commented by cafecremesvp at 2014-09-02 17:08
夜祭り。神聖な雰囲気と熱気伝わってきますね。長野方面は今とても気になっている地域です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(8)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42