平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『2015年 飛翔』 【5】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】


翼の先端の切削が始まる。

a0155104_22492445.jpg


これまでよりも、より薄く、
より大きな曲率に削っていく。

a0155104_22491565.jpg


その浩一さんが乗って作業しているのは
ビール箱を3つ重ねた即席の足場。

傾いているうえに、浩一さんの動きに合わせて
グラグラと揺れ動く。

いつ倒れやしないかと見ている方はハラハラするが、
決して倒れることがない。

いつ見ても謎の技術だ。

a0155104_2249873.jpg


チェーンソーで荒削りした表面を
さらにハンドグラインダーで整えていく。

a0155104_22485587.jpg


頭から細氷粉をかぶりながらの作業。

a0155104_22484181.jpg


表面を整え終えた氷に向かって、
浩一さんがまた手を空中に這わせている。

何をイメージしているのか。

a0155104_22482969.jpg


そこから、これまでとは別の作業が始まる。

翼面に、くまなくハンドグラインダーを這わせる。

a0155104_22482352.jpg


作業時間はおよそ10分。

そこに現れたのは衝撃の光景だった。




a0155104_22481248.jpg


なんと氷の翼には
いつの間にかびっしりと羽根が生えている。


左翼の羽根彫りを終えると、
すぐに右翼にとりかかる。

まず、翼前縁部分の筋彫りを施す。

a0155104_2248781.jpg


その翼前縁に沿って
羽根を一枚一枚刻んでいく。

細いハンドグラインダーの刃を斜めに入れて
あたかも羽根が生えているように彫り出す。

a0155104_2248173.jpg


実際の鳥と同じように、
場所による羽の形の変化も
ちゃんと再現されている。

a0155104_22475585.jpg


今までの作業とは違い、
ひとつ彫り間違えれば、翼もろとも交換するしかない。
もちろん、材料にそんな余裕はない。

決して失敗は許されない。

a0155104_22475015.jpg


羽根の形を彫り出すことだけではない。

それぞれの羽根の表面を凹状に削って
「羽根の薄さ」を再現していく。

部分的ではない。
翼全体の羽根一枚一枚全てを
薄く削っていく。

a0155104_2247355.jpg


息を止めたくなるような繊細な作業が続く中、
浩一さんが、チェーンソーを手にして
翼に向かって振りかざす。

a0155104_2247757.jpg


チェーンソーの荒々しい刃先が削り出しているのは
風切羽根だ。

大まかな作業はチェーンソー、
細かな作業はハンドグラインダーというイメージが覆される。

一見荒々しい工具も、
浩一さんの手にかかれば精密加工機械に変わるのだ。

a0155104_2247590.jpg


けたたましいチェーンソーの唸りのなかで
次々と風切羽根が彫り出されていく。

もちろん、図面はない。
どこにどんな形の羽根が何枚生えているのか。
浩一さんの頭のなかには
それが全部入っているらしいのだ。

迷うことも手を止めることもなく、
プログラミングされた切削マシンの如き速さで
翼一面にみるみる羽根が刻まれていく。

a0155104_2247361.jpg


風切羽根先端の丸みを出す。

a0155104_2247020.jpg


さらに、ミノで余計な厚みを落とし
薄羽に仕上げていく。

羽根の折り重なる様子も完璧だ。

a0155104_22465597.jpg


これで終わりではない。
さらに、羽根一枚一枚の細かな凹凸を刻み込む。

a0155104_22465287.jpg


執拗なまでのこだわりぶり。

a0155104_22464933.jpg


ここでもやはり、
場所によって、筋の方向や本数、深さを変化させている。

a0155104_22464691.jpg


ひょっとしたら、観客は気づかないかもしれない。
しかし、手を抜く様子はない。

執念というしかない。

a0155104_22464497.jpg


羽根の次は、
胴体と頭部にも羽根を彫り込んでいく。

a0155104_22464099.jpg


a0155104_22463884.jpg


外からは見えない首の下への彫り込み。

a0155104_2246365.jpg


羽根彫り作業開始から約1時間、
大ワシの全身は
薄い氷の羽根で
くまなく覆われた。

a0155104_22463463.jpg


風切羽根の先端。

a0155104_22463216.jpg


それは確かに風を掴み、
空へ駆け上がっていく大ワシの
しなやかな翼の切先だ。

a0155104_22462999.jpg



午前0時。

気温摂氏氷点下2度。

分厚い雪雲はいつしか切れ、

下弦に近い月が顔をのぞかせている。


a0155104_22455722.jpg




~ 【6】に続く ~



【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】



[PR]
by TamaWakaba | 2015-02-27 22:11 | 氷彫刻 | Trackback
トラックバックURL : https://tamawakaba.exblog.jp/tb/20842688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(6)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42