平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『2015年 飛翔』 【7】

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】


作業で出た氷屑。

a0155104_23224387.jpg


作業が大詰めを迎えている午前3時くらいから
謙三さんはこの氷屑の片付けに追われていた。

夜通し氷を彫り続けた身体には
かなり堪える重労働だ。

日本の氷彫刻を牽引してきた謙三さん。
この世界では誰もが認める、やんごとなき重鎮である。

しかし、そんな仰々しい素振りは一切見せず
彫刻を続ける浩一さんを
ただ黙々と補助する。

a0155104_23223675.jpg


タイムリミットである午前6時まで氷を彫り続け、
それから片付けに入るチームも多い。

しかし、平田チームはいつも
時間内に片付けまで完了させる。

a0155104_2322306.jpg


彼らにとっては、
お客に観てもらう準備が整っていなければ
作品が完成したとは言えないのかもしれない。

プロフェッショナルだと思う。

a0155104_2322539.jpg



道具の扱いもそうだ。

a0155104_23222319.jpg


数年前、初めてこの光景を見た時、
これは片付けでなく、「道具を湯浴みさせている」のだと思った。

a0155104_23221216.jpg


氷を彫っている時、
道具は身体の一部だ。

a0155104_23215865.jpg


道具を自分の身体のように慈しむ。
その姿がいつも印象的だ。

a0155104_23214866.jpg


氷を彫り終えた浩一さんが
片付け作業に合流する。

a0155104_23211516.jpg


まだどのチームも氷と格闘している中、、
この親子だけがいそいそと撤収準備を進めている。

それは、なんとも不思議な光景だった。

a0155104_23211220.jpg



午前5時。

気温摂氏氷点下4度。

最終仕上げである表面処理が始まる。

a0155104_2321839.jpg


波しぶきの部分にぬるま湯をかけていく。

a0155104_2321482.jpg


ぬるま湯によって、細かな部分が解け
実際の波に近い、よりランダムで自然な曲線となる。

a0155104_2321125.jpg


さらに、微細な凹凸が解けて滑らかになった氷の表面で
水が再氷結する。

うっすらとかかっていた白い霞みが消え、
硝子のように透きとおった氷に変化していく。

a0155104_23205924.jpg


a0155104_23205756.jpg


翼は、細やかに彫り込んだ羽根の形が損なわれないよう、
油差しを使って、ゆっくりと水を注いでいく。

a0155104_23205126.jpg


a0155104_23204899.jpg


a0155104_23204643.jpg


最後に使うのが
ガスバーナーだ。

a0155104_23204379.jpg


ぬるま湯をかける方法は
効率はいいが、狙った場所以外の氷も解かしてしまうデメリットがある。

そこでガスバーナーの局所的で高い熱量を利用して、
ピンポイントで表面仕上げを施すのである。

a0155104_23204133.jpg


炎で氷を炙るという
不思議な作業が続く。

a0155104_23203925.jpg


いつしかそこには
今にも飛び立ちそうな
凍てつく大ワシの姿があった。

a0155104_23203628.jpg




~ 【8】へ続く ~


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】




[PR]
by TamaWakaba | 2015-02-27 22:09 | 氷彫刻 | Trackback
トラックバックURL : https://tamawakaba.exblog.jp/tb/20842843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(8)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42