蓮記2016 【4】稲泉寺の大賀ハス ~ハスとアマガエル~

【1】 【2】 【3】 【4】
長野県下高井郡木島平村 稲泉寺
大賀ハス(Wikipedia)
ニホンアマガエル(Wikipedia)


7月下旬。

早咲きのハスの花はすでに散って
いくつもの果托が一斉に膨らんでいる。

a0155104_21522946.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III

「大賀ハス」と「王子ハス」の交配種
「舞妃蓮(まいひれん)」。

多くの果托に混じって
遅咲きの蕾がちらほら花開く。

a0155104_21522438.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


大賀ハスも
盛りは過ぎたが
まだまだ桃色の大輪は健在だ。

a0155104_21521886.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



この頃になると
蓮池のあちこちで
アマガエルの姿が見られるようになる。

花の盛りを過ぎたハスの葉は
ロータス効果の超撥水もだいぶくたびれて
ようやくカエルにとって歩きやすい場所になる。

夏の蓮池は
アマガエルの楽園だ。

a0155104_21521396.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2152696.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2152019.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21515442.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21514694.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21513954.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_21512322.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21511680.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2151457.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_2149785.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2149467.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2148578.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21485316.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21485041.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_2148475.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21484442.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21484288.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_21483881.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21483543.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21483282.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21483026.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21482783.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21482672.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21482330.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_21482033.jpg
EOS5D Mark III + EF100mm F2.8L Macro IS USM



小さな身体で
一生懸命に生きている
アマガエルが
愛おしい。



【1】 【2】 【3】 【4】



アマガエルは基本的に夜行性なので、
活発に動いている彼らを撮影するためには、
ごくごく早朝か、夕暮れ時を狙うしかありません。

特に夏の暑い時期の日中は
身体から水分が蒸散するのを防ぐため、
彼らは涼しい葉っぱの影などにうずくまって、
手足を身体にぴったりと付けて丸くなり
体表面積を小さくして仮眠状態となります。

ただし、しとしと雨が降るような日には
熱くもなく、水分が蒸散することもないので、
日中でも、彼らは活発に動き回ります。

梅雨明けがはっきりしないこの日、
ハスとカエルのコラボを、なんとか撮ることができました。

オタマジャクシから大人のカエルになれるのはごく僅か。
大人になっても、その殆どが他の生きものたちの食糧になってしまうという、
食物連鎖のかなり低層に生きている彼らですが、
そんなことは気にも留めない様子で、
悠々と暮らしているその姿が愛おしくてたまりません。






~~ 雑記 ~~~

私は蓮池で、こんなカメラマンを見ました。

葉っぱの上で寝ているアマガエルを
おもむろに捕まえて
花の上に放し、そのカエルをすかさず撮影。
慌てたカエルが逃げ出すと、
また手で捕まえて花の上へ。
そしてまた撮影。

こんな人もいました。

数人の受講生をぞろぞろ引き連れて、
蓮池に現れた
写真講座の講師とおぼしき初老の男性。
彼は受講生に向け、自信たっぷりに説明します。
「ハスの花は、水滴がついているのが一番絵になる」
「良い花を見つけたら、霧吹きで水をかけて撮るように」
講師の手には、水の入った霧吹きが握られていました。
受講生たちも全員が霧吹きを持参していました。
その後、炎天下の蓮池のあちこちで、
受講生たちの霧吹き合戦が始まりました。

写真の撮り方というものは千差万別。
自分に最も適した撮り方で撮っていくべきだと
私は常々思っています。

しかし、この2つのケースについては
ちょっと違うんではないか、と思わざるをえませんでした。

写真は
撮影者の主観を通した被写体の記録
であるのと同時に、
撮影者と被写体との関係性の記録
だとも思っています。

被写体は自分にとっていかなる存在なのか。
それを追求していくのが写真だと思っています。

驚き逃げ惑うカエルを捕まえて、無理やり撮影するカメラマンにとって、
カエルは敬愛すべき小さな命なのではなく、
ただの撮影用小道具に過ぎないのでしょう。

霧吹きで鼻高々の講師にとって
夜、人知れずハスの花に付いた水滴の繊細さは
決して理解できないに違いありません。

白鳥の飛ぶシーンを撮りたいから、
白鳥に向かって石を投げてみたり、
苔むした寺の境内を撮影したいがために
苔の上に三脚を立ててズタズタにしたりするのも同様です。

自分がイメージしたとおりの写真なんて
滅多に撮れるものではありません。
でも、被写体を敬愛するからこそ、
何度でも何度でも被写体のもとに足を運び
繰り返し繰り返しシャッターを切る。

敬愛する被写体が、1秒でも長くこの世界に存在し続けてくれることを願う。
でも、それはおそらく叶わない。
ならば、なんとか写真の中には残っていて欲しい、
そういう切実な気持ちがあるから
私は写真を撮ります。

自分の敬愛する被写体が
心ない撮影者の薄っぺらい功名心を満たすために
手荒く扱われるのは
見ていて悲しいです。

言いたいのはそれだけです。



 
[PR]
by TamaWakaba | 2016-07-30 22:53 | ハスとアマガエル | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://tamawakaba.exblog.jp/tb/23041501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鯖猫 at 2016-07-31 19:16 x
全く同感です。
カエルくん可愛いですね(*^^*)
Commented by kobatetuapril at 2016-08-01 21:11
お久しぶりです。青味系WBの統一感が光る作品群ですね。

確かに、写真を撮っていると、「綺麗なものを撮りに来て、汚い思い出を残していく」カメラマンが多すぎると思います。
何故か、絵描き・画家にはこの傾向がありません。
カメラマンにだけ見られる、汚れた功名心だと思います。
白鳥を撮っていても、「もっと飛べ飛べ!」などと絶叫を上げたり、
シャッターチャンスを見つけるや野生の平穏などにはお構いなしに
ダッシュで駆け寄ったり、挙句の果てにはフラッシュを飛ばしてみたり、
立ち入り禁止区域に入ったり。
一度、その白鳥カメラマンに注意したことがあります。
そうしたところ、「オレは綺麗なもの撮りたいだけなんだよ!」
と、唖然とするような返答がありました。
このヒトには何言っても無駄だな、と思いました。
「写真とは被写体愛である」全く同感です。
仮にも同じ被写体を愛する人間にそのような人がいると
自分も汚れたことをしているような気になってしまいます。

ところで、今年も若一行かれましたか?
私は本祭りの昼間だけ撮影してきました。
昨年、下仲町のお子さんにお送りした写真のいくつかが
今シーズンの新聞のイベント紹介欄や祭典のチラシに掲載されていて嬉しかったです。
今年もある町のお子様に送っていただくようにと神社の方に
お願いしてみましたが、喜んで頂けたら嬉しいと思ってます。
写真を通した、そんなささやかな触れ合いが楽しみになっています。
Commented by gummi-choco-pine at 2016-08-02 12:38
こんにちは!!

全くを持って同感です!!!

心無い一部の人たちの所為で
今までは入れた場所に立ち入る事ができなくなったり、
みんなに愛されていた哲学の木も切り倒されちゃったりねっっっ

悲しい事です。

あたしも先日ひまわり畑でモデルさんを入れて
いい場所を占領して1日中撮影されてる人に遭遇しました。
「邪魔だな~、少しはどいてくれないかな~」って思われてた人はあたしだけじゃなかったはずです。

自分さえ撮れれば他の人はどおでもいいんでしょうねっ

あたしはこういう人のようにはならないように気をつけなくちゃ!!!
Commented by rato-yamato at 2016-08-09 21:19
カメラマンほどの利己主義者はどこを探してもいないと思われます。
もしかしたら私もそうなのかもしれません。
長年、写真を撮ってきてそう思うようになりました。
以前はブログで逐一、愚痴っておりましたが今はバカらしくなりました。

彼らは写真を勘違いしているようです。
写真は絵画ではありません。
嘘を写してはいけません。


うまく書けませんけど・・・

いつも遠く大和路から応援していますよ。
Commented by TamaWakaba at 2016-08-10 00:41
鯖猫さん
ありがとうございます。
ご無沙汰しています。
具合の方はいかがでしょうか?
カエル萌えの私としましては、ハスとカエルのコラボは欠かせないのであります(^^)
私は被写体の目線に降りて行って撮るスタイルなので、
目の前でカエル(やその他の小さな生きもの)を道具のように扱われると悲しくなってしまうのです(T_T)
Commented by TamaWakaba at 2016-08-10 01:10
kobatetuaprilさん
絵画と写真で何が違うのかをよく考えます。
相違点はいろいろあるとは思うのですが、
絵画は0から100まで、画家のイメージだけで描いていくことができる(モチーフが実在しなくてもよい)のに対し、
写真は、モチーフ(被写体)の存在なくしては絶対に成立しません。
撮り手の技術や感性が出来上がった写真の成否を決めるのは確かですが、極論を恐れずに言えば、写真の出来の少なくとも半分以上は被写体の力によっていると思うのです。
 そういう被写体の力を借りて写真が成立していることを理解しようとせず、あたかも自分の能力だけで撮っていると誤信している人がこういう暴挙の主体となっている気がします。
 いずれにしても、悲しく腹立たしい光景です。
>若一
 突発事案の対応に追われ、今年は1日たりとも足を運べませんでした。ここ数年で初の欠です。
 いろいろと計画も立てていたので、悔やんでも悔やみきれません。
 「撮らなかった写真は二度と撮れない」
 当り前ですが、いまの私には胸に刺さります。
Commented by TamaWakaba at 2016-08-10 01:31
gummi-choco-pineさん
ありがとうございます。
一部のカメラマンの行動で、みんなの首が締まっていくのは残念ですね。
心無い行動のカメラマンほど、自分の撮る写真に対して強迫観念を持っているというか、「こう撮らねばならない」と強く思い込んでいる気がします。
だから、状況に応じて見方や撮り方を変えることをせず、自分に都合のいいよう被写体に変わることを求めているのかもしれません。
なんというか、地動説ですね。
たぶん、そういう人の撮る写真はガッチリ型にはまった面白みのないものなんだろうな、ということは容易に想像できます。
ホント悲しいですね。
Commented by TamaWakaba at 2016-08-10 02:02
rato-yamatoさん
ありがとうございます。
受動的に撮っているだけではイメージしたものが撮れないし、かと言って、なりふり構わず突撃していくことも(自分のモラル的に)できない。写真はその辺のバランスがとても難しいと思います。自分のルール(信念)を設定して、それに従って撮っていくしかないのかもしれません。
 雨に全身を濡らしながら何時間もかけてようやく撮ったカエルたちの写真と、いわゆる「小手先の技」を使って撮ったカエルの写真と、見た目はほとんど変わりません。写真にはプロセスが写らないので。
 小手先の写真が評価されるのは仕方がないとは思いますが、逆に苦労して撮った自分の写真を「小手先の技で撮ったんじゃないの?」という誤解の目で見られるのは正直辛いです。
 rato-yamatoさんのブログのコラム、いつも考えさせられます。
 私もつい、ratoさんにならって思いの丈を書き連ねてみました。
 楽しんで撮っていくことに徹するのもいいですが、こういう思索も自分の写真を深める機会なのかもしれないな、と思っています。
 
Commented by puntamama at 2016-08-10 12:13
雨の後の1枚、雫のお風呂に入ったようなカエルちゃんが可愛いですね
TamaWakabaさんの車に無賃乗車したあの子はどうしたかな?(笑)

写真というのは、読んで字の如し!!
撮り手の心に映った "真実" を写し撮るものだと信じて疑いません
光の加減、雨の雫、干涸らびた蓮池でさえ
撮り手の心の持ちよう、写しよう

以前、霧ヶ峰でやはり講座?と覚しき一団が早朝マイクロバスでやって来て
講師の言うがままに放射状に並んで三脚を立て
「霧ヶ峰ですから朝靄の中に日が昇って来る瞬間を撮りましょう!」
なんてね (笑)
面白すぎですから車内に戻って観察していると15分程シャカシャカレリーズ押したら「さぁ~次に行きましょう!」 
何も見ていないじゃん!と一人で爆笑しました
日光では釣り講座の一団が一ヶ所で老いも若きも講師の話を聞いてたと思ったら、「では!」 一斉に同じポイントにルアーを投じてました
どうでも良いけど、後の木道の通行人を釣らないで下さいよ~(笑

自分で感じない、そもそもイメージなんて持ち合わせない人たちが何々講座のの受講者なんですね~
講師のレベルも、パブリックモラルの意識も低いです(受講者はお客様ですから)
自然や写真を愛すると言うより、世間の経済活動の流行に煽られているだけ
趣味だけでなく、生活一般マニュアル人間が益々増えて行くと危惧しています
鳥撮りではベテランと自負してるらしき人が新人?を捕まえて蕩々と鳥を誘き出す方法を教えてます
チャチでイカサマな手法が疑いもなく伝播していきます
私があまり鳥や花を撮らないのもこの手のカメラマンと出会うのが煩わしいからです

自分なりの1枚をいつか!!と思いながら下手っぴ婆は自分の目を信じて撮ってます
Commented at 2016-08-10 12:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by TamaWakaba at 2016-08-17 02:21
puntamamaさん
ありがとうございます。
仰るとおりだと思います。
撮影に行っても、どうしても撮れないってことがたまにあります。
カメラのメカニズム的には、シャッターを切れば写るわけですが、
そのシャッターがなかなか切れないということがあります。
そういう時の自分はただ「うー、困ったな」と思いながらカメラを振り回しているだけなのですが、後から客観的に考えてみると、puntamamaさんが仰るところの「感じていない」「イメージが湧いていない」という状況なのだと思います。
シャッターを切れば写るというのは事実ですが、それよりも「何がシャッターを押させるのか」が最も核心になる部分なのかもしれません。
私も各地で写真講座の一団に遭遇することがままあります。
そして、彼らの言動を耳にしながらいろいろなことを考えます。
首を傾げたくなること(実際に傾げてますが…)もかなりあるのと同時に、「商業ベースでハウツー講座をやることの難しさ」をひしひしと感じます。
これを言ったら、かなり怒られそうですが、
「写真講座で教わることができる内容は独学でも十分習得可能。
写真を撮るための感性は、教わるものではない」
というのが私の持論です。

Commented by TamaWakaba at 2016-08-17 02:43
鍵コメさん
ありがとうございます。
昆虫業界にはそういう人口があるとは知りませんでした。
虫も捕虫網に捕らえられてしまったら、その後の生息や繁殖はほぼ無理なわけで、やっぱりネットマンは昆虫にとって脅威だと思います。
それを考えると、「捕る」よりも「撮る」ほうがまだ昆虫にとっては幸せなのではないか、と考えてしまいます。
ただ「撮る」人も玉石混交、様々ですが。
ネットマンもカメラマンも「収集癖」をこじらせるとろくなことがないように思います。
「自分のコレクションのためなら他はどうでもいい」そこが共通点ですね。
収集の対象に愛情を持っているのかいないのか、訳がわかりません^^;
昆虫を愛しているから昆虫を採集したいのではないのか。
被写体を愛しているからこそ撮影するのではないか。
自己矛盾してますよね。

それはさておき、昆虫の感情について
先日、小諸市高原美術館で開催されている海野さんの写真展に行ってきました。
海野さんの作品を大きなパネルで見るのは初めてだったんですが、どの写真にも圧倒されました。
鍵コメさんの言っていた『昆虫の感情』を感じました。
海野さんの写真からも、puntamamaさんの写真からも昆虫への愛がビシバシ伝わってきます。
写真ていいな、と思わずにいられません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(8)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42