カテゴリ:旅先見聞録( 17 )

山居倉庫

山形県酒田市 山居倉庫(Wikipedia)



建設、明治26年(1893年)の米穀倉庫。


a0155104_2201284.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM



庄内米の輸送拠点として
酒田の流通を支えてきた。

a0155104_22061.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21595933.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21595376.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21594771.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




倉庫の西側には
大きなケヤキが植えられ
夏の強い日差しや
冬の厳しい季節風から
倉庫を守っている。

a0155104_21593664.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21592040.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_2158479.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM







a0155104_21584192.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21583797.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




枯れたケヤキの切り株の近くに
若いケヤキが植えられている。
50年後、100年後の倉庫を
守っていくのだ。

a0155104_21583439.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21583020.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21582638.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21582316.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21582133.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21581798.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21581338.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




今でも倉庫は
死んではいない。

a0155104_21581017.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM




倉庫の中に敷かれた
ベルトコンベアには
庄内米の袋が
絶え間なく流れる。

a0155104_2158874.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM



山居倉庫は
建設から100年以上経った今でも
庄内米の流通拠点で
あり続けている。

a0155104_2158689.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_2158385.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM






a0155104_21575850.jpg
EOS5D Mark III + EF50mm F1.2L USM



この倉庫が見つめ続けてきた
この町の歴史は
どんなものだっただろう。

この町出身の写真家、土門拳が
カメラを手にこの倉庫と向き合った日のことを
ふと想像する。








2008年7月、私は
この場所に立って
まだ真新しさが残る初代5Dで
倉庫の写真を撮った。

当時は何をどう撮ったらいいのかさえ
よく分かっていなかったと思う。

あれから7年。
私の写真は変わっただろうか。

自分を試してみたくなって
7年前のあの日と
全く同じレンズを持って
山居倉庫に臨んだ。

昔に比べたら、色々なものが目につくようになったかもしれない。
短時間で、様々な角度で撮れるようにはなったと思う。
だが、
基本的な物の見方は
呆れるくらい何も変わっていないのだ。

これから先、
写真の技術はおそらく、
もっともっと鍛えていくことができるだろう。

道具である
カメラもレンズも
もっともっと良くなって
撮れなかったものが
撮れるようになっていくだろう。

しかし、
自分が何に心を動かされてシャッターを切るか。
そこの部分は変えようがない。

機材が変わろうと
被写体が変わろうと、

シャッターを切るのは
自分なのだ。

とにかく、
自分の写真を
死ぬまで撮り続けるしかない。

そんなことを思った。
[PR]
by TamaWakaba | 2015-10-15 22:53 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(0)

山形の海と空

山形県鶴岡市湯野浜


風の強い日だった。

空と光が
目まぐるしく変わっていった。


a0155104_142285.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_1415731.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1415257.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1405131.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1404867.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1404616.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1404481.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1403928.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1403720.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1403574.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1403145.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III







a0155104_1402999.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III







a0155104_1402397.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1402133.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_140178.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1401569.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM





a0155104_1401453.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_1401236.jpg
EOS5D Mark III + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





[PR]
by TamaWakaba | 2015-09-10 01:50 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(0)

クラゲ幻想2015 ~加茂水族館 クラネタリウム~

山形県鶴岡市 鶴岡市立加茂水族館<HP> クラネタリウム
加茂水族館<Wikipedia>

クラゲ。
それは
微弱な意志を持った海水である。

a0155104_1423996.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE




a0155104_1423364.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1422749.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1422072.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1421328.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_142824.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1415953.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1412053.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1411854.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1411598.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1419100.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_1418100.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_141520.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM





a0155104_141179.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1405918.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1405771.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_140542.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1405292.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1405023.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1404831.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1404643.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






a0155104_1404355.jpg
EOS5D Mark III + EF24mm F1.4L II USM






7年ぶりに再訪した加茂水族館。
新館になり、旧館とは比べ物にならないくらいパワーアップしていました。
これだけの数のクラゲが
ふるふるひこひこ収縮拡張を繰り返しつつ
ゆらゆら漂っているのを眺めていると
意識が違う世界へ行ってしまいそうになります。
他の水族館とは全然違います。

あと、クラゲのデザインが謎すぎます。
宇宙から来たのか・・・?
[PR]
by TamaWakaba | 2015-09-07 01:59 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(0)

日光東照宮と華厳滝に行ってきた。

  
栃木県日光市 日光東照宮 華厳滝



極彩色の霊廟。

ぎりぎりのバランス感覚。

これぞ日本人の仕事だと思う。


a0155104_8534944.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8533785.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8533230.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8532764.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8531940.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_853122.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_853583.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8525565.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8523731.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8522513.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_852166.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_852486.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8514214.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_851255.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8505922.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8505656.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8505310.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8504859.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8504615.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_850435.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8503968.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE





a0155104_8503596.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE







華厳滝。

やはりデカい。


a0155104_850325.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


滝に目を奪われがちだが、
滝の横にある岩壁の
巨大な柱状節理は圧巻で
岩の滝のよう。


a0155104_850259.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE






日光東照宮の門前。

まるひで食堂の「ゆばフライバーガー」。


a0155104_8501942.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


あまりの空腹に、期待せずに食べたところ予想以上の美味しさ。

日光に行ったら食べた方がいい。


a0155104_8501687.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


北関東を席巻する「レモン牛乳」。

黄色のパッケージ。
レモンのイラスト。

そして、燦然と輝く「無果汁」の文字。

ちょいと甘いが、
歩き疲れに効く。

a0155104_850134.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


ゆばコロッケ「ゆばコロ君」

湯葉の存在を示唆する要素は何もない。


a0155104_8501169.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE


でもそれでいいのだ。

観光地なのだから。


a0155104_850943.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE







在庫が溜まってるんですが
なかなかアップできず。
小松基地航空祭はちょっと一休みして、
お口直しということで。
[PR]
by TamaWakaba | 2014-10-14 09:24 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(2)

対角魚眼の似合う街 ~大阪 ミナミ~

大阪市 道頓堀~千日前


対角魚眼の強烈な歪みさえ

すんなりと受け入れてしまう、

この街の
不思議な包容力。

a0155104_128378.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_1275894.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_1275160.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_1274255.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_12785.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_127673.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_12742.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_127196.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE



a0155104_1265850.jpg
EOS5D Mark III + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE




そして、夜がやってくる。



a0155104_1265411.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_126513.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1264838.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1264775.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1264398.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1264092.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1263758.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1263651.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_126347.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1263368.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM



a0155104_1263199.jpg
EOS5D Mark III + EF35mm F1.4L USM




4度目の大阪に行ってきました。
何度行っても、この街の「なんでもアリ」という雑多感が大好きです。
大阪は広いですが、このミナミ界隈は関西文化のシンボル街としての役割を立派に果たしていると思います。
あと、何を食べても美味しいのはさらに素晴らしいことです。


 

食べ物で撮ったものといえば・・・
[PR]
by TamaWakaba | 2013-03-10 14:00 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(6)

金沢暴食紀行 【前編】

モモ主と3度目の暴挙






歴史は繰り返す。


クルチュウス=ルーフス





「球さ、そろそろさぁ、食の旅なんてどう?」

電話の向こうでモモ主が言った。

「すでにさ、前回の旅から随分と経つわけだし、
この辺でさ、また冬の味覚を追求する旅なんてどうかな~と思って」

思い返せば3年前、
我々は2人で静岡に遠征し、
暴食の限りを尽くした。

迫り来る海の幸山の幸その他の幸に、
五臓六腑は悲鳴を上げ、
太鼓腹をさすりながら
二度とこんな暴食はすまい、と固く心に誓ったはずであった。

「リメンバー シズオカ」
であり、
「ノーモア タベスギ」
なのである。

モモ主よ、
君は尿酸値の熱い高まりを見たか。
猛り狂う中性脂肪の轟きを聞いたか。

すでに我々も若者という歳ではない。
身の鍛錬よりも、保守点検に重きをおくべき時期にきている。
徐々に老朽化しつつある肉体の現実を直視し、
「カラダに優しい旅」をすべきなのだ。

文化財を巡る旅もいい。
温泉で芯から温まるのもいい。
そこに少量の美味い飯と酒が
ささやかに添えられればそれでいい。

あの日我々は、
張り裂けそうな腹をかばいながら、
切々とそう語り合ったのではなかったか。

しかし、人とは愚かなものである。
時とともに痛みと満腹感は薄れていく。

こうしてまた、煩悩の淵にさまよい、
食の無間地獄に堕ちていこうとするモモ主を、
友人として傍観することなどできない。

過ちを犯すのも人、
それを正すのもまた人である。

モモ主よ。
狂気の歯車が再び回り出す前に、
自己の消化器官が破綻をきたす前に、
早く目を覚ますのだ。

無二の友だからこそ、
私はいまここで勇気を出して言う。



「行こうよ、暴食紀行!」



行くことになった。





2013年1月5日、午前6時15分。
郊外のローソン駐車場。
黎明の空に下弦の月が浮かぶ。

a0155104_11494722.jpg



「球さ、朝飯は食ってないよね?」

「うん、食っていないよ。さっき起きたばっかりだからね」

「ん~、じゃあ、肉まんだね」

「肉まん?なんで?」

「金沢に到着するのはだいたい10時頃でしょ、
そこからすぐに戦いが始まるんだから。
朝飯を食うなら今しかないよ。
軽い朝飯をね。」

・・・戦い?

嫌な予感がするがまあいいや。
そして、なんとなく言われるがままに肉まんを購入。

a0155104_11494024.jpg



シンプルに美味いです。
凍える朝の空気の中、
ホカホカの肉まん。

a0155104_11493679.jpg


「それじゃあ行こうか、金沢を味わう旅!」

「行こう行こう!」

いざ、金沢に向けて出発。
まずは日本海を目指して北上を開始する。
気温はマイナス11℃。
気合の入った寒さである。

a0155104_11493038.jpg



夜明け前の白馬連峰が美しい。

a0155104_11492452.jpg


糸魚川市で北陸自動車道に流入。
一路金沢へ。

8時30分。
富山県滑川市
有磯海サービスエリア(上り)。

a0155104_11492089.jpg



「ちょっと休憩しよう。
そう言えば球さぁ、富山県といえばなんだと思う?」

・・・来た!
今まで何度この謎掛け論に翻弄されたことか。
モモ主の謎掛けは地獄への入り口である。
安易な返答は禁物だ。

「そうだね・・・富山といえば、えっと・・・蜃気楼?」

「その通り、白エビだよ、球さすが!」

言ってないです、私はシンキロウと言ったのです。
おまけに『し』 だけしか合ってないし。

「あそこにいるね~白エビさんが」

「いますか」

「いますよ~。では 『白エビコロッケ』 行ってみよう」

「ちょ、だって今回は金沢だよね?」

「球ね、もうちょっとグローバルな視点を持とうよ。
世界の海は全部繋がっているんだよ。
だから、白エビが獲れるこの富山湾だって『金沢沖』ってことだよ!」


白エビコロッケ ¥250
a0155104_23451796.jpg



あろうことか、これがなんとも美味い。
手渡されたコロッケは、今まさに揚げたてで
衣はサクサク、中身は熱々、
かじりつくと湯気が盛大に立ち上る。

「う、美味い~」

a0155104_11484935.jpg



幸先の良い(?)スタートを切って、
再び金沢を目指す。
雪原の彼方に北アルプスがそびえる。
さっきまであの山々の向こう側にいたというのに。

a0155104_11484495.jpg



9:40
金沢市街到着。

それにしても、何なんだこの雪の多さは。
我々の田舎よりも積もっているではないか。

道路の消雪パイプからじゃんじゃん散水されている。
やはり、雪国なのだなぁ。

a0155104_11483773.jpg



10:00
金沢市 近江町市場。

a0155104_114831100.jpg


おお、さすが冬の北陸。
魚である。エビである。カニである。
いかにも新鮮な海の幸がずらりと並ぶ。

a0155104_11482572.jpg


この場で食べます!
この場で食べます!
この場で食べます!

北陸の海産物が「ら抜き言葉」で
強烈な勧誘を仕掛けてくる。

「球、あれ見て。『この場で食べれます』だって」

「ホントだ、『この場で食べれます』って文字がボクからも見れます」

「球はこの場で何か食べれますか?」

「もちろん食べれます!」

a0155104_11464878.jpg


おお、大好物の殻付きカキだぁ・・・
一つください!

a0155104_11482063.jpg


すかさず店のイナセな兄さんが
手際よく牡蠣を剝いてくれる。

a0155104_1148147.jpg

「醤油かポン酢かレモンを選べますけど、どれにしますか?」

新鮮な魚介というものは、海水が一番の調味料なのだ。
是非とも、新鮮な牡蠣の繊細な塩味を堪能したい。
「レモンで!」


生ガキ ¥300
a0155104_1147519.jpg

ツルッと口中に投ずれば、
一瞬にしてそこはオーシャンビューだ。
その後からじんわりとした牡蠣の旨味が追いかけてくる。

「ん~、美味い」

一口で終わってしまうのが惜しい。

かなり小ぶりな牡蠣で、
モモ主がかすかに
「ちっちぇ~なぁ」
とつぶやいたのを私は聞き逃さなかったが、
そもそも今年は不漁という話なので、仕方のないことである。




おお、生きたカニだぁ・・・
a0155104_11465552.jpg
こいつを買って帰り、茹でたて熱々を頬張れば
日本酒が何升あっても足りないのだが・・・
今日は先が長いので我慢我慢。




フクラギ。
出世魚。
もうちょっと育てば、富山湾の取締役たるブリになるところ、
出世街道半ばで釣り上げられてしまった。
いわゆる、ヘッドハンティングと言うやつである。
・・・違うか。
a0155104_11474130.jpg





「なんかこう、新鮮な魚ばっかり見ちゃうと、腹が完全に魚介モードだねぇ」

「でしょでしょ、球がそう言うと思って選んだ1軒目がここです!」


魚旨(うおうま)。
a0155104_1147339.jpg

「海鮮丼だよ海鮮丼」

「・・・海鮮丼かぁ、今回も丼から始まるんだね・・・重いなぁ」

「球、分かってないなぁ。
市場の海鮮丼ていうのは、その市場の縮図みたいなもんなんだよ。
丼という一つのステージに、市場の象徴たる海の幸をイイトコ取りで登場させる、
言うなればオールスターゲームだよ。
彦摩呂風に言うなら、
海鮮丼は海の宝石箱なんだよ。
更に言うなら
牡蠣は海のミルクだし、
大豆は畑の肉だし、
父は母の夫だよ」

はいはいはいはい。
言いたいことはさっぱりよく分かりませんが、
とにかく頂きましょう海鮮丼。



近江町市場丼(味噌汁付き) ¥1,800
a0155104_11472492.jpg

うわ、すごいボリューム。

しかしさすが「近江町市場」を冠にしているだけありますね。
なかなかの彩りです。

モモ主先生もご満悦ですね。

「お~、やっぱすげーわ、近江町市場すげー!」



新調のSONY Cyber-shot RX100で嬉しそうに撮影するモモ主。
a0155104_11471779.jpg


店のおねいさんの説明によれば、
まず、専用の器でわさびをタレで溶き、
そのタレをかけて食べるのだそうだ。
そうか、ここは醤油ではないのか!
いいぞいいぞ!

実のところ、私はこれまで海鮮丼に対して
あまり積極的になれずにいた。
それには理由がある。

海鮮丼は、基本的に
「酢飯の上に寿司ネタを置く」
というスタイルの丼だ。
これがまず気に入らない。
寿司屋が握るの面倒くさくなっちゃって、
「シャリもネタも丼にまとめといたから、後は勝手に食え」
という怠惰な姿勢が見え隠れしているではないか。

「醤油で食べる」
というのも気に入らない。
酢飯と寿司ネタで構成されるものを
醤油で食うのならば、
味は寿司と全く一緒か、
それ以下になるのは当然である。
そこに丼である必要性はあるのか。
寿司を食えばいいではないか。

そもそも海鮮丼は
「丼におけるタレの重要性」
について全く理解していないといってもいい。

想像してみてほしい。
白飯の上に天ぷらを並べただけ、
これが「天丼」といえるだろうか。
白飯の上にウナギの白焼を置いただけ。
これを「鰻丼」と呼べるだろうか。
白飯の上に豚カツを載っけただけ。
これを「カツ丼」と呼べるだろうか。
そこにタレがなければ、
どれも丼として成立しないのである。

丼を構成する米飯と
その上の具というものはもともと、
全く異質の、相容れない関係にある。
いがみ合う米飯と具。
しかしその膠着状態にタレが割って入り、
一気に丼の中を和平ムードで包み込む。
分裂からの融合。
反目からの和合。
それが丼を貫く基本理念なのである。
そしてその崇高な精神を実現するもの、
それこそが 「タレ」 なのである。

そういうタレの重要性を全く無視して
自らを「丼」と名乗りつつ、
ことさらに高級感を煽り立てる図々しさというものが
海鮮丼にはある。

「お醤油で食べてね!」とか言ってんじゃねえよ、バカヤロー!

なのである。

いささか言葉が過ぎた。
話を戻そう。



その点、この「魚旨」は違った。
「タレ」が出てきたのである。

はやる気持ちでタレを回し掛け、
突入を開始する。
a0155104_11465940.jpg


おお!
タレが見事にネタと酢飯を融合させている。
醤油をダシでのばしたものをベースにしたシンプルなタレだが、
生醤油をかけて食べるのとは次元が違う。
初めて丼と呼べる海鮮丼を食べた気がした。

a0155104_11465858.jpg


完食。
特に新鮮な甘エビは、頭の中のワタが美味しいのです。

ご馳走様でした。


満たされた気分で金沢の街へ。
a0155104_11464559.jpg
「ようこそ金沢へ!」
駅前の噴水ディスプレイから歓迎を受ける。


a0155104_11464331.jpg
「いいね金沢!」
ホントだホントだ!
いいぞ金沢!




「球さ、喜んでる場合じゃないよ、次だよ次。
満腹感に先を越されたら負けなんだよ」

「もう先を越されてますが・・・」

「金沢駅に、どうしても球を連れて行きたい所があるんだよ。
きっと喜ぶと思うよ。行くよね?」

「すごくお腹が一杯で・・・」

「行くよね?」

「・・・はい、行きます」



そうして連れて行かれた先は
金沢駅「百番街」(ショッピングモール)



13:20
「着いたよ!次はここです!」
a0155104_11464195.jpg


「!!」

カプリチョーザです」

「え、だって全然金沢じゃないよね?」

「球、カプリチョーザはもう長野県から撤退してるんだよ。
食べたくなったら、群馬の前橋か、山梨の甲府か、ここ金沢に来るしかないんだよ。
球は前に言ってたよね、
もう一度、カプリチョーザのライスコロッケを勉強したい、って」

「うう・・・確かに言った気がする」

事の起こりは2008年に遡る。
当時このブログに
美味なる灼熱球 ~カプリチョーザ風ライスコロッケ~
と題し、自作のライスコロッケを撮って掲載したのである。
ところが、いつの頃からか
「カプリチョーザ ライスコロッケ」
Google検索すると、
なぜかこのブログが上位に表示されるようになってしまった。

そして困ったことに、この検索ワードでやって来る人が結構多いのである。
本物のライスコロッケを求めてやって来たのに、
そこにあるのは「なんちゃって」なライスコロッケなのだ。
「なんだ、違うのかよ」
という数多のボヤキが聞こえてくるようで胸が痛む。

だから、いつか本物のライスコロッケをもう一度食べ、
その上でちゃんと再現した「真に迫るライスコロッケ」を
ブログに載せなければ、と
常々思っていたのである。
そして、そんなような事を
モモ主にも話した気がするのである。

「ほらね、球の求めるものが、ここにあるわけだよ」

「・・・ぬぬ、確かに・・・」

「行ってみよう!」


シチリア風ライスコロッケ ¥660
a0155104_11463769.jpg


おお、そうなのだ!
本物にはミートソースがかかっているのだ。
私は安易にトマトソースをかけてしまっていた。
そして、本物はデカい。
野球ボール大なのである。

大変勉強になりました。
それではモモ主先生、召し上がれ。
・・・あ、やっぱりね。
私も食べるんですね。
予想はしていたんですけれども。


いざ、ライスコロッケ入刀。
a0155104_11463578.jpg
このとろけ出すモッツァレラチーズこそ、
このメニューの核心なのですよ。

「うまい!」

間もなく完食。
あれれ・・・横になにか来てますね。
a0155104_11463324.jpg


トマトとニンニクのスパゲティ(レギュラーサイズ) ¥950
a0155104_11463128.jpg

腹は一杯なんだけれども、
カプリチョーザに来たからには
これだけは絶対に外せなかった。

「トマトとニンニクのスパゲティ」である。

未だにこのトマトソースだけは
家で完全に再現することが出来ない、
謎の味なのだ。
10年頑張っても再現できないのは
このメニューくらいである。

であるから、
ここでこのメニューを改めて味わい、
なんとかこのソースもコピーしたい。
むしろ、ライスコロッケよりもこっちが大事かもしれない。

満腹でも食う価値のあるメニューなのだ。

では・・・
a0155104_11462980.jpg

「やっぱ美味い!」
なんという複雑な味なのだ。
塩味、甘味、辛味、旨味、コク、香り、
幾つもの要素が織り成す味覚の立体交差だ。
むむ、庶民のイタ飯屋とて侮れぬ。

よおし・・・今度こそ味を覚えたぞ!



神妙に味わう私の前で
モモ主先生はというと・・・

「なにこれ、すげーうめー!」
a0155104_11462548.jpg

幸せそうで何よりです。


か、完食・・・。
a0155104_11462337.jpg


金沢紀行なのに、
とてつもない寄り道をしてしまったのではないか・・・。
腹にはもう微塵の余裕もない。


食後のコーヒーの泡のように、
この満腹感が消えてしまえばいいのに。
a0155104_11461912.jpg


時計は14時を回っている。

そして、モモ主はiPhoneでしきりに何か調べている。

嫌な予感がするではないか・・・。


【後編】に続く



[PR]
by TamaWakaba | 2013-01-13 02:29 | 旅先見聞録 | Trackback

金沢暴食紀行 【後編】


「いやぁ、食ったね」

「食った食った。さすがに血糖値が上がりすぎて頭痛くなってきたよ」

「それはそうと、球さぁ、
いま金沢で熱くなってるものがあるんだけど、それが何か知ってる?」

「分かった、俺達だ!食い過ぎて汗が出るほど暑いから!」

「違います。答えはカレーです」

「カレー!?」

「そう、金沢カレー」

「まさか・・・」

「次は金沢カレーの有名店、ゴーゴーカレーです!」

「か・・・カレーか・・・油断した・・・」

「レッツ・ゴーゴー!」

「ご、ごぅごぅ・・・」

そうは言うものの、さすがに満腹の限界を感じる。
今食ったら死ぬ。
ここはなんとしてでも腹ごなしが必要だ。

「次の店まで歩こう」

そういうことになった。

徒歩23分。
ちょうどいい距離だ。
a0155104_11415235.jpg



線路の融雪用スプリンクラーが、
なぜかあらぬ方向に向けられている。
タイミングを図らねば通過できない。
なるほど。
これは
「暴食はやめよ」という
JRからの無言の警告に違いない。
a0155104_11414411.jpg


シャーベット状の雪が残る車道。
横を通過した車3台に連続で
全身に氷水を浴びせられる。
なるほど。
これは、下手くそなドライバーによる
「お前ら暴食は止めておけ」
という、無言の警告に違いない。
つーか、カメラ壊れんだろコノヤロ!
a0155104_11413941.jpg



道すがらの薬局で
モモ主が飲み物をご馳走してくれる。
「食事の脂にこの1本。」
なるほど。
これはモモ主による
「もっと食え、限界を超えて食え」
という無言の叱咤激励に違いない。
a0155104_11413225.jpg



そして、モモ主はというと
液体胃腸薬を飲んでいる。
なるほど。
「俺、実はもう限界超えてる・・・」
という無言の意思表示に違いない。
a0155104_11412716.jpg



15:30
到着しなければいいのに、
ゴーゴーカレーに到着。
a0155104_11405918.jpg



「おおモモ主、こんなにいろんなメニューがあるよ。
ここは一番シンプルな、トッピング無しのノーマルカレーに・・・」

「ダメダメ、それは金沢カレーじゃない」

「!!」

「上にカツが載っている。これ基本。
それでこそ金沢カレー」


ロースカツカレー(ヘルシークラス=最小サイズ) ¥600
a0155104_11405235.jpg


あぁ・・・・
最小サイズのはずなのに、
普通に1人前の量があるんです。
もう、何がヘルシークラスなんだか分かりません。
あ、そうか・・・
これをペロリと食えれば健康、という意味か。


もう、とにかく頂きましょう。
a0155104_11404568.jpg


揚げたてのカツがサクリとしていて香ばしい。
その上に、濃厚なカレールーがどろり。
付け合せにはキャベツの千切り。

なるほど、なかなかの味。
ルーからは、醤油のような、味噌のような
発酵系のアミノ酸を感じます。
空腹だったら癖になるかもしれません。

このゴーゴーカレー、
「55の工程を、5時間かけて煮込み、さらに55時間寝かせて旨味を熟成」
するのだそうだ。
なるほどそんな味がする。


我々もこのカレーをリスペクトすべく、
55分かけてゆっくり食っていこうと思ったが、
時間経過による血糖値上昇は死を意味するので
10分で完食。

いいですか皆さん、完食です。
(大切なことなので2回言いました)
a0155104_11404015.jpg


「ああ、もうダメだ、ほんとダメだ」
「苦しくて死んじゃう」

苦悶の表情で
来た道を歩いて戻る。

再び金沢駅。
a0155104_11403059.jpg


近代的でスタイリッシュな造形も、
今の我々には鉄格子として映る。
a0155104_1140257.jpg



「うわぁ、こいつら俺達を閉じ込めて、もっと食わせる気だ!逃げろモモ主」
「ひー、もう食べられないよー!」
a0155104_11401866.jpg



あまりの満腹感に精神崩壊するモモ主。
(白目を剥いています)
a0155104_11394530.jpg



夕暮れ。苦しかった金沢の1日がついに終わる。
a0155104_11393959.jpg


「いやー、今回は頑張ったよ。モモ主もお疲れさま」

「ホントだねー。外も暗くなってきたし、そろそろ締めにしますか」

「締め?・・・帰るんだよね?」

「最後にもう1箇所、寄らなくてはいけないところがあります。
苦しいんだけど、帰りたいんだけど、
負けちゃダメだ。
負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと食べ尽くすこと、
とっくにダメになってるけれど、それが一番大事」

「それは何かの歌ですか?」

「オリジナルソングです」

17:30
まいもん寿司
a0155104_11393431.jpg


「やばいよモモ主、ここに来てまた米はやばいって!」

「米に始まり米に終わる。
金沢百万石だよ」

「百万石?」

「江戸時代、土地の生産力はすべて米の取れ高、
いわゆる石(こく)に換算して表していたんだよ。
ここ加賀藩は百万石の米処。
我らも石高を上げようではないか。
米を食っていこうではないか。
合戦じゃー!」

モモ主将軍様ご入店。
随伴、球わかば(歩兵)。
a0155104_11392978.jpg


「これだよ。この地物満載のお品書き。
回転寿司だからって侮っちゃいけないよ
この値段でこのネタを味わえる、
コストパフォーマンス最高!」

「おお~、これは凄いねぇ・・・でも、到底食べきれる品数ではないよ」

「そうなんだ。そこで作戦だよ。
寿司は一皿に2貫乗ってる。
そこで、2人で1貫ずつ食べれば・・・」

「2分の1の値段で食べられるね」

「違うよ。2倍食えるんだよ!」

「わーい、やったー(仏頂面で)」


さて、どこから攻めますか・・・
a0155104_11391463.jpg



のど黒と目が合う。
「食え~」
a0155104_11384262.jpg



「のど黒(アカムツ)」。
a0155104_11384021.jpg
おお、これは美味!白身なのにじんわり脂が乗っています。
肉質はきめ細やか。
高級魚って感じですね。


次。
「天然ぶり」。
a0155104_11383879.jpg
冬の北陸と言ったらこれでしょう。
弾力ある身から甘味がジワリ。
言うまでもなく美味い!


うわぉ、2皿まとめて来ちゃったよ!
左から「ひらまさ」と「めじまぐろ」。
a0155104_11383314.jpg


「おー、なんだか寿司って案外食えちゃうもんだねー。
別腹なのかな寿司は。不思議不思議」
とモモ主。
一足先に、ピリオドの向こうに到達したようである。


「ひらまさ」
a0155104_11382969.jpg
見た目はブリに似てますが、
案外あっさりとした味わいです。
美味しい。
・・・以上。


「めじまぐろ」
a0155104_11382741.jpg
「めじとろ」が品切れだったのでこっちを注文したんですが、
トロといっても過言ではないくらい脂が乗ってます。
「おー、なにこれすげー、めじまぐろすげー!」


つ・・・次。
「さごし」
a0155104_1138227.jpg
さごしはサワラの小さいやつです。
多分、美味しかったのだと思います。
記憶がおぼろげで・・・
・・・以上。


「あおりいか」
a0155104_11381970.jpg
「白いね~、イカさんは白いね~」
「わーい、真っ白」

そして、ついにここで私もモモ主も壊れる。

「石高が足りぬわー! 『自家製玉子焼き』ひとつ!」
「御意でござるー!『えんがわ』ひとつ!」

もう地物でも何でもない。

「えんがわ」(球)
a0155104_11381442.jpg
すごく肉厚です。
ボクはもうリビングもダイニングもいらないんだ。
縁側だけの家に住むことにするよ!


「自家製玉子焼き」(モモ主)
a0155104_11381226.jpg
一気に頬張るモモ主。
「まっめ、はまほやひほふめひわまわまわになうのあわはわ・・・」
(だって、玉子焼きと酢飯がバラバラになるの嫌だから・・・)

落ち着いて食え。


「うう~苦しい、目が回る~」  ※写真はイメージです。
a0155104_1138989.jpg



終了。


帰路。

2人共、遠い目をしている。

言葉はない。

車内には槇原敬之の『Hungry Spider』が流れている。
なぜだろう、今はもう「Hungry」の意味が思い出せない。

時折、モモ主が
「うー、気持ち悪りー。と言っても車に酔ったわけじゃないよ」
と、よく分からない解説付きで体調不良を訴える。

「モモ主さ、今回こそ本当の『満腹』の意味が分かった気がするよ」

「・・・だよね。これこそ本当の満腹感なんだよ。
ちまたで『腹いっぱい!』とか言ってる奴は、
単に自分の都合で食うの止めてるだけなんだ」

「こういう旅も、そろそろ打ち止めにすべきかもしれないなぁ・・・」

腹が苦しいのか、モモ主は私のつぶやきには応えず、
ただ、窓の外を流れ去る街の灯ををぼんやりと見ていた。

a0155104_1138767.jpg


22時。
郷里郊外のローソン。
始まりの地。

今朝のことなのに、
もうずっと昔のことのように感じる。
a0155104_1138678.jpg


「いやー、着いたね。やっぱ寒いね長野は」

「ホントだねー。やっとこれで休めるね」

「過酷な旅だったけど、充実した1日だったよ。
で、
これ、球へのささやかな感謝の気持ちなんだけど、
受け取って欲しいんだ。
受け取って、今すぐ食って欲しいんだ」

「!!」

烏骨鶏カステラ
a0155104_1138450.jpg


「フッフッフ。実は、金沢駅で密かに買っておいたのさ。
さあ、半分どうぞ」

「・・・・・。」
a0155104_113828.jpg

a0155104_3551682.jpg


a0155104_1138023.jpg


「じゃ、次は名古屋かな~」

モモ主が怪しく笑った。


~おしまい~





【 後日談 】

1月12日深夜、モモ主からのメール

>加賀食い初めは現在執筆中ですか?
>俺はあの後、火曜、水曜と風邪を引き寝込みました…食い初めのせいです(笑)
>今は主食がヨーグルトだよ。



このバカ紀行文を、
いつも体を張って
ブログを盛り上げてくれる
モモ主に捧げる。

[PR]
by TamaWakaba | 2013-01-13 02:28 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(8)

夏、北陸に行った。

7月某日



やっぱり
旅は良いですね。


a0155104_1421758.jpg



a0155104_1421436.jpg



a0155104_1421317.jpg



a0155104_1421025.jpg



a0155104_142715.jpg



a0155104_142520.jpg



a0155104_142336.jpg



a0155104_142159.jpg



a0155104_1415931.jpg



a0155104_1415791.jpg



a0155104_1415425.jpg






【動画】 窓辺のカモメ





EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM
EF16-35mm F2.8L II USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
動画:PowerShot S95




[PR]
by TamaWakaba | 2011-10-21 06:00 | 旅先見聞録 | Trackback

夏の終わりに、倉敷にも行った。

岡山県倉敷市、広島県尾道市、瀬戸大橋 (9/15~17)



倉敷市。
美観地区の街並み。

a0155104_23595825.jpg



遊覧木舟が行ったり来たり。

a0155104_23595513.jpg



a0155104_23595375.jpg



a0155104_23595199.jpg



a0155104_23594780.jpg



倉敷川に住む
コブハクチョウ。

a0155104_23594570.jpg


大胆に撮ったら
怒られた。


a0155104_23594378.jpg



大原美術館に併設の
素敵な喫茶店。
入らずに
見て楽しむ。

a0155104_026553.jpg



a0155104_23593938.jpg



川のほとりで
鳩のカップルが
デートしてた。

a0155104_23593470.jpg



でれでれ。

a0155104_23593216.jpg



邪魔してごめん。

a0155104_23592979.jpg


尾道市。
素敵なベンチ。
尾道市はこんだけ(^^;)

a0155104_23592734.jpg



瀬戸大橋。
ヒジョーにデカイ。

a0155104_23592467.jpg



橋を渡った先のうどん屋は
うどんよりも長い行列で
食うことかなわず。

a0155104_2359227.jpg


吊り橋のケーブルが
うどんに見えた
そんな昼下がり。


そろそろまた
旅をしたくなってきた。



EOS5D Mark II
EF35mm F1.4L USM




[PR]
by TamaWakaba | 2011-09-18 20:54 | 旅先見聞録 | Trackback

伊勢の師匠に会いに行く

三重県伊勢市界隈



伊勢地方に行くならば、
どうしても会っておきたい人がいた。

ブログ『途中下車』のsthytさんである。

私の写真技術の殆どは、
ネットを徘徊する中で出会った
先輩方から授かったものである。

授かった、というよりは、
盗んだ、という言い方の方が正しいような気もするが、
とにかく、
私は写真のことで
誰かに師事したことはないけれど、
私が密かに師と仰ぐカメラマンは大勢いる。
そしてこのsthytさんも、そのひとりなのである。

数多の師匠の中にあって、
sthytさんが私に及ぼした影響はあまりにも大きい。
数年前、初めてsthytさんの作品を目にしたときの、
頭を殴られたような衝撃は
今でも忘れることはできない。

写真は技術やセオリーで撮るんではない。
トーンとか、色使いとか、構図が個性なのではない。
『途中下車』に連なる、温かい人柄がにじみ出た写真の数々。
これはsthytさんにしか撮れない写真だ。
いつか私も、こういう撮り手を象徴するような、
自分だけの写真が撮れるだろうか・・・
駆け出しカメラの球わかばは
モニタを前にして胸を熱くしたのであった。

その日以来、sthytさんは
私の永遠の師匠となったのである。

その後、不思議なご縁により
sthytさんにはブログの外でも、
色々と写真の相談にのって頂いたりしている。

今回、伊勢に行くことにしたのも、
「わが師に一目ご挨拶をば!」
という、熱い想いに牽引されてのことだ。

「けど、ただ会ったんじゃ面白くないなぁ~」
ヨコシマな思考が脳裏をかすめる。
ネタに走りがちな、
私の常なる悪癖である。

なにか面白いファーストコンタクトはないか。

私が最も熱心になる時、それは
悪戯心に火がついた時なのである。

そうだ。

もしも、
信州人の私が、突然伊勢に出現したら、
いきなりsthytさん宅の庭先に現れたならば、
さぞ、師匠も驚愕アゴ外しであろう!
ウッシッシ。

かくして、「師匠を驚かせる旅」が
始まったのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊勢までは、約300キロの道のり。
途中、渋滞に巻き込まれつつも、
なんとか、伊勢が目前に迫る。

a0155104_1853113.jpg


程なくして、sthytさんの住む伊勢近郊に到着。
広い空と豊かな緑に囲まれた、
素晴らしい場所であった。
ヤマビル(後述)さえいなければ、
すぐにでも移住したい所である。

お宅の場所は、事前にグーグルマップで調べてある。
その辺はぬかりない。
(私の車にはカーナビが付いていないから!)

果たして、sthytさんは居るだろうか。
留守でないことを祈りつつ、
車に乗ったまま、お宅の前を通過してみる。

後になってよくよく考えれば、
人気もまばらな閑静な住宅地を、
松本ナンバーがうろついているのは
相当に怪しい。

そもそも、
お宅の前を車で通過してみたところで、
sthytさんが居るかどうかは分かるはずもない。
仕方がないので、
ダメもとで突撃することにした。

近くのマーケットに車を止めて、
sthytさんに電話する。
電話しながら、sthytさん宅に向かって歩き始める。

数コールの後、
「あ、どうもどうも~」
sthytさんの声。
居た!

「わかばさん、今日はお休みですか~?」
「ええ、久々に土日の休みが取れたんで、ちょっと遠出してまして」
「えっ、遠出!?まさか・・・どちらに行かれてますのん?」

ギクーっっっっΣ( ̄□ ̄;)

鋭い。
sthytさん鋭すぎる!
「ええ、いや、まあ、ちょっと・・・遠くで、あははっ」
にわかにしどろもどろの私。
「遠出」はマズかったか。

300キロ走ってきて、直前バレは情けない。
苦し紛れの話題転換を図る。

「いやー、伊勢の方はお天気どうですか?(知ってるけど)」
「よう晴れとりますよ~(中略)・・・そんで、わかばさん、ほんまどちらにおられますの?」
「あ、あ~いや~、こっちもいい天気です(こっちも伊勢だけど)」

あー、やばいやばい!(((( ;゚Д゚)))
もはやネタバレまで一刻の猶予もない。

かねてからの持論だが、
写真、とりわけスナップに関して、直感力は必須であると思う。
流れていく景色の中で、「ここぞ!」という瞬間にシャッターを切る。
意識の表面で、「良い場面」として知覚されてからレリーズしたのでは遅い。
被写体を無意識のうちに嗅ぎ分け、
先手を打ってレリーズしていくのがスナップである。
そういうスナップを可能にする嗅覚こそ、直感というものである。
sthytさんの素晴らしい作品群を見るに、
氏のそういう直感力が往々にして研ぎ澄まされているのは、
もとより自明の理なのであった。

幸いにして、sthytさん宅は目と鼻の先まで来ていた。

「実はですね・・・いま、伊勢の方まで来てます。
・・・で、sthytさんの家の敷地に入るところです!」

「えーーーっ、ほんまですか!?」

sthytさんの「ほんまですか」は、ステレオで聞こえた。
わが師は自宅の庭先にいた。
携帯を手にしたまま、こちらを見て驚愕するsthytさん。

サプライズ成功!<(`・∀・´)>
それ以上に、sthytさんの鋭すぎる感覚に
カウンターを食らってしまいました(笑)。

ネット時代の寵児ならではの、
「お互いによく知っているけど、顔だけ知らない」
という状況からの初顔合わせ。
sthytさんは、想像したとおりの素敵な御方でございました。

sthytさんとの邂逅という、一大名目を果たした私は、
安堵を携えていざ鳥羽方面へ。

そしたらなんと、
sthytさんが仕事の合間を縫って、
鳥羽まで追いかけてきて下さったのです!
その上お土産まで・・・ありがとうございます~~m(_ _)m



記念に一枚!師匠の手には泣く子も黙って撮影開始するライカM9(右が私。S95のトリミングなので荒れてます)

a0155104_18531065.jpg



なんと、鳥羽の赤福支店で、
本場モノをご馳走になってしまいました。
出来たての赤福、美味しかったデス(´∇`)。

a0155104_185363.jpg


赤福を頂きながら、しばし写真談義。
sthytさんのM9に触らせていただく。
初のレンジファインダー、難しい!
ハッキリ言って、匠のカメラです。
撮る人を選びます。
sthytさんが持つのが正しいです(キッパリ)。

「神宮さんはお願いしたらダメなんです。
あそこは感謝をするところやからね」

参拝を明日に控え、
伊勢神宮に関する、超重要知識を入手。
そうだ、ここは伊勢なのだ。
「おかげさま」の精神なのだ。
信濃の山奥からやって来て、
あわや欲丸出しにするところであった(汗)。

そして、何と言っても、
ヤマビルの話が圧巻だった。
sthytさんの、超美麗な作品の数々。
実は、その作品が出来上がるまでには
壮絶なヤマビルとの戦いが繰り広げられているのである。

ヤマビルって何?
という人には、私からひとつアドバイスしておきたい。
「知らないほうがいい。」

それでも、「どーしてもヤマビルについて知りたい」という
好奇な御仁のために、Google画像検索へリンクしておく。
が、ミミズとか、ゴカイとか、ウネウネ系環形動物が嫌いな方は、絶対にクリックしないで頂きたい。
ヤマビルとは、
【こういうモノ】(クリック注意!グロ画像多数!当方免責(笑)
なのである。
ほら、知らないほうが良かったでしょ?

で、sthyt師は語る。

「いやー、こんなんが雨の日には木の上にようおって、
近づくとキューッとアタマ持ち上げて、こっち見てたりするんですよ」

「そんで、知らんあいだに上から降ってきて、足首んとこにくっついて、血い吸いよるんです」

「前なんか、友達と山に写真撮りに行ってね、帰りに赤福食いたいなーいうことになって。
そんで、店で二人して赤福食べとったら、足首んとこ真っ赤になっとって。
男ふたりが町ん中で、なぜか足から血い流しながら赤福食うとるんですよ、あっはっは」

キャーーーーーーーッ!(゚Д゚;≡;゚д゚)

「まあ、最初は気持ち悪いですけど、慣れれば何てことないですよ」

無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理。

「全然痛ないですしね、痛いいうより痒いです」

そーいう問題じゃないです、ハイ(汗)。

聞けば聞くほど恐ろしい、吸血生物のお話なのであった。
でも、楽しい(爆)。
怖いもの見たさで、ついつい聞き入ってしまう。

地球温暖化で北極の氷が溶けるのも恐ろしいが、
ヤマビルの北上はもっと恐ろしい。

ストップ・ザ・CO2!





楽しい時間は瞬く間に過ぎ去り・・・

「いや~、こんど来る時は、ほんまに電話一本下さいよ~。ホントビックリしましたわ」

スイマセン、ビックリさせるのが目的でした(゚∀゚)
必ずまた来ます。
sthytさん、本当にありがとうございました!



鳥羽の海。竜宮城が海上を走っている。
a0155104_1853489.jpg



ミキモト真珠島。真珠の美しさに目覚める。
a0155104_1853345.jpg



二見興玉神社。
a0155104_1853160.jpg



この二見興玉神社は、古来から神宮参詣に先立って
人々が禊(みそぎ)を行う場所であった。
猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)ほか二柱を祭神とし、
境内には猿田彦大神の使者である蛙が多数置かれている。

私がまだ小さかった頃、家族旅行でここに来たことがある。
「カエルの神社」
という印象が強く残っている。
もともと小動物が好きだった私は、
この二見参拝をきっかけに、カエル愛に目覚めた。
つまり、この地は私の『アマガエル偏愛主義』のルーツなのである。
そして、そのアマガエルへの異常な愛情は私に、
【このような】
写真を撮らせるに至った。
まさに、「おかげさま」なのである。

a0155104_18525770.jpg




a0155104_18525657.jpg




a0155104_18525490.jpg




a0155104_18525317.jpg



この日、二見で一泊し、次の日伊勢神宮へ。
やはり、古来から地層のように堆積した、人間の祈りと場のエネルギーに圧倒されました。
おはらい町、おかげ横丁。
丸一日佇んで、写真を撮りまくりたい衝動に駆られました。

伊勢・・・もう一度、本気で撮影に来る必要がありそうです。
だから今回、中途半端な写真は載せないことにします。
リベンジを固く心に誓って。

さらば伊勢!
必ずまた来ます!




EOS5D Mark II+EF35mm F1.4L USM
PowerShot S95



※文中、sthytさんの会話に関し、球わかばの記憶に基づき、可能な限り上方イントネーションの再現を試みておりますが、当方東国の輩につき、随所で「なんちゃって関西弁」となっておりますことを結構深くお詫びいたしますm(_ _)m
[PR]
by TamaWakaba | 2011-05-22 20:21 | 旅先見聞録 | Trackback | Comments(8)

  -    -  




このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(6)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42