<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

平田謙三 平田浩一 氷彫刻 『龍』 【1】





この記事は移動しました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


https://tamawakaba.net/ice-sculpture-asiandragon-1/



[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-27 23:07 | 氷彫刻 | Trackback

木村裕昭 小林義明 氷彫刻 『プロメテウスの戦い』 (1)

第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル 銀賞受賞作品

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロメテウス。
ギリシャ神話の神。

人類を創造し、民衆に火を与えた。

その行いがゼウスの怒りに触れ
カウカソス山頂で磔にされる。

不死であるがゆえに責め苦は永遠に続く。

しかし彼は
ゼウスの横暴に屈することなく、
民衆を愛しつづけた。

ヘラクレスによって解き放たれた彼は、
数、建築、気象、文字などの知恵を
人類に授けることとなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今大会で見事銀賞を受賞した『プロメテウスの戦い』を製作したのは、
木村裕昭・小林義明チーム。
木村さんは昨年の大会(リンク先、最後のショット)でも素晴らしい作品を披露されています。

木村さんの本職は「アートカービングデコレーター」。
浦和ロイヤルパインズホテルで
フルーツカービングや氷彫を製作されている
いわばこの道のプロ。
内外の氷彫コンクールでも、
数々の受賞歴をお持ちなのです。

出来上がった作品もさることながら、
氷と向かい合う彼らの表情が
凛として、まさにプロメテウスに見えたのでした。






午後6時、製作開始。

a0155104_2349331.jpg




a0155104_23483113.jpg




a0155104_23482811.jpg




木村さんが見つめる先には・・・

a0155104_23482584.jpg



発泡スチロール製のミニチュア。
さすがカービング職人さんです。

a0155104_23482276.jpg




a0155104_23482053.jpg




a0155104_23481892.jpg




a0155104_23481462.jpg



まさに「真剣勝負」。

a0155104_23481217.jpg




a0155104_23481047.jpg




a0155104_2348544.jpg




a0155104_2348214.jpg




a0155104_23475812.jpg




a0155104_23475629.jpg




a0155104_2347543.jpg




a0155104_2347518.jpg




(2)に続く


[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-13 00:30 | 氷彫刻 | Trackback

木村裕昭 小林義明 氷彫刻 『プロメテウスの戦い』 (2)



夜通しの製作が続きます。

a0155104_032384.jpg




a0155104_0323424.jpg




a0155104_0323157.jpg




a0155104_0322975.jpg




a0155104_0322561.jpg




a0155104_032231.jpg




a0155104_0322244.jpg




a0155104_0321837.jpg




a0155104_0321628.jpg




a0155104_0321417.jpg



(3)へ続く

[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-13 00:29 | 氷彫刻 | Trackback

木村裕昭 小林義明 氷彫刻 『プロメテウスの戦い』 (3)



完成。
プロメテウスに相応しい、赤のライティングです。

a0155104_041133.jpg




a0155104_0405758.jpg




今にも動き出しそうな躍動感。

a0155104_0405547.jpg




a0155104_0405243.jpg




a0155104_0405079.jpg



細部まで、この作り込み・・・

a0155104_0404685.jpg




a0155104_0404452.jpg




a0155104_0404266.jpg



朝陽を受けて、プロメテウスが輝きます。
木村さんチームの作品は、
朝日を受けると、命が宿ります。
去年もそうでした。

a0155104_040404.jpg



この煌く氷彫にはため息が出ます。

a0155104_0403569.jpg




a0155104_0403157.jpg




a0155104_04029100.jpg


今年も素晴らしい作品をありがとうございました!(´∇`)



金賞受賞作品に続く


[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-13 00:28 | 氷彫刻 | Trackback

『氷挑』 (1) ~第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル~

長野県松本市 『第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル』

毎年1月末、
松本城で氷の彫刻イベントが開催されます。

『国宝松本城氷彫フェスティバル』

今年で25回目を数えるこの大会には
県内外から腕利きの氷彫刻家達が集い、
午後6時から翌朝6時まで、
夜を徹して氷彫製作の技を競い合います。

私にとっては去年に続き、2度目の撮影となります。

去年は、明け方に会場入りしたため、
私が撮り始めたころには
氷彫刻はすでに完成の段階に入っていました。
あの素晴らしい氷彫達が
どのように彫り上げられたのか、
彫刻家達がどのように
氷塊に挑んでいったのか、
写真に収めることができませんでした。

そして今、
去年の写真を見返してみると、
どれもみな、中途半端で弱い。

それは、
私の被写体に対する思いの軽さや
撮影に臨む姿勢の甘さを
反映していたからに違いありません。

完成前の一時と、
完成した氷彫をひととおり写したところで、
氷彫がなんたるかについては、
何も迫れていない。

「もう一度、撮り直したい」
そういう思いで、
それからの一年間を過ごしました。

そして、幸運なことに
今年も氷彫フェスタを撮影する機会に恵まれたのです。

去年の写真を見返しながら、
私は、密かに心に誓っていたことがありました。

「次は必ず、夜通し撮る!」

ひとつの氷塊が
一個の作品として完成するまでの間、
氷に立ち向かう
彫刻家たちと同じ空気を吸い、
同じ時間を共有することで、
初めて見えてくるものがあるのではないか。
そこまでして初めて、
氷彫を撮ったと言えるのではないか。

根拠はありませんが、
強くそう思ったのです。

そして臨んだ
第25回氷彫フェスタ。

撮影通算枚数
2000枚。

これは、
凍える夜を舞台に
繰り広げられた、
氷彫刻家たちによる
熱い戦いの記録です。

~球 わかば~


※「全体の模様」「銀賞受賞作品」「金賞受賞作品」の3部構成でお送りする予定です。
長編になりますがご容赦ください。



午後6時、多くの観客が見守る中、氷彫製作のスタートです。

a0155104_2213245.jpg



参加チームは県内外から13組。
氷彫のプロ、氷彫クラブ、調理師、菓子職人など、多様な顔ぶれ。

a0155104_2212945.jpg



大会規定で、使用できる氷は1チームあたり氷柱15本。
ちなみに、1本の重さは135kgもあります。

a0155104_2212481.jpg



まず、氷柱を作品を彫り上げられるだけの大きさに組み上げることから始めます。
氷同士の接合面を整えることも、仕上がりの美しさや強度に影響するので気が抜けません。

a0155104_2212286.jpg



1時間経過、氷柱が立ち並ぶ会場。
まだ、どんな作品が現れるのか、想像もつきません。

a0155104_2211868.jpg



透明な氷柱が、徐々に組み上げられていきます。

a0155104_221151.jpg



積み上げは数人がかりの重労働です。

a0155104_2211347.jpg





a0155104_221951.jpg



造形が開始されます。
チェーンソーで、おおよその輪郭を彫りだします。

a0155104_221718.jpg



氷彫刻は、決して静的な作業ではありません。
チェーンソーをはじめ、様々な工具が駆使されます。
会場が電動工具の唸りで満たされます。

a0155104_22147.jpg



雪が降り出しました。

a0155104_2205932.jpg




a0155104_2205563.jpg




a0155104_2205045.jpg




a0155104_2203637.jpg



~ (2)に続く ~



[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-07 22:30 | 氷彫刻 | Trackback

『氷挑』 (2) ~第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル~




20時30分。
造形と並行して、積み上げ作業が続いています。

a0155104_23375373.jpg



少しずつ、形が見えてきました。

a0155104_23374930.jpg




a0155104_23374474.jpg




a0155104_23374166.jpg



削ったときにできる、氷の微細粉が
容赦なく降り注ぎます。

a0155104_23373937.jpg




a0155104_2337356.jpg




a0155104_23373358.jpg



氷への下書き。
この平面図が立体に造形されていくのは
にわかに信じがたい光景です。

a0155104_23373191.jpg





a0155104_23372755.jpg




ノミの研削面が輝きます。

a0155104_23372541.jpg




a0155104_23372331.jpg




a0155104_23372145.jpg




a0155104_23371730.jpg



21時。
まだまだ、戦いは序盤戦です。

a0155104_23371466.jpg



(3)に続く



[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-07 22:29 | 氷彫刻 | Trackback

『氷挑』 (3) ~第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル~



a0155104_0201438.jpg




a0155104_0201118.jpg




a0155104_020829.jpg




a0155104_020572.jpg




a0155104_020310.jpg




a0155104_01958100.jpg




a0155104_0195639.jpg




a0155104_0195464.jpg




a0155104_0195148.jpg




a0155104_0194763.jpg




a0155104_0194498.jpg




a0155104_0194146.jpg



(4)に続く




[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-07 22:28 | 氷彫刻 | Trackback

『氷挑』 (4) ~第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル~





今大会の紅一点。
岐阜県大垣市の洋菓子店「ラ プラージュ」チーム堀田さん
パティシエのお父さんとのペアで出場です。
参加者の中では、おそらく最年少。
そのひたむきな眼差しが輝いていて素敵でした。

a0155104_0342046.jpg




a0155104_0335072.jpg




a0155104_0334553.jpg




a0155104_0334222.jpg




a0155104_0332725.jpg





a0155104_0331871.jpg




a0155104_0331536.jpg




a0155104_0333959.jpg




a0155104_0332994.jpg



a0155104_0333378.jpg




a0155104_0332482.jpg




a0155104_0332047.jpg




a0155104_0331386.jpg




a0155104_0331292.jpg




a0155104_033932.jpg




a0155104_033757.jpg



夜明けはもうすぐ。
いつの間にか、
たくさんの氷彫が
林立していました。

a0155104_033598.jpg




(5)に続く


[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-07 22:27 | 氷彫刻 | Trackback

『氷挑』 (5) ~第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル~




終了間近。
各チーム、最終仕上げに入っています。
氷を火で炙っているのは、いわゆる「表面処理」。
削り痕を消し、透明感を出します。

a0155104_1648216.jpg



長野氷彫クラブ、奥原大介さん吉波学さん両氏による、
『想い出は透明な青だった』
今大会の特別賞を受賞。
素晴らしい出来栄えです。

a0155104_1735619.jpg



この作品・・・圧倒的な造形。
平田親子チームによる『龍』です。
堂々の金賞を獲得。
この製作の模様は、この後、大々的に特集しますので
どうぞお楽しみに(´∇`)

a0155104_16481354.jpg



ほっと一息・・・

a0155104_16481170.jpg




照明にカラーフィルタが入れられました。

a0155104_1648817.jpg




完成から日の出までの極々短時間、
氷彫はカラーライトアップされます。

a0155104_1648658.jpg



東の空に光が戻ります。

a0155104_1648215.jpg



幻想的に輝く氷彫達。
早起き(徹夜撮り)の特権です。

a0155104_1648069.jpg




a0155104_16592166.jpg




a0155104_16474640.jpg




a0155104_16474476.jpg




a0155104_16474292.jpg



細い月が、
夜明けの空に輝いていました。

a0155104_16474097.jpg



12時間の激闘が終わりました。

a0155104_16473781.jpg



まず、氷彫フェスティバルの全体的な流れを見ていただいたところで、
次は、金賞、銀賞に輝いたチームの制作の模様を特集したいと思います。
(ここからが本番です(^^;)

続く


[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-07 22:26 | 氷彫刻 | Trackback

『氷挑』 ~第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル~ 序

長野県松本市 『第25回 国宝松本城氷彫フェスティバル』



最低気温
氷点下7℃。

いま、

12時間に及ぶ

巨大な氷塊との
格闘が
始まります。



a0155104_16143684.jpg




a0155104_16143291.jpg




a0155104_16143197.jpg




a0155104_16142868.jpg




a0155104_16142571.jpg




a0155104_16142697.jpg




a0155104_16142325.jpg




a0155104_16142293.jpg





EOS5D Mark II
EF300mm F2.8 L IS USM

[PR]
by TamaWakaba | 2011-02-06 16:22 | 氷彫刻 | Trackback

  -    -  




このブログはhttps://tamawakaba.netに引っ越し中です。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

ブログ引っ越します!
at 2018-07-10 22:58
蓮記2016 【4】稲泉寺の..
at 2016-07-30 22:53
蓮記2016 【3】 稲泉寺..
at 2016-07-23 16:07
蓮記2016 【2】 稲泉寺..
at 2016-07-19 21:30
蓮記2016 【1】 稲泉寺..
at 2016-07-16 14:57
室山池のスイレン 2016
at 2016-07-13 14:07
夏の稜線
at 2016-07-10 16:47
米子大瀑布 深緑
at 2016-07-01 22:40
夜路地蠢光
at 2016-06-22 02:18
メシを撮ること11 ~アレン..
at 2016-06-17 23:07

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(34)
(8)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

以前の記事

2018年 07月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42