<   2017年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

弁天岩からの夕陽

新潟県糸魚川市能生 弁天岩


海に沈む
夕陽を見に行く。


a0155104_16291945.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_16283123.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_16282546.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM



弁天岩のてっぺんにある
小さな灯台。


a0155104_16274163.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM



どこもかしこも
茜色に染まり始める。


a0155104_16264733.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM



海面すれすれを
多くのカモメが飛んでいく。


a0155104_16264089.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM






a0155104_16263339.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III






a0155104_16263001.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM






a0155104_16243548.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



茜色から
紅色へ。


a0155104_16243032.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III



日没が迫る。


a0155104_16242658.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



日没。
ささやかなダルマ夕日になる。


a0155104_16241908.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



日が高いうちは
あれほどゆっくりに感じた太陽も
沈み始めれば
あっという間だ。


a0155104_16224850.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



厚い大気の層を
辛うじて透過できるくらいの
僅かな光を放ちながら
太陽は水平線の向こうへ去っていく。


a0155104_16224383.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III



そして訪れる
マジックアワー。


a0155104_16215823.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM



全てが
日没後の静かな光に
満たされる。


a0155104_16215346.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM



美しい時間。


a0155104_16210387.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM






a0155104_16203231.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM






a0155104_16202831.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM






a0155104_16202454.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM



灯台の向こうに
月が出ていた。


a0155104_16202076.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM






a0155104_16193757.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM



海辺にも
秋の風。







山国に生まれ育った私にとって
水平線に落ちていく太陽というのは
何度見ても感動します。
やっぱり地球って丸いんだな、と
今更ながら思います。




by TamaWakaba | 2017-09-29 21:06 | 自然風景その他 | Trackback | Comments(0)

墨坂神社のヒガンバナ2017 【2】

長野県須坂市 墨坂神社


ヒガンバナには
歪んだ景色も
よく似合う。


a0155104_12305072.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE





a0155104_12304619.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12304115.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12303739.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12303372.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12302996.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12302232.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12301747.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12301285.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12300843.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12300371.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12295779.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE






a0155104_12295330.jpg
EOS5D Mark IV + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE







何が悪影響を及ぼしたのか分かりませんが、
去年に比べて花の数が圧倒的に少ない上に、
開花時期に襲来した台風の影響で傷んでいる花も多くて
かなり泣かされました。

巾着田のような大群生地の迫力は
どう足掻いても出せませんが、
条件が悪ければ悪いなりに
表現方法の引き出しを開けることで、
被写体の魅力を写していけたら、と思います。









お世話になっているflat_whiteさんによる墨坂神社のヒガンバナも是非どうぞ。

今年はこういう風に撮れないなぁ、と思っていただけに
flat_whiteさんがサラリと撮っておられるのを見て滝汗です^^;
諦めの早い自分に反省・・・





by TamaWakaba | 2017-09-27 13:37 | その他の草木花 | Trackback | Comments(4)

天の川、台風の後。

群馬県吾妻郡草津町(国道292号)


でっかい台風18号が
本州上空を猛スピードで
北へと駆け抜けていった。

台風は
心待ちにしていた連休の予定と一緒に
大気中の小さなゴミを
根こそぎかっさらっていった。

台風の後の空は
悲しくなるほど澄み渡っていた。

だから、
星を見に行こうと思った。




群馬県吾妻郡草津町、国道292号。
通称・志賀草津高原ルート。
標高1870m展望台、日没。
a0155104_22170628.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





彼方に浮かぶ積雲の頂は
まだ夕陽に照らされている。
a0155104_22170212.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM






遥かに望む富士山。
直線距離では140キロメートル。
ごく稀に、条件が揃った日だけ
姿を見せる。
a0155104_22165422.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM






日没後の青い光が
世界を満たす。
a0155104_22164951.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM






一番星が輝き始める。
a0155104_22164697.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






山地の向こう、
広大な関東平野に
灯りが点る。

あの光の中に
数千万人の暮らしがある。

でも、ここから眺めは
どこか幻のようだ。
a0155104_22164237.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






天の川が
ゆっくりと浮かび上がってくる。
a0155104_22163756.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)







a0155104_22163330.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)





夏の真夜中に見えていた天の川が
今は夕暮れ直後の空に輝く。
星空は少しずつ、
昼間に向かって逃げて行く。
a0155104_22162860.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)





北の空に輝くのは
北斗七星。
a0155104_22162403.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






天の川は、我々の住む銀河。
その中心部となる射手座の方向は
最も明るく賑やかだ。
a0155104_22162100.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






星々の光を遮る星間ガスが
黒い帯となって、天の川に横たわっている。
a0155104_22161739.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






a0155104_22161328.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM + ソフトン(A)





北の空には
青く冷たい光を放つ
天の川銀河の辺縁部が広がる。

時折、人工衛星が
星の海を音もなく滑っていく。
a0155104_22160802.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM + ソフトン(A)





手が届きそうな星空。
a0155104_22160419.jpg
EOS5D Mark IV + EF16-35mm F2.8L II USM + ソフトン(A)






薄雲のベールが
少しずつ空を覆ってきた。
a0155104_22160097.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






星空のショーも
もうすぐ終幕。
a0155104_22155585.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)





そろそろ帰ろうか。
a0155104_22155148.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)






台風がくれた
ささやかなプレゼント。
a0155104_22154783.jpg
EOS5D Mark IV + EF24mm F1.4L II USM + ソフトン(A)




つかの間の星空に
さようなら。



by TamaWakaba | 2017-09-25 17:56 | 夜空・星景・月 | Trackback | Comments(0)

墨坂神社のヒガンバナ2017 【1】

長野県須坂市 墨坂神社



真紅の花が

森の薄暗がりに咲いている。



a0155104_23580434.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23580085.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23575694.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23575240.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23574663.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23574249.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23573742.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23573139.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23572678.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23572287.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_23571780.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM



こんなにも華々しさに縁遠く、

露出アンダーが似合う花は

他に思い当たりません。

ハスの対極にある

なんとなく恐ろしさを感じさせる花です。



by TamaWakaba | 2017-09-20 00:10 | その他の草木花 | Trackback | Comments(0)

1000mmで月いろいろ

いろいろな月

「朧月の出」
2017.3.12 18:05
月齢 13.75
a0155104_22530907.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (ISO6400)





a0155104_22523995.jpg
EOS5D Mark III + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (ISO3200)




「夏の宵月」
2017.8.5 18:59
月齢 13.01
a0155104_22520996.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (ISO6400)





「暮空の月」
2017.8.26 17:43
月齢 4.59 
a0155104_22503869.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (ISO2500)





「初秋の月」
2017.9.2 20:00
月齢 11.69
a0155104_22500879.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (ISO800)





同時刻、トリミング
a0155104_22491113.jpg
EOS5D Mark IV + EF500mm F4 L IS USM + EXTENDER EF2×III (ISO1000)







1枚目が5D3のISO6400、
3枚目が5D4のISO6400です。
その差は歴然。
トリミング耐性も着実に向上しています。
新型はセンセーショナルな話題には乏しいですが、
さり気なく性能を底上げしている印象があります。
超望遠手持ち派には嬉しい限りです。

台風が来てますが
例年のごとく
小松基地航空祭に出撃してきます。
(中止になるおそれもありますが・・・)
でも、今回はなんだか良い予感がします。
台風よ早く過ぎ去れ!
台風一過で晴れろ小松!


今年の航空祭は台風のため中止になりました(T_T)
おのれ台風、許すまじ・・・
用途のなくなってしまった休日を
どう活用するか目下苦悩中。




by TamaWakaba | 2017-09-15 23:23 | 夜空・星景・月 | Comments(6)

東尋坊の夕暮れ

福井県坂井市 東尋坊


みんなで夕暮れを待つ。

大きな岩壁の上で。


a0155104_12003230.jpg
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM





a0155104_12002967.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_12001958.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_12001531.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_12001211.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_12000526.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_12000220.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM





a0155104_11595853.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_11595338.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_11594714.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_11594430.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_11593978.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_11593406.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III





a0155104_11592793.jpg
EOS5D Mark IV + EF24-70mm F2.8L USM





a0155104_11592294.jpg
EOS5D Mark IV + EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×III


夕陽を見送ることはできなかったけれど、

美しい夕暮れだった。

穏やかな海風が吹いていた。



by TamaWakaba | 2017-09-12 12:14 | 自然風景その他 | Trackback | Comments(0)

ハスに水滴 2 ― 蓮記2017【6】―

長野県下高井郡木島平村 稲泉寺


自然界で

水が最も

球体に近づく場所。

a0155104_10582198.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM





a0155104_10581735.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_10581467.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_10581159.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_11204886.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_10580352.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_10580035.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_10575773.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM






a0155104_10575373.jpg
EOS5D Mark IV + EF100mm F2.8L Macro IS USM


ハスが進化の過程で編み出した
超撥水技術「ロータス効果」。

その原理が明らかになったのは
ごく最近、1982年のことです。





by TamaWakaba | 2017-09-06 09:47 | ハスとアマガエル | Trackback | Comments(0)

酒の肴、アラカルト ― メシを撮ること15 ―

自宅にて


お酒はぬるめの燗だけじゃなくて
いろいろあったほうがいい。

肴は炙ったイカだけじゃなくて
やっぱりいろいろあったほうがいい。

一見豪華そうでも
原価はお安い方がいい。

なるべく写真映えするのがいい。





「とん平焼き」
a0155104_17095739.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
豚の細切れ肉とキャベツの短冊切りを
ざっと炒めて塩コショウ+ガーリックパウダー。
それを皿に山型に盛り付けて
薄く焼いた玉子を上に被せる。
お好み焼きソースとマヨネーズの波状攻撃の後、
青ネギを散らせば完成です。

ビールのお供に。





「モロッコインゲンのサラダ」
a0155104_17095045.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
酢と塩、オリーブオイルのごくシンプルなドレッシングに
クミンパウダーを合わせるのがキモ。





「ミョウガのナムル」
a0155104_17094650.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
ミョウガをスライスして、水にさらし
水気をよく切って、ごま油をまんべんなくからめる。
アク消しとして砂糖、うま味調味料をひとつまみ。
味付けは塩適量。
これだけで、美味しいミョウガナムルの完成。
「ミョウガは薬味」という固定観念は崩れ去ることうけあい。






「ポテトサラダ」
a0155104_17094259.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
ジャガイモが全部ペースト状になったものより、
若干火の通りが甘いサクサクとした部分が
残っている方が、食感のコントラストがあって好きなのです。






「ハッシュドポテト」
a0155104_17094052.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
これもジャガイモ。
千切りのイモに粗挽きウインナーの細切りを加えて
フライパンで焼くだけ。
表面がカリッとなったら完成です。
塩でも、ケチャップでもOK。
これはビールのお供かな。





「チコリと生ハムのサラダ」
a0155104_17093224.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
見切り品コーナーにあった
ちょっとくたびれたお安いチコリ。
50度くらいのお湯に数分さらすだけで、
あっという間にシャキッとするので侮れません。
そこに生ハムとキュウリのピクルス、
ブラックオリーブのみじん切り。
a0155104_17092741.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
苦旨な酒の友。
こういう苦いものを美味いなぁと思えるようになる点では、
齢をとるのも悪くないと思ったり。






「生ハム梨」
a0155104_17092356.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
そのまんまでございます。
果物と生ハムって、最初は違和感MAXだったけど、
慣れてくるとたまらない旨さだと思います。





「具なし茶碗蒸し」
a0155104_17091893.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
以前から色々思うところがあり、
思索の末にたどり着いたのがこれ。
茶碗蒸しって、卵料理なのに
具がゴテゴテ入ったりして
玉子が脇役にされてる感が強いと思うのです。
だから思い切って全ての具を排除することで
卵の復権を果たしました。
a0155104_17091410.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
新鮮な卵と、
ちゃんと取った美味しい出汁だけあればそれでいい。
まさに「舟唄」の世界。





「翡翠茄子」
a0155104_17091160.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
庭で採れたナスに海老と枝豆を添えて。
間違いなく日本酒の肴。
だからこれも出汁が大切です。






「アサリの酒蒸し」
a0155104_17090804.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
アサリの何がいいって、
最初からいい感じに塩味がついていることではないでしょうか。
鍋に入れて酒振って
パカっと開けばもうOK。
酒の肴界の即席優良児なのです。






「麻婆豆腐」
a0155104_17090490.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
かの昔はよくあるレトルト調味料で作っておりましたが、
豆板醤と甜麺醤(もしくは八丁味噌)、
粉末鶏がらスープと香味野菜(できれば山椒も)
があれば、完全に好みの味に調整できるので
最近は専ら自家製です。
a0155104_17090065.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
店の味っぽくするコツは
ひき肉をしっかり炒めることと、
躊躇なく油を使うということと、
最後に山椒をガッと入れて、
ビリビリ感を出すことだと思います。






トウモロコシをどうやって食すか、という問題。
a0155104_17085753.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
トウモロコシは香ばしく焼くのが最高!
と思うのですが、
自宅には炙り焼きできるコンロもないし、
だいいち面倒くさい^^;
(直にかじりついて食べると、
前歯に皮が挟まってイライラするし・・・)

で、我が家はどうするかというと、
実をこそげてからフライパンで炒め焼き、です。
a0155104_17085486.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
バターをひとかけ入れたフライパンで
ちょっと焦げ目がつくくらい強火で炒め、
最後に、塩か醤油で味付け。
焼きもろこしの香ばしさと
茹でもろこしの瑞々しさが同時に味わえる優れものです。






「鳥手羽元の梅塩煮」
a0155104_17085084.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
手羽元といえば
食肉界でも廉価で良心的な食材ですが、
それを使った超簡単な酒の肴を。

手羽元数本を鍋に入れて火にかけて、
アクをすくって、
そこに梅干しを数個。
後は弱火でしばらく煮るだけ。

梅干しは、
いろんな調味料が入っていない
塩と赤紫蘇だけで漬けた
ベーシックなやつが良いです。
a0155104_17084597.jpg
EOS5D Mark III + Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZE
味付けは梅干しの塩味だけでOK。
梅干しの酸味で肉どころか
軟骨までホロホロになります。

超強力な日本酒の肴です。



というわけで、
今回もごちそうさまでした。



by TamaWakaba | 2017-09-04 18:04 | 家でグルメ | Trackback | Comments(0)

  -    -  




基本的に何でも撮ります。     ※スマホの方は「PC版表示」での閲覧をおすすめします。
by 球わかば

球わかばプロフィール
リンクについて
著作権及び写真の使用
メディア掲載履歴
Twitter(更新通知+つぶやき)

*

最新の記事

称名滝(しょうみょうだき)を..
at 2018-06-17 09:47
「大内宿」 と「さざえ堂(円..
at 2018-06-10 22:37
那須神社皐月
at 2018-06-06 17:32
牛伏寺薄暑
at 2018-05-26 23:17
きりたんぽ鍋風鍋― メシを撮..
at 2018-05-18 23:37
菜の花咲く
at 2018-04-28 16:25
小布施町・千曲川堤防の桜堤(..
at 2018-04-24 18:16
弘法山古墳の桜 ― 桜記20..
at 2018-04-19 21:53
上越・高田城の桜 ― 桜記2..
at 2018-04-16 22:06
ろうかく梅園2018 ― 梅..
at 2018-04-12 17:16

記事ランキング

カテゴリ

全体
氷彫刻
花火
家でグルメ
外食日記
旅先見聞録
若一王子神社
松川響岳太鼓
イルミネーション
その他の祭・イベント
ニホンカモシカ
安曇野の白鳥
ニホンザル
アマガエル
名犬モモ
イヌ
ネコ
その他の生きもの
飛行機(軍用機)
飛行機(民間機)
夜空・星景・月
空・雲・天候
奈良井宿・妻籠宿
善光寺界隈
戸隠神社
その他の建造物・神社仏閣
自宅にて

梅の花
菜の花
スイレン
ハスとアマガエル
紅葉
その他の草木花
海辺の風景

自然風景その他
街の風景その他

物撮り
組写真的な組写真
ごあいさつ
お知らせ
レンズレビューと作例
その他
仁科濫觴記
写真考

未分類

タグ

(42)
(21)
(16)
(15)
(9)
(7)
(6)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月

最新のコメント

hi-guchiさん ..
by TamaWakaba at 21:42